歴史と素適なおつきあい

2014年11月20日命日

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・11・20

今日は友人の命日

早朝友人の家の前を 散歩で通ったら
ご主人の車が駐車場になかった

朝から墓参りでもないだろうと思うが・・・


ちょうど3年経った

b0228416_08002463.jpg
亡くなる4日前に
私は寺家にむかっていた

銀杏きれいだよとメールする
b0228416_08001958.jpg
寺家もきれいだよとメールする


ご主人からメールが届いた

入院したから病院にきてくださいと

3年経ったけど
なんか緊張感走るな

ももちゃん 又夢にでてきてね!




# by gannyan1953 | 2017-11-20 08:04 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)

新宿旭町の貧民窟


歴史と素適なおつきあい番外編2017・11・18(土)






大正12年頃林芙美子は旭町(南町)にいた。




『新宿の旭町あさひまちの木賃宿へ泊った。
石崖いしがけの下の雪どけで、
道があんこのようにこねこねしている通りの旅人宿に、

一泊三十銭で私は泥のような体を横たえることが出来た。

三畳の部屋に豆ランプのついた、
まるで明治時代にだってありはしないような部屋の中に、

明日の日の約束されていない私は、

私を捨てた島の男へ、

たよりにもならない長い手紙を書いてみた。



みんな嘘っぱちばかりの世界だった

甲州行きの終列車が頭の上を走ってゆく

百貨店マーケットの屋上のように寥々りょうりょうとした全生活を振り捨てて

私は木賃宿の蒲団に静脈を延ばしている

列車にフンサイされた死骸を

私は他人のように抱きしめてみた

真夜中に煤けた障子を明けると

こんなところにも空があって月がおどけていた。

みなさまさよなら!

私はゆがんだサイコロになってまた逆もどり

ここは木賃宿の屋根裏です

私は堆積たいせきされた旅愁をつかんで

飄々ひょうひょうと風に吹かれていた。』

林芙美子の「放浪記」の
一節である


林芙美子はこのあと
売春婦に間違えられそうになる

そんな場所であった・・・


ここで新宿裏町三代記を読み始めた・・
詳しい・・・

新宿旭町の貧民窟










内藤新宿南町にかつてあった
青梅街道と甲州街道の追分があり、
南に玉川上水が流れ
その上水の南が天龍寺で
南町となった

大正9年四谷区になり

旭町になった 



旭町の真ん中に天龍寺がある

東京3大スラムには はいっていないが
木賃宿が多くあった

成立は新しい

天龍寺の門前町だった新宿南町に明治20年(1887)
木賃宿営業許可がおりた

芝新網町、上野万年町、下谷山伏町、四谷鮫ヶ橋などの中心部に近い

貧民窟を少しでも遠ざけようとしたからである。

ここから南町は貧民窟になっていった。




今でも
安いビジネスホテルがある

都会の死角のように
存在する

かつては売春婦 芸人 労働者などの人々が
泊まり、その家族まで住んでいたという


江戸時代この地は普通の門前町だった

ここで暮らしていた人々は
明治になって

急速にスラム化していく町にとまどった

「新宿裏町三代記」の作者

野村敏雄さんは三代前からここに住んでいたという

昭和7年「東京市広報」によると

「旭町は誰でも知っている細民街だ
木賃宿30軒
三畳一部屋40銭
どの部屋にもナンキン虫つきで
布団にはシラミがいる

一軒平均30室以上の部屋がある
子供の泣き声
夫婦喧嘩の声
日がなけたたましい

常泊者の多くは
自由労働者
流し
テキ屋
行商人
コモソ
貰い屋など」



天龍寺は格式高い寺で開山は大雄山最乗寺で
開基は家康の側室於愛とその父戸塚忠春である

於愛の方は二代将軍秀忠を生んだ

美しい音色の時の鐘もある

幻の東京オリンピック(1940)開催のとき

マラソン選手が走るだろうと
明治通に面して立派な山門を造った


戦争で開催は中止になった


寺は明治維新の廃仏毀釈で衰退し

寺地を町民に売り
細分化された

天龍寺の前の天龍寺橋のそばに
地蔵があった

旭地蔵という

寛政12年(1800)に建てられた地蔵様だが

新宿遊郭の遊女と心中した人々の供養塔だった

それが明治12年
北にある成覚寺(じょうかくじ)に移された

成覚寺は遊女を葬った寺、投げ込み寺といわれる寺で

旭地蔵はその寺の方が居心地はいいのかもしれない



雷電稲荷神社

むかし源義家が奥州征伐にむかう途中
雷雨にあい
ここで雨宿りした

どこからか白狐があらわれ
義家に3度おじぎをした

たちまち雷雨がやみ晴天になった

それで雷電という

嘉永のころ天龍寺門前に芝居小屋があった

「熊谷」が評判だったという

雷電様の前にある玉川上水のまわりに桜を植え
花見客も増え
遊郭も客引きをした

そんなに繁盛していた雷電様だったが

街のスラム化で収入も減り
維持が難しくなり
花園神社に合祀された

それでも跡地には神社が存在する


ここに突如「花王石鹸」の話がでてくる

新宿に鉄道ができた
明治18年

品川線といわれのちの山手線になる

駅は角筈村にあった
この旭町のすぐそばである

そのころ駅の周りに家はなかった
明治になって
失業士族の授産産業のひとつ
桑畑の開墾があり
その桑畑があった

そのころ越前から
飾り職人の「村田亀太郎」が上京した

飾り職人では不況の時代生きていくことが
できず

石鹸の製造工場「鳴春舎」に入社した

そして独立

旭町に工場兼住いを決めた

ひとりで手作り石鹸を作り始めた

牛込の長瀬商店に買収され
そこで石鹸の専属技術者となる

工場長となった亀太郎はここで

「花王石鹸」第一号を作り上げた

高級洗顔石鹸である

桐箱に3個を納めて35銭で販売した

米国のコルゲート石鹸は1ダース28銭だったから、
飛び抜けて高価な商品だった

販売に成功し
工場を大きくするため
旭町から向島に移って行った

読み始めて38ページ

なかなか興味深い本である


参照:新宿裏町三代記ー野村敏雄
東京戦後地図 ヤミ市跡を歩く 藤木TDC

           







































# by gannyan1953 | 2017-11-18 18:36 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

新宿の闇市

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・11・10


新宿の闇市は終戦の5日後に開かれている
スゴイ!







テキ屋飯島一家の小倉二代目関東尾津組親分・・尾津喜之助が
「光は新宿より」という言葉で募集した
テキ屋なのでやくざ業ではないが
その筋には顔が利いたらしい
衆議院議員に立候補し
次選で落ちたそうだ







戦中に建物疎開地といって空き地になっていた

新宿通り南側で、高野フルーツからビックカメラのビルまであった
地図①から②
ビックカメラの場所には竜宮マーケットがあった

b0228416_11272454.jpeg
ヤミ市跡を歩くより



やがて新宿通りの南北にびっしり露店が広がった

和田組は現在のルミネエストあたりにマーケットを作った

昭和24年(1949)に撤去命令がでて
甲州街道沿い
錦糸町
歌舞伎町
百人町などに移転

和田組マーケットの半数は花園神社裏あたりに
移転し

歌舞伎町、新宿ゴールデン街など
青線営業をする店もあった

青線とは赤線廃止以降の
非合法売春のことである

ラッキーマーケットは安田組が仕切り
300店ほどあった
地図④〜⑤

これらの闇市のの中心部分には
営団の土地で昭和32年営団は立ち退き訴訟を起こす

現在の新宿パレットビル(地図⑥)の地にあった
新宿西口会館の地下部分に
小型飲食店を入れることで決着する

この北の部分が現在も存在する
思い出横町である
b0228416_17352797.jpg



もともとここは個人所有の土地で
店舗に分譲されたため土地が細分化され
開発が難しく

ゴールデン街とともに今では
外国人が訪れる街になった

b0228416_17373104.jpg








# by gannyan1953 | 2017-11-12 18:35 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

東海七福神めぐり 江戸を守護する二大他界ゾーン 品川編

中川歴史ウォーキング36  2018・1・20(土)

東海七福神めぐり

江戸を守護する二大他界ゾーン 品川編


もうひとつの千住編はこちらを↓




中川歴史ウォーキングで開催

募集中です






b0228416_17331330.jpeg


東海七福神は品川が東京市に編入された時、

その繁栄を願って創設された



七福神めぐりをしながら品川宿に残る幕末日本を感じましょう

土方歳三や竜馬の足跡も辿って、最後に鈴が森刑場跡を訪れます

以前訪問した「小塚原」と、対をなす「鈴が森」を

「江戸を守護する二大他界ゾーン」と名付けました



                  集合:9:45 京急「北品川駅」改札口



北品川駅・・『寿老人』一心寺・・『布袋尊』養願寺・・『大黒天』品川神社・・

『恵比寿』荏原神社・・『毘沙門天』品川(ほんせん)寺・・

『福禄寿』天祖諏訪神社・・『弁財天』磐井神社・・大森海岸駅


約8キロのコースで くたびれてしまっても大丈夫

京浜急行の駅がすぐあります


土蔵相模跡


b0228416_11423716.jpeg

江戸時代から旅籠「相模屋」があり土蔵相模といわれた。

御殿山のイギリス公使館焼討ち事件の首謀者高杉晋作。


久坂玄瑞、伊藤博文など幕末志士が密議をした妓楼である。

桜田門外の変の浪士もここから出発している。


戦後は「さがみホテル」となりフランキー堺主演「幕末太陽傳」のロケに使われた。


このあたりは赤線地帯だったが今、面影はない。



問答河岸の碑

b0228416_11441050.jpeg

沢庵和尚は紫衣事件で出羽に流罪になった。


紫衣とは・・朝廷から高僧に紫色の法衣などを賜ることで朝廷の収入源のひとつだった。


慶長20年(1615)江戸幕府は禁中並公家諸法度を定め、

みだりに紫衣を与えてはいけないとされた。


これに反し朝廷は紫衣を与え幕府がそれを阻止したという事件で、

幕府が朝廷よりも上に立ったということを示した事件である。


その後家光は大赦で許された沢庵と接見し沢庵は家光の信頼を得た。


この河岸に家光を迎えた沢庵とのエピソードがある。


家光「海近うして 東海寺(遠海寺)はいかに」 


沢庵「大君にして将軍(小軍)と称し奉るがごとし」


その後家光は沢庵が開基した東海寺を何度も訪れた。


近くの「居残り連」は落語「居残り佐平次」に登場する店である。
人をだますことを「おお恐」といい、「おこわ」になったという。

b0228416_11430013.jpeg

古今亭志ん朝の落語をYouTubeで聞いてみたが面白かった。


b0228416_11431727.jpeg
人気の天ぷら屋さん  10時過ぎなのにもう開店していた


b0228416_11461347.jpeg

利田神社


b0228416_11462555.jpeg

寛永3年(1626)東海寺の沢庵が弁財天を勧請した。


安永3年(1774)から天保5年(1834)にかけ

南品川の利田吉左衛門により開発され利田新地といわれた。


寛永10年(1798)に暴風雨で品川沖に迷い込んだ鯨の供養碑がある。

品川の港は鎌倉時代には出入りする船から帆別銭をとって、

円覚寺の造営費に当てられた。江戸時代には貝や多くの魚、海苔養殖と栄えた漁師町だった。


鯨はさすがに穫れる場所ではなかったので、

見たことも仕留めたことのない漁師たちが大勢で囲んで、

迷い込んだ鯨を仕留めた。


沖合につないだので船で見に行く人も増え、

とうとう将軍様にお目見えすることとなり、芝の浜御殿までひっぱって将軍に見せた。


その後品川にもどってきたが、腐り始めたので入札で払い下げられ解体した。

その頭部の骨がここに埋められた。


鯨はまれびと(漂着するもの)とされ死後儀礼をする文化があった。(鯨と捕鯨文化史:森田勝昭


御殿山下台場砲台跡


b0228416_11464099.jpeg

台場小学校に幕末の防衛のために築かれた品川台場のひとつである。

資金不足のため海岸沿いに五稜形の砲台が築かれ、

154門の大砲が備えられた。


膨大な費用を使って築かれたが、大砲が火を噴いたのは試射の時のみとなった。


灯台は明治3年(1870)に第二台場に造られた品川灯台(現在明治村)のレプリカである。

 

埋め立てられたが周囲は道となって五角形がわかる(好奇心いっぱい心旅)


b0228416_11465243.jpeg
辿ってみたが本当に五角形に道が残されている

b0228416_11503544.png

(好奇心いっぱい心旅)より



 一心寺  寿老人

b0228416_11533607.jpeg


真言宗智山派で安政2年(1855)後に大老となる井伊直弼の開山と伝わる。

本尊は不動明王。


養願寺 布袋尊


b0228416_11534978.jpeg

正安元年(1299)創建、汁慶が寛文年中に中興した。

本尊は虚空蔵菩薩で空海作と伝わる。


b0228416_11540671.jpeg
お寺の煉瓦塀
ロケに使われる



小泉

b0228416_11544315.jpeg

公園の碑
b0228416_11544877.jpeg
井戸


寛文4年(1664)に旗本板倉主税の抱地になった地で

その後祐心の所持となり百姓地になった。

寛延(1748〜50)のころ小泉屋金左衛門の所持となり長屋を建てた。


今もレトロ感があり、あちこちに井戸がある。



品川神社  大黒天


b0228416_11552181.jpeg

文治3年(1187)源頼朝が阿波から勧請し品川大明神といった。

北条高時が稲荷神、太田道灌が素戔嗚尊を祀った。

徳川家康が関ヶ原の戦勝祈願をしたことから社紋は丸に三つ葉葵とし、

家光の頃東海寺の鎮守となった。


明治になって東京鎮護の神社となった。



立派な双龍鳥居や備前焼の狛犬、富士塚は景色がいい。


b0228416_11554274.jpeg


富士山に向かって合掌。

パワースポットと言われるところは一粒萬倍の泉で稲荷の奥にある。



天と地の恵みを祀りお金を洗ったり、

霊水を持ち帰って家を清めたりする。



b0228416_11560587.jpeg

b0228416_11561705.jpeg
洗ってみました♫
b0228416_11562200.jpeg

洗ったお金は隣のお稲荷さんのお賽銭に使いました


b0228416_11583923.jpeg
陶製の狛犬




板垣退助の墓がある。


正徳寺

b0228416_11592848.jpeg


「サチのお寺ごはん」のロケ地。

雷豆腐がお気に入りで簡単でおいしい。


水を切った豆富を油でバリバリ炒め、ネギや天かすを加え、

醤油、好みで砂糖を加える。だしつゆが簡単。



品川本陣の跡


b0228416_12000632.jpeg

東海道1番目の宿で大名や公家などが宿泊した本陣跡である。

跡地は公園となって明治元年(1868)に明治天皇が行幸の際の

行在所(あんざいしょ・天皇の休憩,宿泊)となったことから聖蹟公園とよばれる。


b0228416_12005151.jpeg



荏原神社 恵比寿

b0228416_17260858.jpeg


和銅2年(709)丹生川上神社より高龗神(たかおかみ・水神)を勧請し、

長元2年(1029)に伊勢より天照大神・豊受大神を、

宝治元年(1274)に京都八坂より牛頭天王を、

康平5年(1062)に源頼義、義家が奥州征伐の際に当社と大国魂神社に参籠した。


今でも大国魂神社の神職はくらやみ祭の際、

当社に参詣し品川の海で禊をする。


以後源氏、上杉、徳川と信仰が続いた。


明治になり品川貴船社から荏原神社になった。


狛犬は江戸ぼたんと言われとても美しいと評判である。拝殿の屋根の龍も美しい。



品川宿問屋場 (金子ビル)正面左


継立業務を行う宿場の役所で建物内には人馬の荷物の重さを

検査する貫目改所も設けられた。

幕末の「江戸うちこわし」はここからはじまった。

慶応2年(1866)米価高騰のため近くの本覚寺境内に農民が集まり、

墓地裏の火防稲荷から太鼓を持ち出し打ち鳴らし、

むしろ旗を掲げて気勢を挙げたという。(しながわ観光協会)


b0228416_17280200.jpg


2017年に終了したジョージ秋山のマンガ

「浮浪雲(はぐれぐも)」は品川の問屋場の話である。



江戸時代の護岸遺跡

海岸線の跡



畳 松岡

b0228416_17285042.jpeg


安永8年(1779)創業の畳屋で仙台藩下屋敷のお抱え職人から現在は7代目である。

神社、料亭、旅館がお得意様で江戸千家御用達である。

建物は大正6年に建てられ浜風を防ぐ形をしている。




品川寺(ほんせんじ)毘沙門天


b0228416_17295230.jpeg
b0228416_17305677.jpeg

大同年間(806〜810)弘法大師しより創建され

本尊は観世音菩薩(水月観音・聖観音)である。

弘法大師が東国にきてこの地の領主品河氏に

水月観音を授け代々600年伝わった。


足利と上杉の戦いで品川氏は滅び町の人々に守られてきた。


太田道灌が持仏の聖観音といっしょに観音堂に安置した。


永禄9年(1566)武田信玄の北条攻めで焼失、

水月観音は甲州に持ち出されたが持ち出した武士が発狂したため戻された。




b0228416_17314285.jpeg
帰国した梵鐘

b0228416_17311244.jpeg
江戸六地蔵


江戸時代になると徳川家の庇護を受け大梵鐘、

江戸六地蔵といわれる地蔵菩薩も寄進された。


明治になり廃仏毀釈で梵鐘は海外に搬出したが、

大正8年(1919)スイスジュネーブのアリアナ美術館にあることが確認された。


昭和5年(1930)ジュネーブより返された。



幕府御用宿 釜屋跡 新撰組土方歳三宿泊



b0228416_17323115.jpeg

b0228416_17323526.jpeg


建場茶屋は旅籠より安価であったためよく繁盛したといわれ、

とくに釜屋は本陣同様の門構えで幕府関係者が多く利用した。


釜屋と歳さん


歳さんは元治2年(1865)3月21日午後、

隊士募集で江戸に下りここに到着している。


4月27日新人52名を引き連れ京都にもどった。


慶応4年(1868)1月10日鳥羽伏見の戦いで破れ、

負傷者とともに富士山丸で天保沖を出航、

1月14日横浜に入港。負傷者を横浜の病院に入院させ、

15日品川に到着した。


すぐに歳さんは近藤、沖田につきそい和泉橋医学所に行く。


江戸城に登城、報告し横浜の入院費用に100両を準備、

会津藩より2000両を受け取り、

先に順動丸で釜屋に宿泊していた隊士たちに手当が支給された。


隊士たちは1月23日元日向高鍋藩主秋月右京亮邸(三菱UFJ銀行本店)に移動。


2月12日から上の寛永寺大慈院で謹慎中の徳川慶喜の護衛についている。


3月1日に甲陽鎮撫隊として甲府に向かった。


b0228416_17340284.jpeg
なかなか粋な家のそばにあった山田君

b0228416_17400561.jpeg
続けてあった山田君


浜川砲台跡

b0228416_17403049.jpeg
b0228416_17404592.jpeg
b0228416_17410125.jpeg
商店街にある龍馬さん


土佐藩の抱え屋敷(個人で購入)があったため土佐藩も砲台の築造をした。

そのとき坂本龍馬が警備をしていたことから

20歳の龍馬像や砲台がつくられた。



浜川橋(涙橋・泪橋)

b0228416_17412512.jpeg

鈴ヶ森刑場で処刑される罪人を護送する時親族たちが見送った橋といわれる。

村松友視の小説「泪橋」の舞台である。



天祖諏訪神社 福禄寿


b0228416_17434685.jpeg

神明宮と諏訪社は海に面し立会川をはさんであった。神明宮は天祖神社で平安時代、

諏訪社は江戸時代といわれる。昭和40年にいっしょになった。


b0228416_17435016.jpeg


b0228416_17442087.jpeg
カッコいい家があった
家の方が写真とっていいよと言って下さった

b0228416_17454248.jpeg
浜川神社なるもの発見
入ることはできない
何か・・怪しい

調べたら


修験道寺院として天明頃(1781-1789)に
厄神大権現を祀り創祀、
明治維新で神社となり浜川神社と称した

現在先ほどの天祖諏訪神社が管理

怪しくなかった・・・ところが

了善という人が羽黒修験となり、
自宅に厄神大権現を祀ったのが当社の始まり

江戸城大奥の女中や、諸大名から篤い尊信を受けていた

天保13年(1842)に了善は町奉行鳥居甲斐神のために穽られて
流罪となった
嘉永3年(1850)放免、
嘉永5年(1852)に了善の孫大野良顕が再興
明治維新の神仏分離の際に当社は神社となって浜川神社と称し、
良顕が還俗して神職となって奉仕した。

元来地元の鎮守でないため氏子がなく、
信徒が各地に散在し講を結成している

信徒が特に多いのは、東京湾を隔てた対岸の房総沿岸地域で、
木更津から佐貫、鴨川にかけての漁村の人々の信仰を得ている

江戸期には祭日にこれらの人達が舟で東京湾を横断して
当社の前に上陸し、
その日当社に参籠して翌日
高尾山に参拝登山したといわれている
「品川区の文化財」より)

やっぱり変わった神社だった





鈴ヶ森刑場跡

b0228416_17542823.jpeg

日光街道の小塚原と対をなす刑場で東海道沿いにあった。

海近くに老松があったので一本松と言われたが、

磐井神社の社に鈴石(振ると音がする)があったため

鈴ヶ森といわれるようになった。

鈴石とは鳴石、高師小僧の類いである・・・

褐鉄鉱で中の感想した粘土が遊離し音がする。


b0228416_17543112.jpeg

慶安4年(1651)に開設、

10〜20万人の罪人が処刑されたといわれている。


近くの海で水磔も行われたという。

b0228416_17543853.jpeg
丸橋忠也と八百屋お七が処刑された台石
 


最初の処刑者は丸橋忠弥とされる。


丸橋忠弥・・由井正雪の乱の首謀者の1人である。


関ヶ原の戦いが終わり浪人が多くなり召し抱えられないことへの不満が

ご政道への否定につながり乱が起きた。


平井権八・・同僚を殺害し逃亡するが吉原の遊女と懇意になる。

金品目的で130人の人を辻斬りしたという。

遊女小紫は目黒で自害し目黒不動の前に比翼塚がある。


天一坊・・徳川吉宗の御落胤と名乗り吉宗が否定したため処刑された。 


八百屋お七・・火事に会い疎開先で知り合った僧に恋し、

また会うために火付けをしたと処刑された。


b0228416_17543496.jpeg



磐井神社 弁財天


b0228416_17565643.jpeg

敏達天皇(572〜585在位)のころ創建、

貞観元年(859)に武州八幡社となった。

応神天皇を祀る。境内社に笠島弁天が祀られる。


b0228416_17571628.jpeg
b0228416_17571435.jpeg


「三代実録」に徳川家将軍の参詣が記されている。

万葉集の


「草陰の荒蘭の崎の笠島を見つつか君が山路超ゆらむ」


の笠島は、

磐井神社の笠島弁天のことだと大田区教育委員会は言っている。


宮城の名取愛島という意見もある。


笠島はどこも弁財天と関係するという。


b0228416_17571966.jpeg
磐井の井戸


磐井の地名となった井戸があり、東海道を行く人々の喉をうるおした。

清水であれば心正しい人、塩味がすれば悪しき人といわれる。


鈴石について

磐井神社で聞いてみた・・・


鈴石と鳥石はいまでもあり、大切に祀られている。

鈴石の大きさは手で形を教えて下さった

想像より大きくサッカーボールより大きい


高師小僧ではないと思う。そんなに大きな高師小僧はないと思う。

b0228416_11315950.jpg
高師小僧  小さい・・・「ええじゃないか豊橋」より


あったあった
写真拝借

b0228416_21185419.jpg
大田区史 資料編

(大森町界隈あれこれ kan-haruの日記より)






# by gannyan1953 | 2017-11-05 12:02 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

ガンジーの夢をみた

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・10・20


b0228416_16525728.jpeg
ガンジー(1996〜2006)



友人が線香の匂いや最近亡くなった叔父の髪の香料がするとか

そばに線香もないし・・・

と言い出し・・・仲間で会うことになった・・・


最初から霊感だの憑依されるなど不気味な話で

ちなみに前回は私が言い出したゴキさんの夢の話だった

ひとりの友人と

「家の犬が亡くなって10年だから朔太郎は10歳だね」

・・・と言われた


しばしお互い黙りこくり
お互いの犬を亡くしたことを思い浮かべていた


そんなこんなで

夜・・・ガンジーの夢をみた

来年は13回忌になる

b0228416_17005984.jpeg
スーツを着せたり紋付も着た


b0228416_17013884.jpeg
にゃんにゃん
(1996〜  )
2017年現在21歳


犬や猫は、娘の結婚式に参列できず
写真の参列となった

だから正装させた


夢の話

主人が単身赴任になったので
同時に生きていない
朔太郎とガンジーを
なぜか

電車に乗せて

ガンジーは柴犬朔太郎の鼻先をいとおしそうに
軽く噛んだり、なめたりして
かわいがっている


主人が借りている一軒家に向かう


なぜか山の上の一軒家

ガンジーはノーリードで家に向かう

山登りが大好きだったガンジー
久しぶりにかけあがるガンジーをみた


朔太郎はいつもどおり
リードをつけて
私とヒーコラ登る


そこで夢は終わった

ガンジーと朔太郎がいっしょに
この世に存在したという話になる

やっぱりガンジーは今でも
柴犬朔太郎や私を

見守ってくれているのかな


幸せな一日でした


b0228416_17141435.jpeg
朔太郎 よかったね













# by gannyan1953 | 2017-10-21 17:14 | 前足 湾曲 柴犬朔太郎 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2014年11月20日命日
at 2017-11-20 08:04
新宿旭町の貧民窟
at 2017-11-18 18:36
新宿の闇市
at 2017-11-12 18:35
東海七福神めぐり 江戸を守護..
at 2017-11-05 12:02
ガンジーの夢をみた
at 2017-10-21 17:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧