歴史と素適なおつきあい

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

旧東海道線ー御殿場線と丹那トンネル・将門駒形堂

歴史と素適なおつきあい番外編         2011・9・29(木)


b0228416_223814.jpg
丹那盆地

御殿場線に乗りたくて、横浜駅から御殿場線経由で戸塚駅まで戻り、運賃210円の旅をしてきた。
本当にできるのかドキドキした。
家からは市営地下鉄一日乗車券(740円)を購入、あわせて950円でまわってきた。

ただし、途中の改札はでられない。

コース:市営地下鉄〜横浜駅10:18発〜国府津駅11:08着 
御殿場線国府津駅11:29発〜御殿場線まわりで沼津駅12:59着〜東海道本線沼津駅発13:08発〜戸塚駅14:39着〜市営地下鉄で帰宅


御殿場線


明治から昭和にかけて東海道本線の一部だったが、昭和9年(1934)12月1日に丹那トンネルが開通し、東海道本線は熱海駅経由となって短縮された。国府津駅から沼津駅間は「御殿場線」と名を変えた。戦争中には不要路線とされ単線化された。今でもトンネル、橋桁、線路跡など複線時の遺構が残っている。
鉄道唱歌は、丹那トンネルの開通前にできた歌なので、東海道線としての駅名がある。



「鉄道唱歌」   大和田建樹作歌


12 国府津おるれば馬車ありて 酒匂小田原とほからず
   箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より 「国府津駅」

13 いでてはくぐるトンネルの 前後は山北小山驛
   今もわすれぬ鐵橋の 下ゆく水のおもしろさ 「山北小山駅」

14 はるかにみえし富士の嶺は はや我そばに来りたり
   雪の冠雲の帶 いつもけだかき姿にて

15 ここぞ御殿場夏ならば われも登山をこころみん
   高さは一萬数千尺 十三州もただ一目 「御殿場駅」

16 三島は近年ひらけたる 豆相線路のわかれみち
   驛には此地の名をえたる 官弊大社の宮居あり 「下土狩駅」(三島)

17 沼津の海に聞こえたる 星は牛伏我入道
   春は花さく桃のころ 夏はすずしき海のそば     「沼津駅」

今でも歌詞のとおりの景色である。

丹那トンネル
b0228416_12421599.jpg

丹那神社の下を通る丹那トンネル


東海道本線は、御殿場経由は勾配がきつく、登坂専用の補助機関車を連結したり、食堂車をはずしたりしたが、速度低下は避けられず、その上に山間部の土砂崩れも起き、トンネルが必要とされた。

地質


丹那盆地の地質は火山性で、溶岩流層と十分固まっていない礫や砂でできた層がある。そして大量の地下水をためこんでおり、水田、わさびなど作られ豊かな土地であった。
活断層もあり、1930年の北伊豆地震はこの丹那断層が震源となって発生、工事は地下水や地質に悩まされ、難航した。

完成
大正7年(1918)に着手され7年後に完成予定だったが、北伊豆地震、湧水のため、16年後の昭和9年(1934)に、予算の4倍以上の総工費をかけて完成した。犠牲者は熱海口31名函南口36名計67名であった。

湧水


b0228416_2221253.jpg

湧水であふれる工事現場



トンネル全体が大量の湧水であふれかえることもあり、水抜き坑を掘って地下水を抜いた。その量は芦ノ湖の貯水量の3倍とされる。その結果豊かだった地下水が枯渇し、
水田もわさび沢も消失してしまった。住民の水道を引いたり、補償費などに追われることになった。


事故


大正9年(1920)と大正12年(1923)、北伊豆地震の昭和5年(1930)には大規模な崩落事故が発生した。関東大震災はトンネルそのものには甚大な被害はなかった。

地震

北伊豆地震で断層が動き熱海側の地面が函南側に対し北へ2メートルずれたため本来直線のトンネルだったが、わずかにS字型になった。

温泉余土

温泉余土とよばれる湧水をふくむと柔らかくなってしまう緑色の地層に悩まされた。
膨張すると鉄も曲げてしまうので崩壊の危険があった。

工法

これらの難工事からセメント注入法や圧搾空気掘削工法、水平ボーリングなど日本で初めてトンネルでの検討、実用化された工法があった。
しっかり地質がわからないまま遮二無二トンネルを掘ろうとしたことが難工事を生んだことは、これからの教訓となった。

丹那神社 静岡県熱海市西山町43-1
b0228416_12405080.jpg


熱海の梅園の近くに神社があり、丹那トンネルの熱海からの入り口の真上にあたる。神社からは真下に東海道線、横に新丹那トンネルを新幹線が通るのがみえる。
梅園近くで崩落事故があり、全体での犠牲者67名の鎮魂のために祀られた神社である。
b0228416_1241732.jpg
慰霊碑

救命石
b0228416_12413660.jpg


神社の横に救命石とよばれる石がある。崩壊事故の直前、トロッコで残土を運び出すため、じょうごで残土を受け取っていた。そのじょうごに大石がひっかかり、総掛かりで石の取り除き作業をしていた。
その直後崩壊がおこった。彼らはその場に閉じ込められ結局8日間後に救出された。
もし大石がひっかからなかったら、作業は順調に進み崩壊現場にむかっていたら、直撃をうけていたことになる。この石のおかげで救われたと考え救命石と名付けられた。


丹那断層公園 静岡県田方郡函南町畑

北伊豆地震でずれた断層をここでみることができる。断層の説明も詳しい

酪農王国オラッチェ 函南町丹那349−1

明治14年「伊豆産馬会社」を名主であった川口氏が起こした。
いまでは丹那牛乳として知られる。オラッチェでは乳製品、丹那盆地でとれた特産品を売っている。

将門の駒形堂
b0228416_2235560.jpg



軽井沢に駒形堂があり、将門と頼朝のの由来がある。伝承が残るのみである。
もっと山の方の街道のわきにあったそうだが、現在地に移転した。

承平2年(932)、将門が関東に下るとき弦巻山で馬が病になったため観音に祈願した。
ただちに病が癒えたので、弘法大師が刻んだ守り本尊を安置した。

建久4年(1180)には頼朝が富士裾野で巻き狩りをした。
その際に観音堂に参拝すると愛馬摺墨(するすみ)がしきりに嘶いた。
すると遠く離れた場所から馬の嘶く声が返ってきた。

その山を探すと大成池の畔で7尺を超える馬を捕らえて池好(いけづき)と名付けた。

この名馬を得られたので、駒形堂を建立し将門の納めた馬頭観音を本尊とした。
そして秩父の畠山重忠が鏃を使ってかたわらの石に頼朝の騎馬像を刻み駒形権現とした。
弘化4年(1848)に大きく破損したため名主五右衛門らの発案で修復したが、明治維新のころ又破損し、大正6年(1917)この地の人たちが協力して堂を建立した。  

           伊豆国田方郡函南村軽井沢  駒形堂


参考 wiki・丹那神社・酪農王国オラッチェ・函南町・闇を裂く道:吉村昭
by GANNYAN1953 | 2011-09-30 21:15 | 丹那トンネル | Comments(0)

竹の民俗

歴史と素敵なおつきあい 座学                                       2003 3・14


渡来人と竹の民族文化

b0228416_6292594.jpg


竹の呪力と隼人


竹や笹はアジア原産で日本の真竹は南九州が原産地と言う説もあり、
阿多隼人の土地である。
竹は稲作到来よりもっと前から人とともに渡来し、気候が温暖になるにつれ北上していったものと思われる。今のようにあちこちで竹林が見られるようになったのは中世以降のことで隼人の大和移住とともに竹林が広まったと思われる。
竹の利用価値は高く、木より簡単に細工ができることから古代人にとって重宝された。
竹は生長が早く、生命力、節間に不思議な空洞があること、120年に1度といわれる開花の不思議さなど、聖なる植物と思われたようである。
竹の子を食べることもでき、薬用にも用いられた。
そのため竹は古代から呪力をもつものと思われてきた。

1.古事記に黄泉の国でイザナキが妻のイザナミを見るとき、
      竹の櫛を折って火をつけ灯りに使い、
      追いかけてくる者に竹櫛を折って投げ、
      竹を生やして逃げ延びるシーンがある。

2. バチバチ音をたてて燃えるので、左義長(どんと焼き)では
      竹を組み燃える音や倒れ方で1年の神事を占う。

3.神社の結界には榊とともに使用される。

4. 罪人の処刑には竹で囲い、悪を封じ込める。
     籠目は鬼の目ともいわれ邪を封じるという。

5. 竹で編まれた蓑を西日本では儀礼に使う風習がある。
     花嫁の頭上に蓑を戴く。蓑に1歳を迎えた子をのせ、立たせる。
     生殖、豊作を願っての風習であろう。

6. 籠もるとは精進潔斎して物忌みすることである。
     籠もる間に新しい霊力を身につけ心機一転して新生する。
     山幸彦が海神のもとへ行くとき籠船に乗る話がある。


記紀神話   
天津神  天照大神を祖とする天孫族で天皇に忠実な官人集団の神
         
国津神  土俗信仰と結びつく天孫降臨前からいた自然神

王化にしたがわない先住の民は出雲地方にオオクニヌシを頭目として、九州には山の神オオヤマツミ、海の神ワタツミを奉じる国津神がいた。
縄文時代は蝦夷の東日本に文化があったが、王化しなかった蝦夷は記紀から抹殺された。
記紀から抹殺されなかった隼人の日向神話は、海幸彦、山幸彦の話が中心となる。
この阿多隼人の地の竹が呪的シンボルとなる。

隼人と日向神話
[竹の民族文化圏]


b0228416_6341974.jpg

月に帰っていくかぐや姫 (土佐広通、土佐広澄・画)

1.竹中生誕説話    (かぐや姫の誕生)
  竹の中で生まれたかぐや姫は化生説話で
     アジアに広く分布する説話である。

2.羽衣伝説      (かぐや姫の昇天)
  羽衣説話もアジアに広く分布し、似た話が多くある。
   羽衣とは儀礼用の頒布(ひれ)のことで、
   招魂、鎮魂など物忌みし、神を招く呪術儀礼に用いられた。
    日本では絹の長い白布である。隼人は朱色を用いる。
    朱色はインドネシアでも儀礼に用いるが、呪術的な色あいである。

  かぐや姫の話には、月に帰るとき羽衣を残した。
  それを帝は富士山で燃やしたと言われる。
  平安のころの富士山は煙がでていたらしい。
  富士山は地上世界と月の世界を結ぶ夢の通い路であった。

3.旧8月15日の夜祭 (お月見)
  月見は古代から栽培され主食であったイモの収穫の祝いに
      竹で編んだ蓑にイモをのせて祀った。
   隼人海民系がもたらしたと思われるがアジアではタロイモ収穫祭であった。

上の3つの民間伝承、民族儀礼は、中国大陸南部から東南アジア一帯に分布している。

源流はヒマラヤ山麓で、中国江南地方の照葉樹林地帯と南太平洋アジアの島々にいたる文化である。
これは、竹の民族文化圏でもあり、今日のインドシナ半島やマレー半島を経て
 南太平洋に渡った古マレー系の人々は江南、華南とも通じていたので
 この両者の民族文化圏の源は古モンゴロイド系の故郷、ユーラシア大陸の東南部から発したと思われる。

いずれにしても日本先住民族である隼人は 
南方系の民族と深くかかわりがあり竹とともに
日本に渡ってきた海の民であろう。


[日向神話]

ニニギ(アマテラスの孫)は、良い土地を求めて笠沙の岬でオオヤマツミの娘コノハナサクヤヒメ(富士山に祀られている)と出会う。

その子ホデリ(海幸彦)、ホスセリ、ホオリ(山幸彦)は火の中から生まれた。

火の呪力で生まれる子を守る風習と思われるが、インドシナに残る。臍の緒は竹で切られる。(サンカと同じ)


海幸彦は海で漁を、山幸彦は山で猟をするが、ある日獲物をとる道具を交換することから
あらそいが起こり、山幸彦が兄である海幸彦を従属させることになる。

この場合兄の海幸彦を隼人、弟の山幸彦を神武にみたてると、隼人がアマテラスの皇孫に服従する時の話としてみることができる。

この後、都で天皇の警護につき、狗の吠える真似をする。
隼人の呪術である。

山幸彦が海の神のもとから帰ったとき海幸彦が海に飛び込んで喜んで迎えた様が隼人舞になったといわれ
る。逆に服従した海幸彦が海でおぼれる様という説もあるが。

もともと隼人の世界には太陽神のごとき「日の御子」が海のかなたからやってきて、ここで自分のたちの始祖である女と結ばれて子孫を産んだ。
その子孫は海神の強い呪力を受け継いだ。
そういう神裔伝説があったのではないか。
海幸、山幸説話は天津神の勢力が海神を征し、海神の呪力をも身につけ、隼人を支配下においたのではないかと思われる。
隼人の居住地の近くには竹林があるということを早くから隼人研究の先駆者たちは指摘している。
朝廷に属した隼人は畿内、紀伊、近江、丹波などの僻地に配属された。
おそらく竹林育成に適した場所だったのではないか。朝廷で用いる各種竹製品の製造に従事したものと思われる。


「竹の民俗誌」沖浦和光より
mansongeのニッポン民俗史
日向神話
古事記の世界
by gannyan1953 | 2011-09-15 11:51 | 神様の話 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
海軍道路を歩いた
at 2017-08-12 22:23
柴犬朔太郎 また爆睡
at 2017-08-06 22:24
猿投神社  
at 2017-08-06 21:37
満蒙開拓平和記念館・長岳寺
at 2017-08-06 20:58
神坂(みさか)神社 阿智村
at 2017-08-03 20:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧