歴史と素適なおつきあい

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

政治の中心でご飯を食べる

小雨降る中決行しました。法務省のギャラリーも説明がわかりやすく
好評でした。国会議事堂はグループでは当日受付できないので
オプションで希望者のみにしましたが、大半行かれこれも好評でした!


日時:6月19日(金) 9:45
集合:日比谷線「日比谷」駅B2出口上がった所。お堀に面し、第一生命と帝国劇場があります。

第一生命・・日比谷見附・・桜田門・・法務省「法務史料展示室」・・昼食:農林水産省食堂・・
国会前庭・・憲政記念館・・日枝神社・・溜池山王駅

第一生命
b0228416_09055764.jpg
列柱の並ぶ昭和初期の西洋建築である。戦後GHQが置かれ、6階にマッカーサーの最高司令官室がある。

日比谷見附
b0228416_09062230.jpg
江戸城の日比谷見附の石垣が残る。見附とは街道の分岐点にある見張り所である。ここで甲州街道が桜田門の方に曲がる。日比谷公園は江戸初期、初代仙台藩主 伊達政宗終焉の場所で、仙台藩上屋敷があった。正宗がいたころは徳川秀忠、家光も数度訪れたという。3代までここが屋敷であった。その後は長州藩毛利家上屋敷と佐賀藩鍋島家上屋敷になったが、明治になって焼失、陸軍練兵場になった。
明治36年にドイツ式庭園として開園した。日比谷公会堂は昭和4年(1929)安田財閥の安田善次郎によって寄付された。日比谷焼討事件(日露戦争のポーツマス条約で賠償金が取れなかった事への反発)や、
社会党浅沼稲治郎が演説中右翼少年刺殺された事件があった。
b0228416_09073912.jpg

桜田門
b0228416_09063404.jpg
家康入国時に小田原口とよばれた。ここは「桜田門外の変」が起こった場所である。大老の井伊直弼が、勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印、徳川家茂を将軍職に決定した事、さらにこれらに反対した人々を処罰した(安政の大獄)これに激怒した水戸浪士らが登城する大老を襲撃殺害した事件である。享年46歳だった。供ぞろい60人ほどで節句の祝で、桜田門にむかう曲がり角あたりで襲撃されたという。

桜の井
b0228416_09064584.jpg
もとは加藤清正の屋敷があり清正が掘ったと伝わる。井伊家上屋敷の表門前に位置し、「甘泉」といわれた。
国会前交差点の真ん中にあったが、ここに移された。

法務史料展示室メッセージギャラリー
b0228416_09093517.jpg
司法の近代化、建築の近代化に関する史料を展示している。創建当時は食堂だった場所が展示室になっている。残っていた写真をもとに復元された。明治政府は近代国家の体制を整えるため西洋式建築の官庁をめざした。ドイツの建築家を招き構想を練ったが壮大で実現できず実際に建ったのは司法省と最高裁判所だった。
法務省のれんが棟は明治28年(1895)に完成し、関東大震災でも被害がなかったが、れんが壁とれんが床を残して戦災で焼失した。
平成6年に創建当時の姿が復元された。

農林水産省北館
国産食材を味わおうと入館証なしで入れるレストランがある。材料の自給率が展示されている。消費者の部屋では当日は食育についての展示がある。

国会前庭
南(日本庭園)には摂州三田藩上屋敷があった。明治以降皇室の霞ヶ関離宮になった。北(洋式庭園)は
熊本藩加藤清正の屋敷があった。国会前交差点のあたりに清正邸の壮大な表門がり、朝日に映えて濠の水が金色に染まったという。そのあとの彦根藩井伊家の門は丹塗りの門で赤門と呼ばれた。
ここの東部は陸軍参謀本部がおかれ、5万分の一の精密な地図が作成された。その標高基準として明治24年(1891)日本水準原点が設置された。古い台地で地盤沈下の影響が少ないからと設置されたが、東日本大震災で24ミリ沈下し、原点標高は24、39mに改正された。原点標高は、三浦半島油壺にある験潮場と定期的に行われる原点水準測量によって点検されている。

憲政記念館
b0228416_09070516.jpg
昭和45年(1970)に議会政治80年を記念して開館した。国会の組織、運営、憲政の歴史など展示している。議場体験コーナーもある。

国会議事堂
b0228416_09071843.jpg
大正8年(1919)に議事堂設計図の公募があり渡辺福三の作品をもとに大蔵省が設計をした。関東大震災で工事が中断されたが昭和11年(1936)ようやく竣工した。初めての開会は第70議会だった。外装は花崗岩、鉄骨、鉄筋で内部はすべて国産の石、布、木彫など、装飾施工されている。石の中には化石が含まれているものがある。



参考:東京都歴史散歩:山川出版・それぞれ施設のパンフレット
by gannyan1953 | 2015-04-26 09:00 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

おしゃもじ様

歴史と素適なおつきあい番外編           2015・4・14

センター南近くにおしゃもじ様がある。
茅ヶ崎中央60−23付近である。
中川〜センター南の歴史散策 参照

b0228416_14240415.jpg
鶴見川流域フィールドワーク調査報告に
おしゃもじ様について書かれている。

私は諏訪の神様「みしゃぐじ」からと考えているが、
石神(しゃくじん)や、堰の近くにあったから堰から咳になり
百日咳や風邪の神様になったという説はうなずける。

真福寺のおしゃもじ様 荏田町432−8
本堂から左側にある小さな祠である。
もともとは江田高校の崖上にあったという。
ここは馬駆けの道のスタート地点だった。

鉄町のおしゃもじ様 青葉区鉄町1696
桐蔭学園の近くの志村家のものである。

小机のおしゃもじ様  港北区小机町1379
本法寺にある。蛇苦止明神とよばれ女神だという。

大豆戸のおしゃもじ様  港北区大豆戸安山239
八杉神社にあり、羽黒大明神とよばれている。

鶴見神社のおしゃもじ様 鶴見区鶴見中央1−14−1
鶴見神社にあり関神社という。関は堰〜咳なのか。
中には金山比売命と金山彦命と書かれた板がある。
金属の神様である。金属精錬に使う羽口もあるという。

潮田のおしゃもじ様 鶴見区潮田1−35−2
潮田一丁目町会会館の隣にある。
お稲荷様になっている。

生麦のおしゃもじ様 鶴見区生麦4−15−4
生麦小学校の南にある。
御社母子稲荷神社という。
武蔵風土記稿には社宮(しゃくし)神社とある。

参考:鶴見川流域フィールドワーク調査報告:横浜市歴史博物館



中川〜センター南の歴史散策 より抜粋
みしゃぐじ様 

「みしゃぐじ様」は現在の諏訪の神様(建御名方神・たけみなかたのかみ)
の前に、祀られていた神ではないかといわれている。

出雲から逃げてきた建御名方神がみしゃぐじ様に代わって
諏訪の神様になった。
諏訪には独特の祭祀や、風習が残り
みしゃぐじ様のころからのものではないかと思う。

この神は社宮司、遮愚璽、杓子、舎句子、石護神、赤口神と書かれる。
武蔵を東限に尾張、伊勢、飛騨を西限に分布し、
武蔵、相模には40社を数えた。
諏訪の神様の信仰圏である。

みしゃぐじとイサク

諏訪大社の御頭祭で、江戸時代中期まであった
「おこう」といわれる祭祀があった。
おこうとは神使、御神と書く。

生贄にされる少年を「おこう」と呼ぶ。
まず「御贄柱」(おにえばしら)という柱に
桑の木の皮でつくられた縄で縛られる。

そして柱ごと竹のむしろにの上に上げて刃物が登場する。
そこへ諏訪の国司の使者や神官が現れ少年は解き放たれる。

この話は聖書のイサクと似た話である。

創世記22章によると、神はアブラハムに、
イサクを連れてモリヤの地に行くように、命じられた。
そこでイサクを「いけにえ」として捧げよ、といわれた。
アブラハムは仕方なくモリヤの地についたら、
イサクを縛りたきぎの上に横たえた。
小刀でを振り下ろそうとしたとき、神は天使をよこして手をとめた。

そこで神はやぶにいた羊を示された。
イサクのかわりに羊を生贄とした。
アブラハムは神から祝福され子孫は繁栄した。

諏訪大社の御頭祭では羊ではなく、鹿が生贄にされた。

みしゃぐじはミサクチ、そしてイサクであるという説である。

諏訪大社の山の名は守屋山で、
御頭祭を行ってきた氏族の名は守矢氏である。
やりすぎ都市伝説のような話だが、なかなか面白い。







by gannyan1953 | 2015-04-14 12:23 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(2)

小島萬助と竹橋事件

歴史と素適なおつきあい番外編            2015・4・9

鶴見川流域フィールドワーク調査報告を読んだ。
竹橋事件の首謀者のひとり小嶋萬助について書かれていた。
墓が港北区にあるので今度墓参りにでかけようと思う。
竹橋事件は長い間隠されており
この事件の影響で軍人勅諭、憲兵創設、皇宮警察などの設置が行われた。


小島萬助(こじままんのすけ)
港北区箕輪出身の近衛砲兵大隊の兵である。
竹橋事件で処刑され、享年23歳であった。
小嶋粂右衛門の次男で墓には馭卒(ぎょそつ)とある。
馭卒とは野砲をひく馬の馭者であった。
萬助は中心人物の一人だった。
同じく処刑されたいっしょに蜂起した人々は農民の次男三男が多かったという。
貧しい農家の次男三男は家督を継ぐわけにも行かず他家の養子になるか、
軍隊に入る事しか生計が立てられなかったのかもしれない。
深川の越中島で銃殺された。
小島萬助は港北区箕輪にある大聖院に眠る。
b0228416_12144631.jpg
お墓は大勢で見学にきたことがあるそうで
現在は公開をしていない。

お寺を訪れる時はまず本堂にお参りしてお墓にも手を合わせるように
するべきだと思う。


竹橋事件
明治11年(1878)8月23日23時半に起こったクーデターである。
竹橋に駐屯していた近衛砲兵大隊兵士竹橋部隊を中心に
259名が蜂起した。
戦後に明かされた事件である。

翌日午前2時には鎮圧され短い時間であった。
明治10年の西南の役に従軍し薩摩軍に怖れられ働いた。
しかし凱旋後に勲章ももらえず、減俸、物資支給も減らされた扱いに
不満を持ったという訴えであった。
ちなみに大尉は恩賞をもらっている。
大隈重信(大蔵卿)公邸を銃撃、周辺の民家に放火した。
大隈邸を襲撃したのは行賞の削減をしたと言われていたからである。
政府は西南の役でお金を使い過ぎ財政難だった。

鎮圧後、尋問され10月15日に判決が下る。
うち銃殺55名、准流刑118名、懲役15名、鞭打ちと禁固1名、禁固4名となった。
226事件でもこんなに多くのの処刑者はいない。
不平分子を蜂起するようにしむけて壊滅を謀ったかという説もある。
天皇を護る兵士たちの蜂起が許せなかったのか。
広がりつつあった自由民権運動の影響を懸念してのみせしめの処刑だったのか。

軍人勅諭
「上官の命を承ることは実は直ちに朕が命を承る義なりと心得よ」
絶対服従の軍隊を作り上げていくきっかけだ。
このころより太平洋戦争を伺わせる軍部の動きが怖い。


大聖院
b0228416_12143330.jpg
景谷山東観寺と号し、天台宗の寺である。開基は慈覚大師で大同年間(806〜809)に建立された。
この大聖院の裏山に昭和20年海軍の艦政本部の地下壕が作られた。
この年4月5月に空襲を受け民家も50軒が燃えた。

地下壕入り口付近に工事現場事務所や、反対側の山の麓には朝鮮人労働者の住居があった。
大聖院も5月に焼け落ち今なお境内の木にその跡が残る。

参考:鶴見川流域フィールドワーク調査報告・横浜市歴史博物館
   火はわが胸中にあり―忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件:澤地久枝

   近衛兵の叛乱―竹橋事件顛末記:早乙女貢

   日吉帝国海軍大地下壕初版本:日吉台地下壕保存の会




by gannyan1953 | 2015-04-09 13:00 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

八幡山の桜

b0228416_22564041.jpg
昔はお友達いっぱいだったのに・・・・僕だけ二代目だからな・・・・
            by 朔太郎

八幡山の変遷






by gannyan1953 | 2015-04-03 22:59 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
海軍道路を歩いた
at 2017-08-12 22:23
柴犬朔太郎 また爆睡
at 2017-08-06 22:24
猿投神社  
at 2017-08-06 21:37
満蒙開拓平和記念館・長岳寺
at 2017-08-06 20:58
神坂(みさか)神社 阿智村
at 2017-08-03 20:45
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧