歴史と素適なおつきあい

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

乃木神社・氷川神社・勝海舟住居跡

歴史と素適なおつきあい番外編    2013・5・25(土)


乃木神社・氷川神社・勝海舟住居跡を訪ねて

青山一丁目から乃木神社方面に歩いた。
b0228416_19192.jpg

ピタゴラスイッチみたいな愉快な仕掛けにしばし夢中!
日本リテイリングセンターが作成したらしい。どんな会社かというと経営コンサルタントらしい。

すぐに乃木邸に到着
b0228416_1911356.jpg

b0228416_1911860.jpg

これは馬舎
通りからはれんが造りでかっこいい。

お隣が乃木神社
b0228416_1913224.jpg


b0228416_191251.jpg


宝物館に殉職当日の朝写された写真
b0228416_191273.jpg

奥様と自害された日本刀と短刀

乃木神社
祭神:乃木希典命・乃木静子命
日清、日露と戦った軍人で、詩歌にすぐれ、学習院長となり、
昭和天皇はじめ多くの生徒を育てた。大正元年9月に静子夫人とともに明治天皇に殉じた。

ミッドタウンで北アメリカ先住民の写真展をみる。
1905年の姿で失われた民族としてみていて悲しくなった。
気高い顔だった。
b0228416_19153118.jpg

東京ミッドタウンウエスト一階にある写真歴史博物館で開催されている。5月31日まで。

エドワード・S・カーティス(1868〜1952)
ウイスコンシン出身の写真家である。アメリカ先住民に深い敬意をもって写したという。
人間の尊厳を見事に表現され気高く美しい作品である。ーパンフレットより

富士写真フィルムフォトサロンではどこの国の風景なの?という作品があった。
岩崎量示写真展で、北海道のタウシュベツだという。
廃線になった鉄道の橋が半世紀放置されそれがまた美しい。

北海道に行きたくなった。できるだけ早く行こう。
この景色を見に。

b0228416_1913515.jpg

氷川神社で結婚式が行われその準備に鳥居の下で笛のお稽古をしていた。
浅野内匠頭の妻瑤泉院の実家・浅野土佐守の屋敷がここにあった。
近くに南部坂がある。

b0228416_1914556.jpg

勝海舟邸跡
b0228416_191427.jpg

勝海舟邸の説明板
もうひとつの勝海舟邸がプラザ赤坂にある。
平成になって発掘され茶碗などが展示されている。

b0228416_1914954.jpg

キリンビールのお店があり、ブラザートムがおしゃべりしていた。
神谷町近くのモリトラストという広場があって大勢の人がビールを
飲んでいた。
by gannyan1953 | 2013-05-25 19:28 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

神田明神

歴史と素適なおつきいあい番外編   2013・5・3

神田明神に厄よけのお札を返しに出かけた。

神田明神千代田区外神田2−16−2
b0228416_22261176.jpg

将門の首が江戸柴崎に落ちた。大地鳴動し人々が怖れた。
人々は首を埋めて塚とした。
神田明神の前身の社は、天平2年(730)武蔵国豊島郡江戸柴崎村(現大手町)にあった。
祭神は素戔嗚尊である。
その後も怪異がたびたび起こるので、徳治2年(1307)時宗の真教上人が
「蓮阿弥陀仏」という法号を贈り供養した。

神田明神最初の地
b0228416_22462585.jpg

これが大手町 将門の首塚である。
b0228416_22471667.jpg
 
この地に大蔵省があったときに多くの人が災難にあったために
建てられた供養碑
b0228416_22525948.jpg

首塚の由来

話は神田明神に戻って・・・
そして真教上人は延慶2年(1309)に近くのこの素戔嗚尊の社に祀り、
神田明神とした。
そして浅草の日輪寺で、供養した。

神田明神の移転

慶長8年(1603)徳川家康は征夷大将軍となり
江戸幕府を開き、神田明神を神田山(現駿河台)へ移した。
2代将軍徳川秀忠は、さらに元和二年(1616)神田明神を
湯島台(現在地)へ移転し江戸総鎮守とした。
江戸城鬼門の地にあたる。

お祭りの神輿は江戸城内に入ることが許されていた。

明治になって天皇に逆らった逆賊「将門」を祭神にする訳にいかず、
祭神からしばらくはずされていたが、昭和59年三ノ宮として祭神復帰した。

一ノ宮は大巳貴命(おおなむちのみこと)
二ノ宮は少彦名命(すくなひこのみこと)
三ノ宮が平将門命(たいらのまさかどのみこと)である。

訪れた日はお祭りだったので、神輿が展示されていた。
b0228416_2252674.jpg

b0228416_22521151.jpg

b0228416_22521996.jpg


神田明神のお守りはほとんど「神田神社」となっており、
護符に将門の名があるのみである。
将門好きにとっては
お守りにも「平将門」って書いて欲しい。
by gannyan1953 | 2013-05-06 22:57 | 平将門・鉄・秩父・神社 | Comments(0)

江田から犬蔵 なんちゃって鎌倉街道

歴史と素適なおつきあい番外編       2013・5・6
江田から中道は大山街道と同じで二子玉川に進むが
今回は支道を行く。稲毛氏の通った道である。
といっても道は消滅しているので、少しでも
近い道を歩く


b0228416_21481618.jpg

荏田宿常夜塔
国道246号線を渡ってアルスあざみ野の手前のお墓に入る。

b0228416_21485055.jpg

b0228416_2149777.jpg

虚空蔵菩薩
アルスあざみ野は虚空蔵山遺跡に建設された。

b0228416_2151255.jpg

関根のお大師様
柳水弘法大師縁起
四国八十八カ所の摩盧山焼山寺から勧請されたお大師様がある。
このお大師様の近くに柳の大木があって水が湧き出た。
病気だった人がその水を飲んで治ったという。
地名が関根だったことから「関根のお大師様」と呼ばれた。

b0228416_220759.jpg

観福寺
b0228416_21581383.jpg

宝剣山観福寺から見える中川

b0228416_2204840.jpg

b0228416_22144.jpg

驚神社
祭神は素戔嗚尊
古代に石川の牧という馬を飼育する場所があっったため、
馬を敬うことから神社名になったといわれる。

b0228416_2224391.jpg

伊勢社近くのお不動様
b0228416_223273.jpg

b0228416_228562.jpg


伊勢社 横浜市青葉区新石川2−11−7
祭神は大日孁尊(おおひるめのみこと)
江戸時代にできたらしい。

たまプラーザに向かうが道がないので
あちこち回ってみたが、美しが丘公園を通って
登っていく道だと思う。

参考: 旧鎌倉街道探索の道 中道編
by gannyan1953 | 2013-05-06 20:18 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

日光街道踏破 ③最終

歴史と素適なおつきあい番外編 2013・4・29

今市青少年スポーツセンター〜日光東照宮
b0228416_22501951.jpg

宇都宮二荒山神社
b0228416_22505630.jpg

六本木一里塚
b0228416_22511153.jpg

男体山 女峰山
b0228416_22514158.jpg

大人が4人は入れる洞 並木ホテルと呼ばれている
b0228416_22521564.jpg

昔ながらの日光街道 に感動! 慣れないスマホと格闘する我が夫
b0228416_22534464.jpg

高龗神社
b0228416_2354480.jpg

杉並木公園の狛犬かな
報徳という二宮金次郎にちなんだ蕎麦屋で昼食
b0228416_2391785.jpg

官軍が日光を攻撃したときの弾痕
b0228416_23104094.jpg

野口 薬師堂
b0228416_2310987.jpg

b0228416_23103127.jpg

弾痕ではなく男根!
日光には金精峠があるけど、ん?関係あるのかな
b0228416_23133883.jpg

天海さんだ  静岡の久能山から日光東照宮に家康さんを移した人。
でもほんとに遺体をはこんだのかな。
b0228416_23152480.jpg

神橋です。 無事終了!!

このあと東照宮を見学  携帯がおかしくなり壊れた
そこへ、拝観券を買いすぎてしまったから使ってくださいと
2枚もらった。ラッキー!

若いかわいいお坊さんが説明してくれその先は
「ここにしかない」と強調しておまもりを販売しはじめる
うっかりカモになるところだった

世界遺産になるとお寺もテレビショッピングのようになるのかな。
by gannyan1953 | 2013-05-01 22:45 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

日光街道 踏破②

歴史と素適なおつきあい番外編   2013・4・28

二日目雀宮〜今市の青少年スポーツセンター

b0228416_22125775.jpg

宇都宮駅でカシオペアをみた。食堂車で朝食をとっている人が手をふってくれた。
向こうからみると私たちどんなふうにみえるんだろうか。

b0228416_22173752.jpg

蒲生さん よくわからないなあ。
b0228416_22181011.jpg

蒲生さん 偉い人なんだろな
b0228416_22203252.jpg


b0228416_22202412.jpg

一向寺参道の碑に誘われ入ったが、寺は廃寺で、お墓とお地蔵さんがあった。
b0228416_2222374.jpg


b0228416_22225926.jpg

鳩舎があった 主人にいわせるとお利口そうな顔をしているらしい。
宇都宮裁判所近くの追分から日光街道に入るところに古民家あり。
現役で不動産を営んでいるらしい
b0228416_22263898.jpg


b0228416_22241064.jpg

大谷石の塀
b0228416_2227561.jpg

お迎えのできたての大谷石ピカピカの会社の建物
b0228416_22274814.jpg

b0228416_2228838.jpg

三峯神社と八坂神社の横が大谷石
b0228416_2230417.jpg

杉並木
b0228416_22314465.jpg

配水塔
b0228416_22454639.jpg

智賀都神社
b0228416_22321167.jpg

リンゴの花 リンゴの香りはしなかった
途中ケーキを買って食べながら歩き今市の青少年スポーツセンターのバス停で終了
50分かけて宇都宮まで戻り今晩はチサンホテル宿泊。
設備は古いが応対もよく、朝食はかなり豪華。
クラブツーリズムの団体がいっしょだったので、気づいたが、
2月に行ったクラブツーリズムのバスツアーのときのホテルの朝食と似ている
クラブツーリズム仕様になっているのかな。
by gannyan1953 | 2013-05-01 22:36 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

日光街道 踏破①

歴史と素適なおつきあい番外編      2013・4・27〜29

今回の街道歩きは小山から日光東照宮まで。

1日目
小山駅9時20分出発。
b0228416_21374075.jpg

須賀神社
祀神は素戔鳴命(スサノオノミコト)
藤原秀郷が将門打倒の戦勝祈願をした。
b0228416_21381068.jpg

橿原神社 (星宮)
b0228416_21531458.jpg

慈眼寺の観音堂
b0228416_2156857.jpg

なぜ十字を持っているのだろうか
b0228416_2223625.jpg

丸大ハムの工場にあった観音様 なんだかすごい存在感
b0228416_2233129.jpg

気になった民家
b0228416_224021.jpg

b0228416_2244112.jpg

星宮神社 なんだかかわいい社
b0228416_2253114.jpg

雀宮まで歩いて電車で宇都宮のスーパーホテルへ。

値段の割にエコエコとうたいサービス低下してる感じ。
朝食もよくなかった。
by gannyan1953 | 2013-05-01 22:10 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧