歴史と素適なおつきあい

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三渓園

歴史と素適なおつきあい番外編               2013・9・16

三渓園散策


友人が遠くに引っ越すのでお別れ旅行に出かけた。
桜木町2番バス乗り場から乗車したのだが、降りるバス停は
三渓園ではない。桜道という。
そこから3分なのだが、バス停からどちらに歩けばいいのかわからず困った。

クロアチアの女性に帰りのバス停はどちらと聞かれたが、帰りのバス停が
みあたらない。
仕方なく山手の通りまで送った。
観光都市横浜とは思えない場所だった。


三渓園(横浜市本牧三之谷58-1)

三渓園は明治末から大正にかけて製糸業で富を得た原三渓が、横浜三之谷に造った。
明治39年に一般公開された外苑と原三渓が私邸としていた内苑の日本庭園に
京都や鎌倉などから移築した建物があり、落ち着いた景観を造っている。

原三渓は世界遺産をめざす富岡製糸場を所有し、亡くなる前に片岡製糸に譲渡している。
富岡製糸場は官営だったが、三井に払い下げられ次に原に譲渡されたらしい。

原三渓は雅号(画号)で、本名は原富三郎という。
岐阜で生まれ原善三郎の孫の婿養子になった。
義祖父善三郎の所有した三之谷の別荘地に
家族との住まいとして鶴翔閣を建てた。

現在の外苑を明治に一般公開したことは洋風化され、忘れられて行く日本の文化を
人々に感じて欲しかったのと農村文化も残したかったと思われる。

鶴翔閣  横浜市指定有形文化財
b0228416_9555476.jpg

ソファーのある部屋から人々が集った広間がみえる
b0228416_2283977.jpg

玄関と広間の間の廊下の窓

b0228416_9591892.jpg

広間
運良く午後2時からの見学会に参加できた。
朝にならないと見学の予定がわからないという。

玄関から一番近い広間は
特に外国人の接待にも使われ、天井、襖など高く造られている。
そしてバリアフリーである。
外国人が多く訪れたことは戦争のときに役立った。
三渓園は、戦災を免れたからである。

近代日本の芸術家が集う場所で国宝級の美術品を蔵に収め、
訪れた文化人に鑑賞させ、彼らは泊まり込んで創作に励んだ。
このときの美術品は戦後の混乱で逸失した。

岡倉天心、横山大観、前田青頓の「三渓グループ」は有名である。
岡倉天心といえば、奈良の仏様を救った人である。
有名な阿修羅像も廃仏毀釈で、片腕がもぎとられていた。
その後文化財保護のため文部省に入省した経緯がある。
この建物が、日本美術を勉強して文化財保護にいたる
天心を手助けした場所になったのかと思うと、感慨深い。


歴代の首相も座ったというソファーにも腰掛けてみた。大隈重信と聞いた。

b0228416_2294611.jpg


家の中から蔵につながっているが、現在倉庫のようになっている。
ここに国宝級のお宝が沢山あったと思うと
今、散逸してしまったことが残念である。

次にある客間からの写真で、、よく見えないがこの建物が芥川龍之介もたびたび訪れていた部屋だそうだ。
客間は画家たちが創作する場所で、平山郁夫氏はここまで訪れたのに、畏れ多くて
部屋に入れなかったそうである。我々は画家ではないので部屋に入ったが。

b0228416_22997.jpg


ボイラー室

旧矢箆原家住宅
宝暦年間(1750)の岐阜県荘川村の名主だった矢箆原家の住まいを移築した。

天領だった荘川村は鉱山も多く、白川村と同じく硝石も作っていた。
もともと白川郷といって白川村と同じ村だったが、明治に白川と荘川に分割された。
戦国時代初期から金が採掘され江戸時代に天領となった。
この矢箆原家は岩瀬佐助の家といわれ岩瀬地区にあった。
ここには岩瀬金山もあった。
この辺りの名主クラスの家だったと思われる。

内部は本陣のように偉い人が通る玄関や、上段の間などあった。
門には畳の縁側がありお白州として使ったというから
裁きもここで行ったらしい。
まるで代官屋敷だ。

二階の蚕部屋もみたが、段をつけると三階、4階にもなり沢山のお蚕を育てた。
家族の居間から2階部屋に続く階段があり、のぞいてみたら板の間があった。
40人ほどの人が寝られるという。そこまで広くはみえないので
すごい雑魚寝だ。
これも荘川村の特徴で
山が多く土地が少ないので次男以下別に土地を与えられないので
一家全員が合掌造りの家に住んだ。

この家のあった岩瀬という土地はは御母衣(みほろ)ダムが建設されたとき水没した。
いまでも残っていたら、白川村のように世界遺産になっていたかも。
移植された荘川桜で有名になった。

b0228416_22295290.jpg

横浜ベイ東急(パンパシフィック) 12Fの部屋のバルコニーから

景色がよく、横浜市民も感動!
ちなみにバルコニー付き海側 ツイン43㎡ 朝食付き一人9500円
多くの外国人が宿泊していた。
by gannyan1953 | 2013-09-19 10:32 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

熱海のパワースポット 神社

歴史と素適なおつきあい番外編    2013  9月8日

熱海のパワースポット

熱海に泊まりに行った。
宿は大江戸温泉、最上階。料理もおいしく景色はばっちり。
通常一泊2食7800円らしいが、その部屋は3人泊で一人9800円でした。

b0228416_17651.jpg
来宮神社の大楠


丹那神社
b0228416_1744577.jpg

熱海で伊東線に乗り換え駅をでたら来宮と反対の梅園に向かって歩く。
梅園入り口を左に見て進むと右側に丹那神社がある。

神社からは真下に東海道線、横に新丹那トンネルを新幹線が通るのがみえる。
梅園近くで崩落事故があり、全体での犠牲者67名の鎮魂のために祀られた神社である。

詳しくは、歴史と素適なおつきあい「丹那トンネル」参照

b0228416_175185.jpg
慰霊碑
b0228416_1752649.jpg

丹那神社の下を通る丹那トンネル

丹那神社を出て右に、ずんずん坂を上って四つ角で右におりて行くと来宮神社につく。
駅をぐるりとまわったコースになる。

来宮神社

b0228416_17151144.jpg


祭神:ヤマトタケル・イソタケル・オオナムチ

奈良・平安期の征夷大将軍坂上田村麻呂公は戦の勝利を祈願し、熱海来宮神社の御分霊を東北地方を始め、各地を統制して行ったと伝えられる。

大楠があり、パワースポットで有名なので、訪れる人が絶えない。
太古の昔、7本の樟、椎、羊歯類で覆われていた。
しかし嘉永年間に熱海で「大網事件」が起こった。
漁業権を巡る争いだった。その訴訟費用のために5本の楠が伐られた。
現在の楠を伐ろうとしたら、白髪の老人があらわれ
両手を広げ木を守るような仕草をした。
神のお告げであると信じ、木を伐るのを中止した。

大楠は現在「不老長寿」「無病息災」の象徴で。
木の周りを願いを込めてまわると、願いが叶うという。

b0228416_23403513.jpg

摂社三峯神社
b0228416_23413871.jpg

ご眷属の大口真神
b0228416_23433096.jpg


宮前というお店で桜えびのかき揚げうどん500円
おいしゅうございました。
 
湯前神社
来宮から伊東線の高架をくぐって海に向かう 。
熱海駅まで歩いてもたいした距離ではない。

かわいい神社があった。旅館名がいっぱい書いてあり
昔私の姑がよく友人と行っていた宿名があり、なつかしく立ち寄った。

「志ほみや」

私もよく泊まりに行った。ネット予約なんてないころで、
駅近くリーズナブルな宿だった。
平成25年7月にリニューアルして「湯宿一番地」になった。

b0228416_15392712.jpg


式内社の「久豆弥(くづみ)神社」の論社で、旧社格は村社。社前には走り湯と並び熱海温泉本来の源泉とされる大湯(おおゆ)が湧いている。
ここが熱海の源泉なのかと感動!

大湯間歇泉
b0228416_15423912.jpg

b0228416_15424966.jpg


古来からの間歇泉で関東大震災のときにいったん止まってしまった。
以後細々だったらしく、現在人工的に一日6回噴出する。

b0228416_15425624.jpg


オールコック
イギリス人で総領事として日本に赴任した。
1860年9月11日(万延元年7月27日)には富士山登山(富士宮側)を行ったが、これは記録の残る中では外国人として初めての登山だったといわれる。

その帰りに熱海に寄ったのだが、愛犬「トビー」が、間歇泉のお湯が
噴きだしたときにお湯がかかって、大やけどを負って亡くなってしまった。
熱海の人は犬の墓を作り手厚く葬った。
感謝の気持ちであとからオールコックは石を送ったという。
墓石の撮影を忘れてしまった・・・
ペットにやさしい熱海の人の話でした。

ウイキペデイア参照
by gannyan1953 | 2013-09-12 17:02 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧