歴史と素適なおつきあい

<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

登戸研究所を訪ねて

歴史と素適なおつきあい   


明治大学平和教育登戸研究所資料館(川崎市多摩区東三田1−1−1)
b0228416_12213887.jpg


正式名称を第九陸軍技術研究所といい、
太平洋戦争の秘密戦という側面を担った研究所である。

b0228416_1222961.jpg

                                                研究所の玄関付近  現在は喫煙所

b0228416_12221559.jpg
 当時からあった木

防諜・諜報・謀略・宣伝という活動をしており、
世間からは隠された秘密研究所であった。

 明治大学は、負の遺産であるこの研究所の一部を
平和教育のため2010年に公開した。

ちなみに明治大学の中野キャンパスは陸軍中野学校(スパイ養成学校)の跡地である。
市川雷蔵の映画で存在を知ったが、
卒業生(浜松の二股分校)にルバングから帰国した
小野田寛郎少尉がいる。

登戸研究所は昭和12年(1937)、新宿にあった陸軍研究所の
「実験場」として設置された。
秘密研究所のため名称が「登戸研究所」となった。

終戦間近には100棟の建物に1000人の人が働き、うち750人は一般人であった。

主な兵器開発は、電波兵器、スパイ機材、生物化学兵器、偽札、風船爆弾などである。

研究所を指導していた参謀本部は、天皇に直属する機関で大本営の中核であった。
研究所は秘密の存在なので、研究者としてその役割を知って働く人々は
家族にもその存在を話すことはできなかった。

そして陸軍中野学校、憲兵隊、731部隊と連携して秘密戦を進めていた。


 終戦の年の3月に地上戦を意識し、登戸研究所は長野の上伊那、北安曇への移転を行った。
ここでの本格的な研究が行われる前に終戦となり、長い間記憶は封印された。

陸軍中野学校

昭和12年(1937)に戦争における謀略の重要性を感じ、
陸軍が中心となって「防諜研究所」を新設、
特殊勤務要員養成所〜後方勤務要員養成所〜陸軍中野学校と改名し、参謀本部直轄の軍学校だった。

この存在は極秘とされた。
東京帝国大学出身者が多く高い学識と冷静な視点が求められるため、軍人教育を受けていない一般人から選ばれた。
校風は自由で敵国語を話すこともも推奨された。
卒業後は参謀本部、アジア各地で義勇軍育成、諜報活動などしたが、

戦争末期には遊撃隊員として戦闘に加わった者も多くいた。

憲兵隊

陸軍に属し軍事警察、行政警察、司法警察を掌って(つかさどって)いた。
防諜といって国内の軍事情報を守るため、主に敵国スパイや、
自国民の取り締まり活動をした。登戸研究所の警備も憲兵隊に守られていた。

731部隊
関東軍防疫給水部で秘匿名称が満州731部隊という。
感染症、それを防ぐ衛生的な給水体制の研究をした。
登戸研究所第二科は秘密戦を兵器、資材の開発で支えた。
謀略といって、敵国の人々の国民生活を破壊、かく乱を目的に
爆発物、毒物、生物兵器などの研究開発をした。

現在中国ハルビンに残る731部隊の遺跡を世界遺産に登録する動きがでている。

帝銀事件への関与の疑い

帝国銀行支店で発生した青酸カリによる毒物殺人事件で、
毒物の扱いに慣れていると思われたため、731部隊の関係者が疑われたが、
GHQから捜査中止の命令があったため、多くの謎を残した。

薬害エイズ事件の首謀者

1980年代に血友病患者に、加熱処理していない血液凝固因子製剤を治療に使用したため、
多くのエイズ患者を生み出した事件。

この製剤を作ったミドリ十字社の幹部には731部隊の人々が存在し、当時731部隊が話題になった。

731部隊の医師たちは研究の成果をアメリカに渡したことで、戦犯を免れた。

生き残った人々は、日本の医学界の重鎮となった。
製剤会社の幹部や、また長崎医大で放射能汚染の患者を診察しこの医師たちが
チェルノブイリの患者をみた、
そしてその弟子たちが今回の放射能汚染について語る。

今でも731部隊の影は脈々と続く。

風船爆弾

第一科の研究で偏西風に乗ってアメリカ本土を直接攻撃するために開発研究され、
9300発の風船を放球した。

ふ号兵器」という。

昭和20年(1945)オレゴン州でピクニック中の子供を含む6名が不時着した
風船爆弾に触れて死亡した。

初期の頃は第一科は「ち号兵器」といって、超短波を利用したレーダー兵器や、

く号兵器」という怪力光線兵器を研究した。怪力を昔は「くあいりき」と書いたので「く号」となった。

偽札製造
第三科
中国経済を混乱に陥れること、現地で物資を購入し日中戦争をやりやすく進めることを目的に日本軍は中国の偽札製造をした。国際法的にも、道義的にも問題となる行為のため第三課の秘密は固く守られた。

資料館
実際に登戸研究所第2科が研究施設として使用していた建物で1937年から1941年に建てられた。

戦後、「36号棟」と呼ばれ明治大学の教育施設として使用された。

1944年三笠宮崇仁(たかひと)少佐(昭和天皇の弟)が研究所を視察し、
風船爆弾の開発状況をみていったという。

弥心神社(生田神社)
b0228416_12222093.jpg

弥心神社

キャンパス北西にあり前身である新宿戸山ヶ原にあった
陸軍の研究の神「八意思兼神」(やごころおもいかねのかみ)を分祀した。

研究中の殉死者も合祀されている。


b0228416_1222070.jpg

境内にある研究所の石碑





b0228416_1222440.jpg
動物慰霊碑

研究所で研究に用いられた実験動物の慰霊碑が正門そばにある。

b0228416_12215314.jpg
消火栓
陸軍のマークが入った消火栓がキャンパスに残っている。

b0228416_12215674.jpg

b0228416_12214810.jpg

b0228416_12214363.jpg




                       
                         参考:明治大学平和教育登戸研究所資料館ガイドブック・ウイキペデイア
by gannyan1953 | 2013-10-05 12:44 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ④の3

歴史と素適なおつきあい番外編    2013・10・4
石切り場の碑
b0228416_1523712.jpg

銷魂碑
これは会津藩の碑である。会津の松平容保の筆である。

とうとう白河にはいった。五街道最後の瞬間である。
しかし会津好きな私は足が重たくなった。

ここは戊辰戦争の激戦地だった。

ここで敗戦したことには大きな意味があり、
奥羽列藩同盟の解体をうながすことになる。

会津藩家老西郷頼母もこの敗戦の将として
ますます立場がむつかしくなり、
西郷家子女の自害につながる。
稲荷山にあった西郷頼母の句が書いてあった。
「うらやまし 角をかくしつ 又のへつ 心のままに 身をもかくしつ」
身を潜めて暮らす頼母の戊辰戦後の心情を詠んだもので、かたつむりが
うらやましいという意味である。


b0228416_15164411.jpg

会津藩士、田辺軍次の墓
白河口の戦いの際、白川領の入口にあたる白坂村の庄屋・大平八郎が、
新政府軍の道案内をし、新政府軍の勝利に貢献した。
大平は、新政府から感状と、白坂の「人馬継立(つぎたて)取締役」に任じられた。
宿場の責任者のような地位である。
この感状は、政府の公的記録である「鎮台日誌」にも記載され、
何かあると大平は、「鎮台日誌を見ろ」と自慢していたという。

旧会津藩士、21歳の田辺軍次は、遺恨を晴らすために、
戊辰戦争後の1870年、移封先の斗南から1ヶ月かけて白坂村にやってきて、
八郎を討ち果たし、自らも切腹した。
斗南での悲惨な暮らしが恨みを強くしたのか、悲しい話である。

もともと会津は京都守護職を任じられてから、
重税を課し民意は藩から離れていた。
そこへ東山軍は、税の半減を唱えていたから、
民衆が、西軍に味方しても仕方ない状況だった。


b0228416_1517836.jpg

b0228416_15171748.jpg




枡形の道の迎えに新政府側の藩士の墓がある
b0228416_15174464.jpg

長州藩と大垣藩の将兵6名の墓である。
明治9年に明治天皇が供養に立ち寄った。

東軍は捕縛され首を切られているのに、
天皇は西軍の墓参りだけをする。


この白河の戦いで、新撰組を率いていたのは斉藤一である。
土方はまだ会津で傷をいやしている。

b0228416_15184197.jpg

b0228416_15185293.jpg

b0228416_1519088.jpg

b0228416_15192080.jpg

稲荷山の権兵衛稲荷神社
斉藤一(新撰組)もお参りしたのだろうか。戦勝祈願なんて言って。

b0228416_15431852.jpg

奥州街道追分

これで五街道を制覇した。
7年前に愛犬を亡くし、供養に四国八十八カ所同行二人で行きたかったが、
孫が生まれ行く暇もなく身近なところで、日本橋から街道歩きを始めた。

五街道をめざすなか、山登りに他の街道(中原街道、八王子街道、大山道などそれから)川を河口から源流まで歩く、
イギリス、アイルランドの遺跡めぐりなど浮気もしたが、
やっとこれで愛犬の供養もできた。

めでたしめでたし。

道が続く限り私はこれからも進むのである。
いつもお留守番させてごめんね!  かわいい柴犬朔太郎!!
b0228416_15523215.jpg
このあと夫はひとりで、盛岡まで歩き続けることになる。トイレも食堂もない旅へ・・・・
これは夫ひとりで達成しよった。
歩きすぎて腰が痛くなり、年末手術に踏み切った

よって・・・・・なかなか街道歩きにでかけられない
青梅街道! 待っててくださいね。

by gannyan1953 | 2013-10-04 15:30 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ④の2

歴史と素適なおつきあい番外編    2013・10・4

4日目 芦野〜白川(白河駅)

b0228416_1673392.jpg

このあたりから白河の関に向かい道が多くなる
義経が平泉に向かった道は伊王野から右の方に行く東山道で
今の奥州街道と別れている。
芭蕉は往古の白河の関を人に尋ねながら探したらしい。
結果白河の関のあった場所をつきとめたらしいが。

b0228416_16125327.jpg

泉田の一里塚
b0228416_16133310.jpg

足尾山の石碑 足の神様らしい。
b0228416_16152912.jpg

初花
初花の清水とある。
 「飯沼勝五郎、初花」夫婦のゆかりの清水という。
夫婦の墓は東海道の箱根の、鎖雲寺という寺にある。
兄の仇の相手を夫婦で追求めて、箱根権現の霊験のおかげで、見事本懐を遂げるという話だ。

この地に二人の足跡があった。
ある時、勝五郎の兄が、佐藤剛助という侍のために、何の遺恨か知らないが闇討ちに合い、
ついに悲痛な最期をとげてしまった。
弟の勝五郎は、我が一命に代えても必ず兄の恨みを晴らしてやると心に誓った。
そして、佐藤剛助の後を追って旅立ちました。
しかし、仇が見つからない。
棚倉領内に宿を求めて領内を隈なく探そうと決意して町内を歩いていると、
北町の行灯屋清兵二で会い、しばらく世話になって仇を捜した。
北町の行灯屋の初花という娘が好きになり夫婦になった。

幸せな生活を送ったが、勝五郎は足腰が立たない躄(いざり)になってしまった。
仇も討たずに暮らしていたことが天罰かと思い。初花は夫の手足となって仇うちに
でかけることになった。
「いざりぐるま」に夫を乗せてその途中ここに少しの間滞在したという。

清水の上に勝五郎が瓢箪の形に彫りつけた岩がある。  
b0228416_21572189.jpg


b0228416_2292582.jpg

b0228416_2293659.jpg

b0228416_2294257.jpg

b0228416_22104416.jpg


寄居大久保 境の明神

b0228416_2223166.jpg

かわごという。
革籠原(かわごはら)の防塁跡」
1300m言ったところに、家康の会津討伐で、上杉景勝軍が陣を築いたところである。
歩くと遠いので行けない。

b0228416_2261358.jpg

金売り吉次の墓
b0228416_2264397.jpg

b0228416_2265391.jpg

義経が吉次の墓参りをして、立ち寄った八幡神社
by gannyan1953 | 2013-10-04 14:17 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ④の1

歴史と素適なおつきあい番外編   2013・10・4

4日目 芦野〜白川(白河駅)

芦野温泉は朝食時間が遅く、出発もゆっくりになってしまった。
9時出発

b0228416_14472077.jpg


芦野宿に入る 那須歴史探訪館方面に行く
b0228416_14474753.jpg

平久江家門
上級家臣にのみ許された格式の高い棟門。
b0228416_14491159.jpg

那須歴史探訪館
とてもきれいで、展示もわかりやすい。

入り口には、勝海舟の言葉が門柱に刻まれている。
小学校の門柱だったそうだ。

「愛惜精神留他日担当宇宙」
精神を愛惜せよ、他日宇宙を担当するにとどめよ

「蹉跎歳月問何時報答君親」
歳月を蹉跎すれば、いずれのときにか君親に報答するを問わん
蹉跎とは不遇、時期を失するという意味

親孝行は生きてるうちにしとけよって意味かな?


b0228416_156781.jpg

庭にあった芭蕉像
b0228416_1564167.jpg

ストーンプラザの入り口
b0228416_1572289.jpg

b0228416_159796.jpg

宿はずれの新町のお地蔵様
b0228416_15101022.jpg

遊行柳に向かう奈良川沿い  どうもこの道が昔の街道らしい
西行や芭蕉が通った道ってことかな
b0228416_15173771.jpg

遊行柳
奥州街道歩きをしていると「奥の細道ですか」と聞かれる。
奥州街道という言葉は聞かない。江戸道だったり街道名が違うこともあるのだろうが、
圧倒的に芭蕉ファンが多い。土地の人も芭蕉の奥の細道という感覚が強いようである。

ここが一番人出がある場所だ。芭蕉の最期の地の大垣より人が多い(笑い)

さて遊行柳とは
室町時代文明3年(1471)時宗19世尊こく上人が芦野を旅して
ここで柳の精の老翁を成仏させた宗教上の伝説がある場所である。
古来から人が集まり、能楽、謡曲、紀行文にも取り上げられる場所である。
元禄の頃芭蕉が訪れ一躍有名になった。
「田一枚植えて立去る柳かな」
芭蕉が西行を想ってしばしその場にいたが、
早乙女たちが田植えを田んぼ一枚が終わったので、
立ち去ったという意味らしい。

b0228416_15175923.jpg

遊行柳の奥にある上の宮温泉神社
b0228416_15341229.jpg

数百年の樹齢のいちょう

b0228416_15193415.jpg

b0228416_15193985.jpg

ベコ石
嘉元元年(1848)道徳振興のため、碑文で3500文字からなる石碑。
はじめの部分に牛首人身の炎帝神農氏が彫られているので、
ベコ石といわれる。
b0228416_1550483.jpg

神農
by gannyan1953 | 2013-10-04 13:37 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ③の2

歴史と素適ないつきあい番外編
b0228416_22234338.jpg


高久靄崖の墓(たかく あいがい)という白い標識がある。
江戸後期の文人画家でこの地、杉渡戸の生れである。

b0228416_2224060.jpg

こんな遠くからお伊勢さん遥拝とは。昨夜は遷宮だったのでここから参拝した。

b0228416_22242755.jpg


b0228416_17364840.jpg

b0228416_17365667.jpg

会三寺(えさんじ)
ここの地蔵堂には 第14代法印旺盛が、当時はしかが流行して幼児の死が多かったのを憐れみ、十余年にわたって111体も彫り上げた地蔵が納められているという。
b0228416_17371945.jpg

余笹川を渡る。
余笹川は平成10年8月に大水害を起し、死者6名もの被害を出したという。
橋も新しく造り替えられ見晴らし公園に水害の碑がある。

b0228416_17421076.jpg

牛の像の畜魂碑
b0228416_1744691.jpg

奈良川
b0228416_17442143.jpg

旧街道にひっそりとあった
b0228416_17453124.jpg


芦野温泉にむかう道で小さな蛇の横断を車にひかれないよう見守った
b0228416_17462116.jpg

芦野温泉は今日のお宿。

はとバスでうわーっと人が集まる温泉。
噂どおり薬湯は臭かったけどよかった。

レストランで、お酒飲みながら夕食をすませ、
翌朝は丁寧に作られた朝食をいただいた。
水素泉もいろいろと講釈があった。
街道歩きの疲れがとれたのでさすが温泉!。
by gannyan1953 | 2013-10-03 16:16 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ③の1

歴史と素適なおつきあい  番外編         2013・10・3

3日目 大田原〜芦野  芦野温泉泊 朝食付き8050円
パインズ温泉を8時出発、大田原宿見学

b0228416_1551113.jpg

那須与一像
b0228416_15512457.jpg

道標

b0228416_09401841.jpg
温泉明神こと大田原神社
b0228416_15542970.jpg
大田原神社の狛犬
これってオオカミだと思う
b0228416_15561659.jpg

大田原神社境内のお稲荷さん

b0228416_15574485.jpg

大田原城址
蛇尾川から眺める
b0228416_1603498.jpg

中田原の一里塚
b0228416_1615520.jpg

樹齢400年のコウヤマキ
b0228416_1641763.jpg

鍋掛の一里塚
b0228416_1652422.jpg

鍋掛神社
b0228416_16172432.jpg

那珂川 昭明橋から
b0228416_16184829.jpg

b0228416_1619548.jpg

b0228416_16194091.jpg

b0228416_16195581.jpg

諏訪湖の万治の石仏を思い出した




2に続く
by gannyan1953 | 2013-10-03 15:35 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ②

歴史と素適なおつきあい番外編

2日目 25、8キロ
氏家〜大田原  パインズ温泉ホテル大田原泊 1泊2食 7350円

宇都宮から朝電車で氏家まで。
西導寺
b0228416_1814987.jpg


西導寺は建久2年(1191)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。
仙禽酒造
b0228416_18224079.jpg



古戦場までコンビニもなく日帰り温泉「早乙女温泉」でトイレを借りた
硫黄のにおいがして入浴したかったが、街道歩きなので我慢。
古い施設だがお湯が自慢とある。ああ残念。

古戦場
b0228416_18241154.jpg

b0228416_18263744.jpg


天文18年(1549)、那須氏、喜連川塩谷氏500余騎と宇都宮尚綱率いる宇都宮軍2000余騎とが戦った古戦場で、激戦の末宇都宮軍は喜連川軍の鮎瀬弥五朗実光に背後から大将の尚綱が射たれ退散したといわれる。
b0228416_18265873.jpg

今日は雨降りなので旧道は歩かない。すべるから・・・・・

b0228416_14525529.jpg

喜連川手前の峠
b0228416_1453867.jpg

喜連川展望台がみえる

龍光寺
b0228416_14563817.jpg


足利尊氏の開基により創建されたと伝えられる。
東勝寺と号し、尊氏とその弟直義が全国に設置した安国寺利生塔のうち
下野国における安国寺に指定されたという。

戦国時代、喜連川城に入った足利頼氏は、豊臣秀吉の軍勢によって焼失したこの寺を再興し、
父頼純の法号から龍光院と改めた。
以後喜連川氏の帰依を得て江戸時代にはその菩提寺となっていた。
第二次大戦後の1953年(昭和28年)寺号が現在の龍光寺と改められた。

境内には、喜連川足利氏第4代昭氏が長寿寺(現鎌倉市)の足利尊氏像を模刻した像と
厨子になっている建物、
築堤をめぐらせた中に60基ほどの石塔、石灯籠があり、
喜連川足利家歴代藩主の墓所(さくら市指定文化財)がある。

b0228416_1581811.jpg


b0228416_159393.jpg

那須与一のトイレ 休憩場
町中・・・・那須与一だらけ・・・   ほかに有名人いないのかなあ・・・・・

正浄寺
b0228416_15104337.jpg

箒川の手前にある寺で
鎌倉時代の健保2年(1214年)宗祖親鸞聖人が佐久山宿の岩井孫八の家へ宿を乞い、
形見に阿弥陀如来の尊像を授与し、その尊像を安置するために孫八が御堂を建立したのが
正浄寺の起源である。形見ってお礼のこと!?

b0228416_15175936.jpg

箒川
b0228416_15181361.jpg

イトヨ生息地近く     わき水のきれいな流れにしばしうっとり
b0228416_1521266.jpg

宇都宮から聖徳太子碑が結構多い


b0228416_15315197.jpg


30キロ以上歩いてへろへろになったが、
思いがけず(ごめんなさい・ここスポーツジムなんです)
おいしい夕食に地酒、温泉と幸せな夜を過ごした。
「パインズ温泉ホテル大田原」
さん、むちゃくちゃリーズナブルな宿泊代で
ありがとうございました。
by gannyan1953 | 2013-10-02 17:51 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)

奥州街道踏破 白河へ①

歴史と素適なおつきあい番外編           2013・10・1

日光街道を終えて最後の五街道の奥州街道踏破の旅
宇都宮から陸奥白川をめざした。

1日目  宇都宮〜氏家  宇都宮チサンホテル泊ツイン8600円(18キロ)
2日目  氏家〜大田原  パインズ温泉ホテル大田原泊 二食付き7350円(25、8キロ)
3日目  大田原〜芦野  芦野温泉泊 朝食付き8050円(21、4キロ)
4日目  芦野〜白川(白河駅) 新白河から2時間で帰宅!新幹線は早い!(21、4キロ)

1日目宇都宮〜氏家
9:45 宇都宮駅着 (渋谷から宇都宮まで乗り換えなしの電車に乗った)

神社の手前にあった店
b0228416_18154953.jpg


宇都宮二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)
b0228416_18151573.jpg


祭神:豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)
第10代崇神天皇の第一皇子で、天皇の命で東国を鎮めたとされる。
毛野国(のちの下野国・上野国)の開祖とされる。

宇都宮氏は、ここの社家だった。社家とは神職を世襲する氏族のことである。

平将門の乱で、藤原秀郷がこの神社で授かった霊剣をもって将門を討った言われる。
そのときにかぶった兜が神社に伝わっている。
「三十八間星兜」(国の重要美術品に認定)というが、実際には南北朝時代に制作されたものらしい。

屋島の戦いでは、那須与一が船上の扇の的を射る時、

「日光権現、宇都宮、那須の温泉大明神」

と祈ったという。
この先、奥州街道には温泉神社が多くある。

戊辰戦争で焼失し、明治10年に再建された。


宇都宮城
b0228416_18491235.jpg


宇都宮というと土方歳三が思い浮かぶ。
「」としさんが会津の秋月登之助とともに先鋒を努め宇都宮城を陥落させている。
ところが、壬生で敗走、再び宇都宮で戦ったときに足を負傷してしまう。
そして会津に送られ、3ヶ月の療養生活を送ることになった。

という「としさん」が痛い思いをした場所なのだ。

篠原家住宅
b0228416_18583314.jpg


江戸時代から奥州街道口の現在の場所で、醤油醸造業や肥料商を営んでいた。
現在の建物は明治28年(1895)に建てられたもの。

根来塚
b0228416_18494537.jpg

b0228416_1850818.jpg


街道の「31アイスクリーム」を過ぎたら右折し、しばらく行くと神社がある。
白山神社で、白山比羊(しろやまひめ)神社から奉祀した。
 根来塚は神社の裏の林にある。
裏には民家もあり、ずいぶん前に塚の東半分は削られた。
林はあるが塚はわからなかった。

根来塚は殺された根来衆100人の銅塚だと伝わる。

「徳川秀忠が元和7年(1621)、宇都宮城改築のため派遣した根来組同心百人衆を、本多正純が処刑した。
ここに胴塚、首塚、馬塚が築かれたという。」伝承がある。

ほかの説に
元和5年(1619)に28代宇都宮藩主になった本田正純は、
家康から正純の父「正信」に託されていた「三河高橋衆」と「根来組同心」を
自分の家臣団に組み入れ、15万5000石の譜代大名として
宇都宮城に入城した。
という説もあり根来衆は本多正純の家臣だったことになる。


根来衆とは、江戸城守備のため家康に組み込まれた、鉄砲組根来同心百人衆のことである。
高橋衆(高橋組)とは家康が三河を統一したころからの身辺警備をした集団である。
矢作川の豊田市寺部町の出身で江戸出府の時に本多正信、正純父子の組に属したとある。

処刑理由は
宇都宮城郭拡大と町割り工事に伴い、三の丸太鼓門の前に防備強化のため
三日月堀(堀幅約22m、深さ7、6m、三日月形の長さ150m)を設けた。
この工事の使役を幕府から預かっていた、根来衆に命じたところ、
使役に反抗した。

正純は元和7(1621)12月、彼らを全員処刑し、
首と胴を別々に埋め、
根来塚には胴部を埋めたので「胴塚」ともいわれる。

後に本多正純は秀忠の前で、なぜ根来衆を殺したのかと聞かれ、
答えることができなかったという。

なぜ根来衆が反抗したのかがはっきりわからない。

家康側近で力を持ちすぎた本多正純も、家康亡き後は後ろ盾をなくし、
この件で、秀忠の怒りを買っては、持ちこたえられなかっただろう。
宇都宮釣天井事件につながる話となって、本多正純は失脚する。「うつのみやの歴史再発見」より

宇都宮の処刑場・首塚
栃木銀行の裏すぐのところにある。

b0228416_1933777.jpg

b0228416_18501757.jpg

b0228416_18501354.jpg


竹林町にあった土堂原刑場(とっぱら刑場)で、ここに根来衆の首が埋められているという。

宇都宮藩で起きた一揆として知られる籾摺り騒動の首謀者もここで処刑されたとのことである。

後に首と胴体が離れた白骨が多くでたという。

b0228416_11355237.jpg

鬼怒川を渡る
b0228416_11361535.jpg

氏家宿に入った

b0228416_11182459.jpg

将軍地蔵

源義家が奥州征伐にむかったとき、鬼怒川釜ヶ渕の悪蛇が道を塞いだ。
宗円法師の祈りで将軍地蔵が出現し、悪蛇を退散させた。
以後、勝山城を守護する寺院として堂原に将軍山地蔵院満願寺を建てた。

戦国時代に那須勢が攻めてきて、焼き討ちをしたので満願寺は焼けてしまう。
江戸時代、再建されて堂原地蔵堂となり、奥州街道の道中安全のご利益で
遠く秋田・会津の商人たちから奉納された、石灯籠などが残されている。



氏家駅から宇都宮に戻り、チサンホテル宿泊
夕食はみんみんで餃子!
by gannyan1953 | 2013-10-01 14:04 | 栃木県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧