歴史と素適なおつきあい

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

尾張の祖の神・天火明命 ・建稲種命・簀媛命

歴史と素適なおつきあい番外編 愛知県    2012年3月2日

b0228416_17103038.jpg



東谷山(とうごくさん)

b0228416_17172083.jpg超古代史の本に黒又山、モヤ山、位山などと並んでピラミッドであると読んだ記憶がある。

本がなんであったかわからなかったが、車で向かうときに、とても目立った山だった。

頂上の神社の裏に岩(磐座・いわくら)がたくさんあり、奈良の三輪山のようだ。

井戸は伊勢湾の潮位と関係するとか、ミステリアスなことも書いてあったと思う。

古墳の石室といわれるストーンテーブル、神社そのものが古墳の上に建っているなど、今風のパワースポットである。

古墳は平成20年(2008)に名古屋市が調査し、4世紀後半築造の円墳と断定された。

b0228416_17184748.jpg







夜景が美しいそうだ。







尾張戸神社(おわりべじんじゃ)名古屋市守山区大字志段味(しだみ)字東谷字2099  

b0228416_1792112.jpg

                尾張戸神社社殿

b0228416_17114684.jpg

                中社古墳(参道にある)
b0228416_1713882.jpg

                頂上からの景色

東谷山(とうごくさん)の頂上にある尾張平野の眺望随一の神域である。

祭神:天火明命(あめのほあかりのみこと)
   天香語山命(あまのかごやまのみこと)
   建稲種命(たけいなだねのみこと)
勧請:簀媛命(みやすひめのみこと)

大永元年(1521)に焼失したが、守護の斯波氏により、再興された。

徳川の世には藩主徳川家により、名古屋城の鬼門にあたるということで、

篤く信仰された。

天火明命

祭神は尾張氏の祖である。 

天火明命について史書によって多説ある。

古事記:天火明命 天忍穂耳命(あめのおしほみみ)と高木神(別名―高御産巣日神やかみむすひのかみ))の娘萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)の子であるという。

日本書紀:火明命(ほあかりのみこと)、天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほあかりのみこと)

先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ):天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやのみこと)素戔嗚命の五男。物部氏の祖先と同一という。

神社志料:天照御魂神(あまてるみたまのかみ)

       天火明命=天照御魂神ということになると、皇祖神ということになる。

天香語山命(あまのかごやまのみこと)又の名を高倉下命(たかくらじのみこと)

天火明命の長子である。
大和国高尾張の対岸高座山に降臨し、東谷山(とうごくさん)を往来し、尾張開拓のため東谷山に落ち着いた。

麓の渓流庄内川を渡るときには常に一匹の白鹿が現れ、命を乗せたという伝承がある、そのため、鹿乗橋、鹿乗ヶ渕という地名が残る。

尾張の地名の由来は新しく墾り(はり)開かれた土地の意からつけられたという。

建稲種命(たけいなだねのみこと)

尾張国造乎止与(おとよ)命の子である。天火明命から12世にあたる。

建稲種命は日本武尊の東征に従った功績から、稲種は産業振興の意味がある。

熱田神宮にも祀られている。

内津神社を参照。


簀媛命(みやすひめのみこと)

尾張国造乎止与(おとよ)命の娘で日本武尊(やまとたける)東征の折、妻になった。

建稲種命の妹である。日本武尊は簀媛の月の障りをおして交わったという。

日本武尊が能褒野(のぼの)で亡くなると、日本武尊より預けられた天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)=草薙の剣(三種の神器のひとつ)を奉斎鎮守するため熱田神宮を建立した。

この地は尾張氏本貫の地であり、東谷山西腹には多数の古墳が存在し、神社も古墳の上に作られている。

尾張戸神社は、成務天皇5年(135)簀媛命による勧請と伝わる。

大永元年(1521)に焼失するが、守護の斯波氏により、再興。名古屋城の鬼門にあたり、尾張藩徳川家の信仰も篤かった。

尾張氏

古代の地方豪族で天火明命を祖神とし、本貫地は諸説があり、葛城説、吉備播磨説などある。

もとは海人族で海からこの地にきたと思われる。



美濃、飛騨などに居住したのち乎止与命(おとよ)のとき、尾張国造となる。

なぜだか、尾張氏は皇族が新しくなるときに后をだしている。

尾張氏と皇族の婚姻

①日本武尊と簀媛命
②孝昭天皇(前475-前393)と世襲足媛(よそたらしひめ)
③崇神天皇(前97-前30)と尾張大海媛(おわりのおおあまひめ)
④応神天皇(270-310)と高城入姫命(たかぎいりひめ)・弟姫命(おとひめ)・仲姫命(なかつひめ)
⑤継体天皇{507-531}と目子媛(めのこひめ)

皆、尾張氏の姫君たちである。そして崇神天皇・応神天皇・継体天皇ともに系譜が変わった天皇である。

表舞台に出る氏族ではなかったが、皇室の外戚という重要な存在であったようだ。

熱田神宮の宮司、同族の津守氏は住吉神社(大阪)、元伊勢籠神社の宮司は海部氏である。

熱田神宮の宮司職は後に、親戚の藤原季範(すえのり)に譲られた。

季範の三女由良御前は源義朝の妻となり、熱田神宮のそばで、頼朝を生んだ。頼朝は名古屋生まれなのである。

そう考えると最初に武家社会を築いた頼朝、後の信長、秀吉、家康、みんな名古屋、愛知県の生まれである。

壬申の乱のとき大海皇子の強力な味方についたのも尾張氏である。

大海という名も尾張氏族の海部をとっている。

このとき、武器を調達した伊福部氏は美濃で鍛冶をしていた。

各務原の豪族村国男依も協力者だが、各務原にも製鉄遺跡がある。

尾張氏の祖である天火明命を祖神とする氏族(新説日本古代史より)

  朝来直(あさこのあたい)
  五百木部君(いおきべのきみ)
  大炊刑部造(おおいのさかいべのみやっこ)
  川内漢人(かわちのあやひと)
  椋連(くらのむらじ)
  児部連(こべのむらじ)
  坂合部連(さかいべのむらじ)
  蝮王部首(たじひのみぶにおびと)
  丹比連(たじひびむらじ)
  襷多治比連(たすきのたじひのむらじ)
  津守連(つもりのむらじ)
  檜前舎人造(ひのくまのとねりのみやっこ)
  六人部連(むとりべのむらじ)
  海部直(あまべのあたい)


内津神社(うつつじんじゃ)内々神社 春日井市内津町上町24

b0228416_17253781.jpg


祭神 : 日本武尊命(やまとたけるのみこと)
     建稲種命(たていなだねのみこと)
     簀媛命)(みやずひめのみこと)

b0228416_17261767.jpgb0228416_17265331.jpg南北朝時代の禅僧夢窓国師の作庭と言われている庭が奥にある。隣に妙見がある。

神社はしばらくして衰退し、妙見様として復興、のちに内津神社として再興し、庭は寺だったことによるのかもしれない。
 

b0228416_1728683.jpg

由緒は、東国の平定を終えた日本武尊が内津峠にさしかかったとき、早馬で副将軍の建稲種命(たけいなだねのみこと)が駿河湾で水死したという知らせがあった。

知らせをうけた日本武尊は絶句し

「ああ、現哉現哉」「ああ、うつつなりうつつなり」


とつぶやき、鎮魂のため建稲種命の社をたてたことがはじまりという。

建稲種命は日本武尊の妻である簀媛命の兄で、東征に付き従った。

東征の帰路、日本武尊は山道を、建稲種命は海沿いの道で別々に帰ってきた。

しかし駿河の海で尊に献上するミサゴ(野鳥)を捕らえようとした際、風波が強くなって船が沈没、自らも水死したという説と日本武尊をねらう密偵に殺害されたという説がある。

衣服が流れ着いたのが知多半島の先にある羽豆神社、遺体は吉良に流れ着き幡豆神社に祀られたとされる。
by gannyan1953 | 2013-03-27 10:23 | 神様の話 | Comments(0)

青梅を訪ねて

歴史と素適なおつきあい                              2013・3・8(金)                
青梅宿を訪ねて
b0228416_21412978.jpg

映画看板のバス停留所

集合10・00 :JR青梅駅 改札口

青梅駅〜稲葉家住宅〜金剛寺〜釜の淵公園・駒木野遺跡〜「かんぽの宿」昼食(ランチ800円から1500円)〜レトロな青梅宿(青梅赤塚不二夫会館・昭和レトロ商品博物館・昭和幻燈館の3館共通割引券大人700円)〜住吉神社


青梅の歴史
b0228416_917378.jpg


将門の誓いの梅

霊亀2(716)年、大和朝廷が、高麗人を武蔵に移し、高麗郡を創設した。しだいにこの渡来人が青梅市にも移住してきた。のちの戦国時代に石灰石を焼き、江戸城の壁を造ったが、石灰製法技術も渡来人のものと思われる。

中世には武士団が活躍し、この地域の武士は村山党と思われる。当時の青梅には荘園はなく、未開の地であったと思われ、鎌倉時代後半に、「杣保(そまのほ)」といわれるものが形成された。村山党は桓武平氏で、北多摩,入間、青梅を勢力範囲とし渋谷の金王丸(こんのうまる)追善に塩船観音の功徳天が祀られている。畠山重忠は青梅市西部を領し、御嶽神社には国宝の赤糸威鎧(あかいとおどしのよろい)が奉納されている。
その後、杣保の地を領したのが三田氏である。三田氏は中世初期にまだ領国が確立していない時期に勢力をのばしおそらく地頭であったと思われる。
このため畠山重忠没後、領したのが三田下総守平長綱だと思われる。

武蔵名勝図絵に「三田氏は平将門の後裔にして勝沼殿と称す。往古のことは詳らかならず、鎌倉将軍家に属す」とある。
将門の叔父平良文から姓が村岡、千葉、相馬、三田、師岡と名乗っていく。
この相馬から、「そまのほ」という地名になったという説もあるが、杣は中世では天皇や貴族が領した山林という意味である。
三田氏を名乗る頃には将門後裔説は決定的な事実になっていたようである。

「胤興(たねおき)は三田弾正常陸介と称し、その子胤勝は武州三田荘に将門宮を建立、その子興秀は武州師岡に住す」と位牌の裏に書かれていた。

青梅近くの棚沢に将門神社がある。師岡は横浜の師岡だろうか。
師岡熊野神社(港北区師岡町1,137番地)には将門伝説が伝わっている。
山川出版社・中丸和伯著・「神奈川県の歴史」に
「相模は天慶の乱とはかかわりがないようだが、将門の巡検のほか、弟将頼が相模に逃れて討たれているので、かれらの「伴類」となった百姓のいたことを思わせる。横浜市港北区師岡には将門をまつる熊野神社があるが、これは百姓が将門の武勇と反抗をたたえたなごりであろう。
この百姓とは、下人、所従を農業経営に使い、富裕化し武力をたくわえて将門の「伴類」となったものであった。」とある。
この話は宮司さんにお会いして確かめたが、「将門ですか。怖いですね。そんな話は聞いたことがありません」と言われた。
三田氏の関係からか、羽村、青梅、奥多摩、そして秩父の将門伝説は多い。
 江戸時代になって八王子城落城の落人が石灰焼成を生業としていたが、幕府直轄領となって、そこへ大久保長安がやってきた。石灰焼成に長安が加わり、江戸の漆喰(しっくい)として青梅街道で江戸に運ばれた。石灰が漆喰(しっくい)に訛り、青梅街道は白粉(おしろい)街道といわれた。石灰のほかに綿織物(縦糸に絹,横糸に綿の織物—青梅縞)、林業もさかんであった。
 明治になると敷布団の綿織物が作られ、機がガチャンというと萬円儲かるという「ガチャ萬」といわれるほど、活気があった。現在では、織物も林業も衰退し、古い町並みを利用した映画看板の町として町おこしをしている。

旧稲葉家住宅 青梅市森下町499
b0228416_22225441.jpg
稲葉家の青梅縞:博物館蔵
b0228416_22234954.jpg
稲葉家の布団の生地:博物館蔵
b0228416_22243763.jpg


稲葉家は、江戸時代後期の建築で、有形民俗文化財に指定されている。
林業、綿織物の仲買商で、青梅有数の豪商であった。

金剛寺  青梅市天ケ瀬1032
b0228416_22265187.jpg
山門
真言宗豊山派で、青梅山無量寿院金剛寺と号す。
本尊は白不動明王画像。33年に一度の開張という秘仏である。
承平年間(931〜938)の創建と伝わる。開山は寛空上人とされる。
山門は寛文年間(1661〜1673)に建てられ都の有形文化財になっている。
平将門伝説の梅の古木がある。将門がこの地で仏縁を結び、「我願成就あらば栄ふべし」と、一枝の梅をさした。その枝が根付き、今の梅の木になったので、「将門誓いの梅」といわれる。そして夏が過ぎても梅の実が熟さず青い梅のままであることから「あおうめ」と名付けられた。これが青梅市の地名のゆかりという。不思議な木と思われているが、「稚態保留」という現象でまれにあることという。吉田梅郷の元の梅はこの「誓いの梅」といわれ、その元になった滝上家の梅も「稚態保留」である。
滝上家は現在も大きな構えで、将門が立ち寄ったときには大目家といい、大目(だいさかん)という国司の役職をしていた。そのときに将門が梅を植えて家の屋敷神は将門の植えた梅であった。大目家は青梅と姓をかえ、滝の上に住んでいたので後に滝上という姓になったという。(将門ブログ)

釜ノ淵公園


多摩川が大きく蛇行し標高173mの段丘上に、駒木野遺跡がある。
縄文時代の遺跡で秀作といわれる縄文土器が出土した。
青梅郷土博物館
b0228416_10425245.jpg

博物館に展示されている顔面の土偶

b0228416_22285652.jpg
日本オオカミの剥製写真
b0228416_22294497.jpg
オオカミの骨・護符の版木が左端にある
b0228416_22304541.jpg

オオカミの護符 :小倉 美惠子 著  
川崎市宮前区土橋の作家で、オオカミの護符が自宅の蔵に張られていることから、このあたりの農家と山岳信仰のかかわりなど民俗が書かれている。
我が家近くにも農家の小屋の柱に張られている。
今でも都筑区は御嶽講が続いているらしい。我が家には檜原村から登山した大岳山の護符がある。

昭和幻燈館  
昭和の情景とジオラマ

青梅赤塚不二夫会館  
赤塚不二夫が映画看板を手がけたことが縁で青梅に、記念館ができた。

昭和レトロ商品博物館  
昭和のパッケージやおもちゃなど昭和の商品がおかれている。この2階に雪女コーナーがある。青梅の積雪は昔は1m以上あったという。雪女が現れてもおかしくない。小泉八雲の雪女という作品は青梅の調布村の人に聞いた話が元になったという。青梅の多摩川には調布橋があって、そこに雪女の碑が建てられた。調布橋から下流の方に渡し船があって、雪女が登場する渡し守の小屋があったという。昭和初期まで船着き場にはおかん女郎、雪女郎、雪女などといわれる女の人の目撃談があったという。
雪女の冒頭
武蔵の国のある村に茂作、巳之吉と云う二人の木こりがいた。この話のあった時分には、茂作は老人であった。そして、彼の年季奉公人であった巳之吉は、十八 の少年であった。毎日、彼等は村から約二里離れた森へ一緒に出かけた。その森へ行く道に、越さねばならない大きな河がある。そして、渡し船がある。渡しの ある処にたびたび、橋が架けられたが、その橋は洪水のあるたびごとに流された。河の溢れる時には、普通の橋では、その急流を防ぐ事はできない。
茂作と巳之吉はある大層寒い晩、帰り途で大吹雪に遇った。渡し場に着いた、渡し守は船を河の向う側に残したままで、帰った事が分った。

住吉神社
b0228416_9181170.jpg
狛猫の恵比寿様
b0228416_11425274.jpg
狛猫の大黒天様

b0228416_22325525.jpg
拝殿
b0228416_2233811.jpg

b0228416_22331687.jpg
奥殿



参考:青梅市史・旧鎌倉街道探索の道 山の道編:芳賀善次郎・雪女:小泉八雲・青梅観光協会HP 東京都文化財HP・山口敏太郎の青梅の妖怪ツァー 将門ブログ
by gannyan1953 | 2013-03-08 22:53 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
海軍道路を歩いた
at 2017-08-12 22:23
柴犬朔太郎 また爆睡
at 2017-08-06 22:24
猿投神社  
at 2017-08-06 21:37
満蒙開拓平和記念館・長岳寺
at 2017-08-06 20:58
神坂(みさか)神社 阿智村
at 2017-08-03 20:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧