歴史と素適なおつきあい

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

逗子大師と六代の墓

歴史と素適なおつきあい 番外編 2011.11.13

b0228416_973342.jpg

                     秋谷海岸の夕日


逗子大師延命寺逗子3-1-17

天平時代に行基によって作られた延命地蔵尊を安置したことによる創建である。

そして弘法大師が立ち寄り延命地蔵尊の逗子を設立され地名の逗子の由来となる。

道香主従の墓

b0228416_1213384.jpg


三浦 義同(みうら よしあつ)は、戦国時代初期の東相模の武将、小大名。通常、出家後の「三浦道寸」の名で呼ばれることが多い。その子道香主従の墓である。
道寸は北条早雲と敵対し滅ぼされて平安時代から続いた三浦氏最後の当主である。
早雲は永正9年(1512)古河公方家と山内上杉家の内紛に乗じて扇谷上杉家方の道寸の岡崎城(平塚)を落城させた。三浦道寸、道香父子は住吉城(逗子小坪)に籠るがここも落城、新井城(油壷)三崎城に立てこもった。早雲は玉縄城を築き糧を断つ攻めを行った。そして永正13年(1516)新井城も落城した。
道香主従はこの寺で自害した。


六代御前最後之故址

b0228416_12243271.jpgb0228416_12245377.jpg







             六代の墓

六代は「平高清」といい、平維盛の子である。父維盛は義仲の攻勢で都落ちしたときに、都を離れるのは可哀想だと思い、妻子を都に残した。
六代は、母とともに大覚寺の北に潜伏していたが、平家が滅亡してから、北条時政の捜索で捕えられてしまった。
文覚上人の計らいで頼朝に助命された。頼朝は自分の境遇と似た立場であると同情したかもしれない。

六代は文覚庇護のもと、僧になり、母は頼朝の信頼する公家に再嫁した。
ところが、頼朝が亡くなり、文覚が土御門通親襲撃計画を企てたとして隠岐国に流罪に処される。(三左衛門事件)この事件の連座で、六代は捕えられ、田越川のほとりで処刑された。  享年26歳という。

六代が僧になったとき、六代は「僧になって翻意はない」と頼朝に挨拶にでかけている。
頼朝は、整った顔立ちとその聡明さに気づき、危険視したともいわれている。

その後、碑には「付近の住民が、夜毎に平家公達の処刑の夢を見て、きっとこれは、六代及平家の供養を絶った祟りではないかと、おののき、逗子佛教会の協力を得て、当刑場の露と消えた平家一門の大法要を行なった」とある。

六代の死で、清盛の嫡流は途絶えた。
by gannyan1953 | 2011-11-15 09:11 | 鎌倉の歴史 | Comments(0)

閖上~多賀城~奥松島~石巻

歴史と素適なおつきあい番外編                       2011.10.30
b0228416_1134574.jpg

            閖上の日和山より海をみる

閖上(ゆりあげ)

宮城県の日和山(ひよりやま)が三つある。
石巻(標高56,4m)、仙台の蒲生(日本低山第二位標高)、閖上である。

閖上の日和山は明治に作られた高台で漁師が沖をみるために作られたという。

震災で日和山も被災し、鳥居も根元でちぎれていた。

現在、富士主姫神社と湊神社が仮設で祀られている。
卒塔婆もあり、花束もお供えされており、神仏習合の鎮魂の場となっている。 合掌。

b0228416_1171667.jpg

                日和山山頂

b0228416_1172560.jpg

              津波に流された松で立てられた鳥居

この浜は名取の浦と呼ばれていたが、ある日里人が、光るものをみつけた。
それは霊験あらたかな十一面観音であった。

陶する、揺するからゆりあげられる、陶上、揺上そして閖上となった。
 
閖という漢字になった説は二つある。

① 湊神社は水門という意味で水門神社のお告げで、この神の名を地名にすれば災いを除くというものであった。

承応年間(1652~1654)のころ火災がたびたびあり、困っていたので、水門を「閖」の漢字にした。

② 仙台藩侯の綱村が寺建立したら、その門からゆりあげ浜が見えた。門から海が見えるのでゆりの字を閖にしたという説もある。、

閖という漢字はゆり、どんどと読み「どんど」は姓にみられる。石川県小松市や白峰村にその姓がみられる。。(名前由来ネット)

だが、確認できないでいる
あるブログに石川県出身のどんどさんが、カンボジアでボランティアをしているとある。どんど姓は珍しいが石川県には、ほかにどんどさんはいないという。どんどの漢字もわからない。「闐々」を「どんど」と読むのかもしれない。
今後調査を続ける。

閖は海がみえるという意味がある。
ほかに女陰からでる液体という意味も古くからあったそうである。(ブログJUGEMU)

水門明神は明治になって湊神社に改称した。  
 十一面観音がなぜ流されてきたか。熊野信仰が盛んになったころ那智の神様を陸奥に勧請することが多くあった。きっと難破した船から流れてきたと思われる。その後、名取老女という巫女さんのお告げで高舘山の飛龍権現と称されたという。

高舘山の山頂に熊野那智神社があるが、ここに高舘山古墳という宮城県で一番古い古墳が見つかった。(名取市文化振興課)

[私説]
閖上には産鉄の跡があるのではないか。十一面観音、陶する、女陰、近くに須賀地名があるなど、鍛冶にかかわる用語がある。
近くの高校のデータでは閖上浜の砂鉄は製鉄にむいているという。



b0228416_21262938.jpg

                  井土浜 八坂神社の跡


b0228416_21273199.jpg

                  名取貞山堀



多賀城碑

b0228416_20475963.jpg多賀城の名が文献に出てくるのは「続日本紀」で宝亀11年(780)である。
陸奥の国の国府があり、蝦夷征伐の鎮守府が置かれた。
宝亀11年に伊治公呰麻呂(これはるのきみあざまろ)の反乱で焼失するが、再建された。
延暦21年(802)坂上田村麻呂によって鎮守府が岩手の胆沢に移されたあとも国府として栄えた。

その後源頼義、義家父子の治めるところとなり、頼朝も滞在した。南北朝には北顕家の奥州小幕府となるが、しだいに衰退していった。



壺の碑(つぼのいしぶみ)に惹かれて栄華の日を思いこの世の無常を語った芭蕉の足跡が残る。

多胡碑、那須国造碑、多賀城碑は日本三古碑といわれる。(多賀城市観光協会)

b0228416_21342778.jpg

                    震災後の仙石線

野蒜築港跡
b0228416_21435871.jpg



b0228416_2144294.jpg

明治に入って東北地方の経済は遅れをとっていた。

大久保利通は経済発展のためには、交通、運輸の便を良くすることが必要だと感じた。

彼は、明治天皇御巡業に先駆けて東北視察にでかけていた。そのとき石巻を視察していた。

そこで、オランダ人ファンドゥルンを石巻に派遣し、新港の候補地を調査させた。
その結果、横浜より先駆けて野蒜が新港の候補地となった。

明治11年に着工し、北上川運河の開削と水門の築造が行われた。同時に人々の住む市街地を建設した。

警察、電信局、銀行、港に携わる人々の住まい、店などであった。
市街地の権利を購入するものは、
大手企業、三菱や共同運輸などで、地元の会社がなかなか参加しなかった。

築港により、地元の経済発展を狙っての事業だけにこの現象に将来の不安もあった。

次に外港建設に入ったのだが、明治17年の台風により、突堤が破壊され土砂が入り込み、内港に船の出入りができなくなった。
山県有朋はただちに調査をさせたが、野蒜は新港にはむいていないという結果がでた。

野蒜がだめなら女川にという意見もあったが、そのころには東北本線が開通しようという時期になっていた。

野蒜にくるはずだった鉄道は変更され仙台から塩釜に鉄道がとおることになった。

野蒜築港はまぼろしに終わった。(図説宮城県の歴史;河出書房)

b0228416_2257465.jpg



b0228416_22581349.jpg

















石巻 日和山

文治5年(1189)の奥州合戦で頼朝の家人葛西清重は恩賞として牡鹿郡ほか数か所の所領を給わった。

それから、天正18年(1590)に滅ぼされるまで、葛西氏の居城があったという伝承がある。昭和58年(1983)の調査で大規模な中世城郭のあることがわかり「石巻城」として保存されることになった。


b0228416_2311122.jpg


b0228416_23113874.jpg

       日和山より海をみる

震災地をまわるバスツアーが到着し、外国人も多かった。
経済支援として参加する人も多い。

鹿島御児神社

b0228416_23162188.jpg


日和山山頂にある神社で、芭蕉など文人が訪れている。
由緒は鹿島、香取の両神の御子が、奥州へ下向し、東夷征伐と辺土開拓経営にむかうこととなった。
たまたま石巻に到着し、錨を操作したら、石を巻き上げた。
これが石巻の地名の由来である。
大和民族の先達として開拓した祖先神である。(鹿島御児神社サイト)


b0228416_2330682.jpg


日和山のふもとにある門脇小学校で、スポーツ大会が行われていた
津波で流されてきたガスボンベが引火し校舎を焦がしてしまった。
by gannyan1953 | 2011-11-09 09:56 | 宮城県の歴史 | Comments(0)

鶴見川源流

RSO 歴史と素適なおつきあい2006・4.14(金)

「鶴見川沿い歴史散歩・図師~源流へ」
JR「町田駅」中央改札口 9:50集合(弁当各自持参) 
                            

町田(バス)図師大橋~長慶寺~若林家跡地~大泉寺~上根神社~小山田緑地(昼食)~鶴見川上流端の看板~小山田与清の生家~正山寺~鶴見川源流の泉~小山田バス停(バス)町田


図師大橋

図師とは図師、逗子=辻 つじの変化と思われる。
昭和17年戦争中この大橋近くに所沢飛行場から相模の中津飛行場に飛行機用エンジンを積んだトラックが崖下に落ち、乗っていた兵隊も多数エンジンにはさまれ死亡した。


長慶寺 曹洞宗 本尊:聖観音・木の坐像 創建:明応6(1497)年

最近境内に古くからあった山王社が壊れかけたためお堂の中にあった山王神像と猿の木像を境内左奥に安置した。過去何度も出火し山王社について詳しいことはわからないという。


本店ほんだな)若林三右衛門・同有信

幕末、明治期の数少ない商家。本家は隣の若林但馬家。若林三右衛門・平助は世田谷の宇奈根村出身で有信は長男である。平助は太田南畝の依頼で鶴見川の長さを測っている。江戸末期太田南畝は勘定奉行から治水役となっていた。

「太田南畝、村役人に、川の長(たけ)を、測らせてみて、これなんぽかな」

有信は文政4(1821)に生まれ明冶28年死去。小山田をはじめ三輪のあたりまでの学務取締役であった。生家あたりの若林家には現在も教育者が多い。




* 民権資料館の資料に町田の結社のひとつに有信の参加を示す資料がある。

多摩で生まれた学習親睦結社で明冶11年に結成。
中心人物は橋本政直(小島資料館近くの家)、石阪昌孝(透谷の義父)、中溝昌弘(万松寺で
小野路学舎を開く)村野常右衛門(民権資料館のもと土地所有者)ら多摩を代表する民権家たちと、
有信である。
23名が参加しており民権、政治学習ではなく平等に討論をして会員の質の向上をはかった。

* 上小山田村には薄井という姓が多いが薄井成恭の書き留め記録「異聞録」の中に
有信、薄井成恭の名がある。

そこには「堅甲会」による武装着陣の檄文の写しが筆写されている。

石阪昌孝、橋本道助(政直)、薄井成恭から有信に送られた檄文である。

参謀に小島為政、若林有信をすえ2月25日付けで3月3日に武装着陣を求めたものである。

彼等は剣術、漢文を学び文武にわたり堅密な関係であった。新選組との関係も深く「堅甲」の意味は「堅固なよろい」か「甲州を固める」とも読める。

民権資料館では後者ではないかと読んでいる。2月中旬には甲州鎮撫の動きがあり、3月2日には甲陽鎮撫隊は小仏峠を越えている。

着陣したかどうかはわからないが、多分未遂の可能性の方が高いという。

しかしこのころにはすでに多摩の広範囲にわたる同志としての同調行動が活発であったことが資料から伺える。

みな多摩の村役人クラスで明冶になって民権運動をおこしている人達である。(2005年度5月「小野路~薬師池」を参照)

若林但馬守 弥佐衛門
小山田弥三郎に仕えた。


大泉寺 曹洞宗(元真言宗)・本尊:釈迦如来

創建:安貞元年(1227)・開基:小山田行重(なりしげ)・前身:寺の西側にあった菩提入(ぼでり)廃高昌寺。小山田城跡である。
埼玉県からきた畠山有重は小山田に来て在名といって在来の地名を自分の姓にして小山田有重と名乗った。源頼朝の家来で明応5年(1496)寺名を大泉寺と改めた。
文明9年(1477)長尾景春により落城するまで300年続く。


上根神社(かさね)

祭神:牛頭天王・宇都姫命・金山姫命・白山姫命・表筒男命・中筒男命・底筒男命・息長帯姫命
かさとは川の上という意味。根岸にある神社。湯立て神事が行われる。小山田城内に古くから宇都社があったという。


正三寺 真言宗・本尊:阿弥陀如来・創建:元和元年(1615)

永禄12年(1569)武田信玄が小田原に侵入するのに加担。北条氏より小山町を追われ、現在地に移ってきたという。


小山田与清の生家 (1783~1847)・田中元孝家

江戸末期の国学者。蔵書が2~3万冊ある。
天明3年小山田村小山田に生まれる。父は田中忠右衛門本孝。母稲は産後に没した。
与清19歳のとき和学者村田春海に入門。21歳の時、浦和の見沼通船方、高田家の養子となり高田与清を名乗った。神田川ほとりの通船屋敷(外神田1丁目)に住む。太田南畝が近くに来住。与清46歳の時から小山田と改める。
藤田東湖、小山田与清の蔵書5万冊といわれる。与清は号を松屋といい「松屋棟梁集」には小野路、小山田のことが書かれている。
弘化3年64歳の時水戸家から加増され十人扶持。全蔵書を水戸家に献納。翌4年永眠。深川霊岸寺に埋葬、明冶36年、染井墓地に移す。
初代早稲田総長、高田早苗はひ孫にあたり、与清蔵書は早稲田大学図書館にある。
小山田与清の近くに太田南畝が来住したので、下小山田の若林三右衛門との接点が見出せる。


鶴見川源流の泉
田中谷戸に源流がある。湧水は日量1300トン。1995年町田市によって泉のひろばとして整備された。


小山田氏年表

1160(栄暦元年) 畠山有重は坂東八平氏、秩父党の畠山重弘の次男として埼玉の大里郡川本町畠山で生まれる。畠山有重は兄重能と共に保元、平治の乱に加わる。義朝が尾張で討たれ、平知盛(清盛四男)が武蔵国の知行国主となると知盛に仕えた。京都では平家与党として知られていた。惣領家の河越重頼と肩を並べるほどの力をもったという。


1171(承安元年) 有重は小山田別当としてこの地に城を築いた。秩父平氏は秩父に発し河越、豊島、江戸といった荒川流域に分布していた。
多摩の横山の一角に秩父平氏が住むようになったのは有重の母が横山隆兼の娘であった関係と思われる。八王子を根拠に勢力を伸ばしていた横山党の横山隆兼は、勢力拡張のため婚姻により手を結ぶことが多かった。その横山と秩父が手を結んだ結果小山田に限らず小野路、稲城、矢野口に広がった。

1180(治承4年) 有重、大番役のため上洛、京都に着いたころ伊豆で頼朝が挙兵、さらに木曾義仲も挙兵し、平宗盛(清盛の後を継ぐ)の命で平家方として義仲と戦う。

1183(寿永2年) 平家一門が都落ちの際、東国の秩父一族が頼朝に加担したことを知った宗盛により斬首されそうになったが、知盛により助命された。東国にもどり頼朝に従うようになる。

1190(建久元年) 頼朝初の上洛に有重の子三郎重成、四郎重朝、五郎行重は、畠山重忠(有重の兄重能の子)とともに従った。
           五郎行重は甲斐国田原郷(都留)の地頭となった。

1205(元久2年)頼朝が亡くなり北条時政の謗りをうけ三郎重成(稲葉重成)、四郎重朝とその子ら将軍実朝により二俣川で謀殺される。
           ここに小山田一族は没落する。

1333(元弘3年)小山田一族の末裔(有重から六代目)小山田太郎高家が新田義貞の挙兵に参加し、小山田城を固守していた北条康家の軍を追って鎌倉に攻め入り北条一族を討った。本領の小山田郷を取り返す。
           建武の中興後、足利尊氏が挙兵する。

1336
(延元元年)小山田高家は湊川の戦いで足利軍と戦うが、生田の森で義貞の馬がケガをし、義貞が矢ぶすまにあっている危機に馳せ参じ、自分の馬を義貞に渡し、馬からおりて奮戦したが処女塚(おとめづか)で力つき戦死した。その功績をたたえ神戸には顕彰碑がたっている。

*高家の妻浄瑠璃姫は夫の死を悲しみ小山田近くの長池(八王子市別所)に身を投げたという。25年たって浄瑠璃姫の薬師如来像が池からみつかったという。
*義貞の妻勾当内侍も義貞の死を嘆き狂い琵琶湖に身を投げる。大津の野津神社にはきちがい祭りが今も残る。
*この妻二人は夫の首のことから諍いがおき高家の父がそのために亡くなる話として浄瑠璃「吉野都楠女」になっている。

1477(文明9年)応仁の乱の終わりころ長尾景春は家督を継げなかった不満から関東管領山内・上杉氏に反発、古川公方足利成氏の代理として武蔵国へ侵攻、石神井城、練馬城、河越城、小山田城を陥れた。そのため小山田一族は離散、小山田城は荒廃し、のち大泉寺が開かれた。

1488(長享2年)越中守信有生まれる。(1488~1541)
          小山田行重(有重の二男)有重の四男六郎行幸の説もある の子孫は都留、田原郡で大きな勢力をもつようになる。武田信虎
(信玄の父)は在郷豪族を従えるため信有の父信隆を討ち取るが、この地の勢力が必要とみて子の信有を当主に擁立。信虎の妹と婚姻。信有は岩殿城を築いた。

1519(永承16年)出羽守信有生まれる。(1519~1552)
          信有は武田晴信(信玄)の親族衆として活躍。北条、今川との戦いにも参戦。領民からも慕われる領主であった。

1520(永承17年)越中守信有、猿橋の架橋替えをし、領内整備をした。

1535(天文4年)北条と今川が甲斐に侵攻、都留が激戦地となる。

1539(天文8年)出羽守信茂生まれる。(1539~1582)
          出羽守信有の子とも弟ともいわれる。

1550(天文19年)信州上田の戸石城侵攻で、信玄は敗北する。その凄惨な戦いを戸石崩れという。ここで、出羽守信有は負傷しこれがもとで、亡くなる。

1553(天文22年)信玄の娘は北条との同盟のため12歳で北条氏康の嫡男氏政に嫁ぐ。この婚礼に小山田信茂は蟇目役(降魔のため蟇目の矢を射る作法)をしている。この娘は北条氏政正室となり幸せに暮らしたといわれるが、同盟が破綻すると離縁され甲斐にもどり、黄梅院となり、若くして亡くなる。甲斐の大泉寺と小田原早雲寺に黄梅院跡がある。

1557(弘治3年)信茂、川中島の合戦に初陣。

1569(永禄12年)小仏峠を越え滝山城を攻略、小田原まで侵攻。
          北条氏照を打ち破り甲斐随一の勇将といわれる。

1572(元亀3年)三方ヶ原の戦いで先鋒役をつとめ大勝。

1573(本亀4年)信玄病死。
1575(天正3年)勝頼の武田軍、長篠の戦いで大敗。
          勝頼は甲越同盟を望み上杉氏との和睦に信茂は奔走する。

1582
(天正10年)信長、家康の甲斐侵攻。味方であった穴山梅雪の裏切りを知った勝頼は、逃亡先を真田昌幸の岩櫃城か、信茂の岩殿城か決めかねていた。

結局勝頼は信茂の「真田の岩櫃城までは雪深いので、岩殿城へ」という言葉に古参でもある信茂を頼り岩殿城に向う。

ところが勝頼を迎えるといった小山田氏は現れず、人質としていた信茂の母もいなくなり、信茂の裏切りに気付く。

行き先を急遽天目山に変更し、その直前で捕縛され父子とも自害する。武田氏滅亡。
         
勝頼死後、信茂、妻、老母、子は信長に捕らえられ、主を裏切った謀反人として甲斐善光寺で斬殺された。

ここに小山田氏は滅亡する。
甲斐善光寺には信茂の首塚がある。
 

参考 HP:武家家伝小山田氏・武田氏の史跡探訪・坂東千年王国・多摩の古城跡・横浜線沿線散歩・東灘区役所
  
鶴見川沿い歴史散歩
by gannyan1953 | 2011-11-02 16:06 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧