歴史と素適なおつきあい

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新橋駅からの歴史探訪

歴史と素適なおつきあい番外編  2014・4・29

英訳してみたが、ほんとに英訳されているのかが英語力がないためわからない😓

「江戸・東京歴史探訪ウォーキング 山手線29駅発」のガイドブックを参考に新橋から歩いてみた
  • I walked in reference to a guidebook of "from Edo, Tokyo history sight-seeing walking Yamanote Line 29 Station" from Shimbashi



烏森神社KARASUMORIJINJYA
b0228416_20250916.jpg
b0228416_20251332.jpg
b0228416_20254049.jpg
烏森神社

浅野内匠頭終焉の地Asanotakuminokami Place of end

b0228416_20261058.jpg



ここの切腹最中のあんこ・そりゃおいしい!
今日はお休み・残念

Seppuku bean jam, it which is in the middle here is delicious!
I am disappointed today on a holidayToday 
 
仙台伊達藩屋敷跡Sendai Date feudal clan mansion trace

b0228416_20275887.jpg
b0228416_20281305.jpg
b0228416_20285940.jpg
b0228416_20290949.jpg
b0228416_20291814.jpg
伊達騒動の碑 Monument of the disturbance for show
愛宕神社ATAGOJINJYA


b0228416_20293721.jpg
b0228416_20302042.jpg
b0228416_20304420.jpg
いつきてもきつい!!

  • I am tired on steep stairs even if I come when

b0228416_20314044.jpg
b0228416_20315835.jpg
うちのおじさん写って怖いから・・・
Because our uncle copying is scary; ...
徳川家光に馬に乗ったまま階段を上り神社の梅の枝を手折って
家光公にさしだした
I went up the stairs with riding a horse to Iemitsu Tokugawa and broke off the branch of the plum of the Shinto shrine and held it out to Prince house light
優れた馬術を家光にベタほめされたお話が出世階段のいわれ
The story that I praise all over superior equestrianism for house light, and was done is the reason of success in life stairs

NHK放送博物館見学
  • Visit to NHK Museum of Broadcasting

愛宕神社向かって右の階段を下りるとソムリエ田崎さんの会社があった
There was a company of sommelier Tazaki when I went down the selfish right stairs for Atago Shrine
坂を降りて行くとお地蔵様があった
There was a guardian deity of children state when I went down the slope
b0228416_20392398.jpg
b0228416_20392827.jpg
卒塔婆だろうか?Is it a stupa?
この坂の下は廃墟も多く古い家と森ビルのコラボ
Collaboration of house and Mori Building where a lot of ruins are old in the bottom of this slope

仙石伯耆守屋敷跡(ニッショービル・消防会館)SENNGOKUHOUKINOKAMI Mansion trace
赤穂浪士がここに預けられた
そのときに足を洗った池があったという
it is said that there was the pond which sometimes washed its hands where I was able to leave Ako lordless samurai with here
b0228416_20401578.jpg
赤穂浪士のモニュメント

b0228416_20404340.jpg
b0228416_20405515.jpg
東日本震災のモニュメント

金比羅宮KONNPIRAGU

丸亀藩主京極高和が勧請
なかなか四国まで参拝できないので庶民は参拝したいと訴え
毎月10日を一般参拝の日にしたところよく賑わった
Marugame feudal lord Takakazu Kyougoku
I claimed that the common people wanted to go and worship because they could not readily go and worship to Shikoku and after doing 10th every month on a day of the public worship, it was good and was full


b0228416_20412102.jpg
b0228416_20413079.jpg
b0228416_20430542.jpg
b0228416_20431217.jpg
文政4年の鳥居
b0228416_20442922.jpg
向こうは大山街道であるThe other side is OOYAMA Highway



虎ノ門いわれのトラTiger of the Toranomon origin


b0228416_20451080.jpg
鉄道唱歌の碑 新橋駅Monument of the railroad song

b0228416_20455857.jpg

b0228416_20460982.jpg
銀座の柳GINZANOYANAGI
昭和4年には西条八十作詞、中山晋平作曲、佐藤千夜子歌う”昔恋しい銀座の柳”の「東京行進曲」が一世を風靡し、同6年柳並木が復活、再び西条、中山コンビ が「銀座の柳」を作り”パリのマロニエ、銀座の柳」と四家文子が歌った。
しかし、東京大空襲によりほとんどが焼失、その後復活したが、昭和43年 銀座通りの大改修等により、銀座通りから柳並木がなくなった。
現在は街の人たちの尽力により銀座の柳二世が育てられ、西銀座通りに復活した。

Tokyo march" of willow "of Ginza where Yaso Saijo words, Shinpei Nakayama composition, Chiyako Sato yearned for" to sing in old days in 1929 was predominant in a generation, and a willow row of trees revived for six years, and Saijo, Nakayama combination made "a willow of Ginza" again, and horse chestnut tree of "Paris, willow and Fumiko Yotsuya of Ginza sang.
However, most were destroyed by fire by Tokyo blitzkrieg, and it revived afterwards, but a willow row of trees disappeared by great repair of the Ginza Street from Ginza Street in 1968.
The 2, Yanagi world of Ginza was brought up by the aid of people of the town and revived now in west Ginza Street.


b0228416_20460355.jpg
新橋跡SHINBASHI Trace
b0228416_20481878.jpg
観光バスが並び中国人でいっぱいだった
Sightseeing buses formed a line and were full of Chinese
浜離宮の踏切  Hamanorikyuu  Railroad crossing

b0228416_21071580.jpg
b0228416_21072890.jpg
b0228416_21072382.jpg

浜離宮
b0228416_21124426.jpg
b0228416_21130014.jpg
b0228416_21131387.jpg
三百年の松
b0228416_21140643.jpg
b0228416_21141378.jpg
b0228416_21144746.jpg
b0228416_21145602.jpg
b0228416_21151803.jpg
吉宗が呼んだインド像が飼われていた地

 当ブログ「東海道・川崎宿」より抜粋


川崎の小土呂橋を渡った象として紹介

1729年に吉宗の注文で中国人が連れてきたベトナムの象も歩いたといわれる。
雌雄だったのが長崎上陸 の3ヵ月後にメス象は亡くなりオス象だけが東海道の箱根も越えてやってきた。
長旅の疲れで飼育係の苦労は大変なものだったらしい。
室町にも象は渡来した が、今回は陸路をいくことで多くの庶民の目に触れることになった。
途中京都においては「従四位広南白象」を与えられ、御所に参内し前足をおり最敬礼の芸を している。
江戸にはいった象は熱狂的な江戸庶民に迎えられ市中を練り歩いている。
浜御殿に収容され。
二日後には江戸城に参上し、吉宗を喜ばしている。
何度 か吉宗は江戸城に召し出しているという。
その後1741年「見晴らし」という掛け小屋をもつ中野村の源助という百姓に払い下げられ
見世物の他、糞を乾燥して薬として売ったらしい。管理の悪さから一年後に象は病死した。
The Vietnamese elephant which a Chinese brought by an order of Yoshimune in 1729 is said to have walked.
The female elephant died three months after the Nagasaki landing, and only a male elephant went over Hakone of Tokaido, and it came over to have been the sex.
The trouble in charge of the breeding seemed to be a great thing for the fatigue of the long journey.
The elephant was brought over in the Muromachi era, but will meet eyes of many common people by going the land route this time.
I am given "従四位広南白象" on the way in Kyoto and I do 参内 in the Imperial Palace and break forefoot and do the art of the most respectful bow.
I am met by the enthusiastic Edo common people, and the elephant which entered Edo parades around the whole city.
It is accommodated by the beach palace.
I visit Edo-jo Castle two days later and delight Yoshimune.
It is said that Yoshimune calls you into Edo-jo Castle several times.


It was disposed to a farmer called Gensuke of middle Nomura having the temporary hut called "the view" for the next 1,741 years and I dried feces and, other than a show, seemed to be sold as medicine. The elephant died of an illness one year after the badness of the management.

b0228416_21214536.jpg
富士見山頂上ベンチからの景色
b0228416_21232384.jpg
b0228416_21233736.jpg
b0228416_21234762.jpg
稲生神社
b0228416_21250954.jpg
ボタン
築地市場

b0228416_21252586.jpg
波除稲荷神社
b0228416_21255224.jpg
b0228416_21255562.jpg
b0228416_21255859.jpg
b0228416_21260323.jpg


b0228416_21260674.jpg




築地本願寺Tukijihonngannji
浄土真宗本願寺派の寺で最初は浅草にあったが明暦の大火で焼失、ここに移転するが土地は埋め立てた。
そこで築地という。
関東大震災で焼失、現在のインド様式の建物にかわった。設計は伊東忠太である。

It was in Asakusa first, but destruction by fire moved by a big fire of the Meiryaku era here, but the land filled it up in the temple of the Jodo Shin sect of Buddhism Honganji group.
Therefore I say Tsukiji.
I turned into destruction by fire, the building of the current Indian style by the Great Kanto Earthquake. The design is Chuta Ito.




b0228416_21282730.jpg
b0228416_21294123.jpg
b0228416_21363853.jpg
b0228416_21391507.jpg
土生玄碩の墓・江戸時代目医者
b0228416_21403583.jpg
間新六の供養塔

b0228416_21423246.jpg

聖路加病院
b0228416_21491810.jpg
b0228416_21492351.jpg
b0228416_21494850.jpg
聖路加大学
b0228416_21501316.jpg
b0228416_21504278.jpg
Asano Takuminokami mansion trace
b0228416_21512484.jpg
b0228416_21512484.jpg
b0228416_21522317.jpg
終了









by gannyan1953 | 2014-05-01 21:52 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

東京駅歴史散歩

歴史と素適なおつきあい番外編 2014・4・27(日)

江戸・東京歴史探訪ウォーキング 山手線29駅発 を参考に歩いた
b0228416_19434765.jpg
b0228416_19454351.jpg
八重洲口
b0228416_19460111.jpg
岡山県ゆるキャラ・桃太郎
b0228416_19462505.jpg
一石橋脇
江戸期~明治期にかけて付近はかなりの繁華街であり、迷い子が多く出た
当時は迷い子は地元が責任を持って保護するという決まりがあり、地元西河岸町の人々によって安政4年(1857)
「満よひ子の志るべ(迷い子のしるべ)」が南詰に建てられた
b0228416_19502071.jpg
b0228416_19515000.jpg
一石橋から常磐橋をみる
b0228416_19514289.jpg
b0228416_19523404.jpg
b0228416_19525705.jpg
日本橋
b0228416_19531494.jpg
佐藤栄作書
日本橋の文字は徳川慶喜書
b0228416_19540054.jpg
麒麟はいつみてもかっこいい!!
b0228416_19543244.jpg
COREDO日本橋アネックス広場
b0228416_19562557.jpg
COREDO日本橋アネックス広場
b0228416_19563952.jpg
b0228416_19565647.jpg
木原店
b0228416_19571704.jpg
ランチ 海鮮丼1000円
b0228416_20054244.jpg
日本銀行
b0228416_20061606.jpg
日本銀行
b0228416_20064608.jpg
b0228416_20065826.jpg
澁澤栄一像と説明板
b0228416_20075370.jpg
将門塚の説明板 新しくなったような?
b0228416_20083050.jpg
皇居大手門のアイドル
東御苑でコーヒー飲んで瀬戸の陶工の作品をみた




by gannyan1953 | 2014-05-01 20:12 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
海軍道路を歩いた
at 2017-08-12 22:23
柴犬朔太郎 また爆睡
at 2017-08-06 22:24
猿投神社  
at 2017-08-06 21:37
満蒙開拓平和記念館・長岳寺
at 2017-08-06 20:58
神坂(みさか)神社 阿智村
at 2017-08-03 20:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧