歴史と素適なおつきあい

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

皇居ぐるりウォーキング

中川歴史ウォーキング23    2016・6・18(土)



皇居のまわりは今やランナーが多くなっているものの
広々とした空や緑に包まれた景色は気持ちがいい
いろいろな時代の歴史満載の場所である


b0228416_21170546.jpg
旧近衛師団司令部があった建物


集合:9:45 半蔵門線「大手町」C13a(大手門方面)出口でたところ
   お昼は九段下かお天気よければ北の丸公園でお弁当を広げることもできます




大手門
b0228416_21244476.jpg


江戸城正門にあたり大名たちが出入りした。桔梗濠と大手濠を左右に見て
土手を進むがかつては橋だった。元和6年(1620)伊達政宗らのお手伝い普請によって築造、費用は人夫の延べ人数42万人、黄金2676枚であったという。明暦の大火で焼失し再建された。太平洋戦争で渡り櫓が焼失するもこれも復元され
かつての江戸城の威容が再現された。

和気清麻呂像
2016年現在工事中。
奈良時代の廷臣である。称徳天皇が寵愛していた道鏡が天皇になれば
天下太平になるというご神託が下った。その真偽を確かめに、宇佐八幡に出かけ
新しくご神託を授けられた。それは道鏡を否定するものでそれを聞いた
称徳天皇は怒り清い名前ではないと「別部穢麻呂」と改名させた。
その後道鏡は失脚する。
桓武天皇には重用され平安遷都に尽力する。
昭和15年に建国2600年を記念して天皇の忠臣であると
銅像が建てられた。

平川門


b0228416_21345290.jpg


家康入国前からあり、門の前を平川が流れ木の粗末な門だったという。
寛永12年(1635)枡形門と番所が築造された。関東大震災で被害にあい
再建された。
江戸城の裏門、大奥に近い門なので、大奥の出入りや
ご三卿(清水、一橋。田安)の登城門でもあった。
城内の死者や罪人もここを通ったので「不浄門」とも呼ばれた。
赤穂の浅野内匠頭もこの門から出されている。
左手に帯曲輪といって幅10mほどの土手が平川門と竹橋門を結び
防御線の数を増す効果をねらっている。藤堂高虎の発案だという。

竹橋(たけばし)
家康入国のころ竹で編んだ橋が造られたというがさだかではない。

太田道灌江戸城築城の碑



b0228416_21354407.jpg

室町時代の武将で江戸城を長禄元年(1457)に築城したといわれる。
大山阿夫利神社を訪ねて   太田道灌の墓に行きます


清水門


b0228416_21572959.jpg


b0228416_21562849.jpg

b0228416_21580757.jpg

b0228416_22015626.jpg
石につけられた印が見える

b0228416_22024450.jpg
すてきな階段

b0228416_22032847.jpg


寛永元年(1624)に建てられた枡形の門である。
このあたりに湧き水があったことからこの名がついた。
宝暦9年(1759)9代将軍家重の第2子が門内に住み
清水家と称した。文久3年(1863)の本丸炎上の時
将軍家茂と静寛院宮が一時ここに移ったといわれる。

吉田茂像

b0228416_22011053.jpg
戦後7年首相をつとめた。
外務大臣、駐英大使など歴任し欧米に明るかったことから
戦後の復興に尽力した。  吉田茂邸を訪ねました 大磯を訪ねて


岳麓山百合移植の碑


b0228416_22055760.jpg
   兵営に山百合を植えましたという碑
碑をつくるほど感動的なことだったのだろうか
兵士たちは故郷に咲く山百合を思い浮かべたのかもしれない

北桔橋(きたはねばし)

b0228416_21474979.jpg


b0228416_21522916.jpg

本丸大奥から外部に直接通じる橋で重要な地点だったため濠を深くし
石垣も堅固なものであった。橋ははねあげるように造られており、
有事の際には跳ね上がるように備えていた。
太田道灌の時代にはここが大手門だった。

乾門

b0228416_22042796.jpg
明治なってから造られた京風の門で、皇居の乾の方向北西に造られた。




北白川宮能久(よしひさ)の銅像
b0228416_22130272.jpg



b0228416_22131733.jpg


輪王寺宮公現法親王といい、戊辰戦争で彰義隊や奥羽列藩同盟に擁立された。
明治になって朝敵となったことが許され北白川宮家を継いだ。
軍人になりドイツに留学したが、そこで貴族女性の未亡人と恋に落ち
婚約するが帰国後山県有朋らに説得され結婚を断念した。
日清戦争割譲された台湾征討近衛師団長として台湾を平定した。
ところがマラリアにかかり亡くなってしまった。
台湾には祭神として60近くの神社があったが、戦後に廃され
靖国神社に合祀された。
幼い頃からそ僧侶に育てられ朝敵となって
東北を転々とし、後に台湾平定の英雄にされ、病没したことから
ヤマトタケルにたとえられた。



東京国立近代美術館工芸館

b0228416_22051278.jpg
建物はゴシック建築で当時の貴重な遺構である。
旧近衛師団司令部庁舎で明治43年(1910)に建てられた。
このあたり徳川忠長の屋敷があった。
半藤一利「日本のいちばん長い日」で有名だが
玉音放送を巡って降伏反対の将校たちの反乱で
師団長がこの建物で殺害されている。

北の丸公園には太田道灌の時代田安明神(筑土神社)があり
家康入国後は関東代官の屋敷があった。
その後徳川忠長の屋敷があり、明暦の大火で焼失後は清水門近くには
清水家、田安門近くに田安家が屋敷があった。
明治になって天皇を護る近衛兵が入営した。
最精鋭の兵士が全国から選抜されたことで
出身地では栄誉なことと喜ばれた。

竹橋事件  小島萬助と竹橋事件
ここで竹橋事件が起きた。
明治11年(1878)前年の西南の役出兵の恩賞への不満から
近衛砲兵大隊の兵士260余名が大隊長を殺害、さらに大砲で参議大蔵卿大隈重信邸に発砲、
赤坂離宮の門前で嘆願しようとしたしたところで鎮圧された。
この事件は天皇を護る兵隊が反乱を起こしたことで政府は大変驚くことになるが
長くこの事件は戦後まで伏せられることになる。
銃殺刑が55名逮捕者は300名以上で、226事件より厳しい処置だった。
その後軍人勅諭が作られ憲兵が設置されることになった。
「上官の命を承ることは直ちに朕が命を承る義なりと心得よ」
絶対服従の軍隊を作り上げるきっかけとなった。

港北区日吉の近くの箕輪に大聖院がある。
ここに小島萬助の墓がある。
近衛兵の馭卒(ぎょそつ)で首謀者の1人であった。
享年23歳だった。

b0228416_22170654.jpg
武道館のそばに近衛師団の碑がある
b0228416_22171089.jpg

b0228416_22180699.jpg
父親が近衛兵だったという老夫婦が感慨深げに
父親の名を探していた

裏側に県別に名前が書かれている

b0228416_22181855.jpg


武道館
東京オリンピックのとき日本の武道を紹介するために
建てられた。

この日は韓国のロックバンドがきているようで
道路に座り込んでいる女性たちでいっぱいで
なかなか前に進めない



田安門

b0228416_22212964.jpg

田安台があり家康入国前は田安大明神(現在牛込の筑土八幡社)があった。
上州道の起点である。慶長年間に造られたが、1620年代に造りかえられたと
思われる。神田明神の祭礼のとき神輿や山車が入城した。
一の門をでたところに桜並木の土橋は、千鳥ヶ淵と牛ヶ淵12mに及ぶ
水位差を支える見事な造りになっている。

b0228416_22215846.jpg
品川弥二郎銅像

b0228416_22220440.jpg
山県有朋銅像

b0228416_22220180.jpg
靖国神社の高灯籠

昔靖国神社からは眺望がよく海からこの灯籠が目印になったという



千鳥ヶ淵戦没者墓苑
b0228416_22303957.jpg

昭和34年(1959)に国によって作られた公園である。
遺族にひき渡すことができない遺骨を納め安置している。
現在でも遺骨収集がされておりここに納められている。
宗教に属さない施設である。



b0228416_22303696.jpg
千鳥ヶ淵



b0228416_22313065.jpg
銅像に鳩がとまっていた



半蔵門
b0228416_22321471.jpg



甲州街道の拠点で江戸防備のため服部半蔵の屋敷があったことから
つけられた。ここから甲州街道沿いに旗本の屋敷が多くおかれた。
天皇、皇族の出入りは主にこの門が使われる。


b0228416_22322827.jpg
皇居側は警備の人?皇宮警察?

草取りをしていた


桜田門

b0228416_22333588.jpg

古くから桜田郷という地名だった。
家康入国時は小田原口といわれ、柵戸(きど)仕立ての門だった。
寛永13年(1636)に枡形門として造られた。
関東大震災で被災し鉄網土蔵造りに改修された。
門の外で起きた桜田門外の変は有名だが、
井伊直弼が殺害された事件である。

二重橋
b0228416_22335529.jpg
正面石橋

b0228416_22341900.jpg
正面鉄橋


正面石橋(しょうめんいしばし)・正面鉄橋(しょうめんてつばし)
のことで、宮殿東庭にいたる。
新年の参賀や天皇誕生日に渡ることができる。
奥の鉄橋が二重橋で木の橋を二重に重ねて橋を造ったため
そうよばれた。現在二つの橋が架かるので二重橋といわれる。

坂下門

b0228416_22345173.jpg

宮内庁への出入り口である。坂下門外の変で老中安藤信正が
襲われたところである。

桔梗門

b0228416_22351822.jpg
皇居参観者、勤労奉仕者が出入りする門で「内桜田門」といわれる。
昔この門の瓦に太田道灌の家紋桔梗があったことから
名がついた。


b0228416_22352120.jpg

巽櫓
もうすぐ大手門 ゴール!


参照:皇居ガイド、ウイキペディア、東京都の歴史散歩:山川出版
















by gannyan1953 | 2016-05-14 23:26 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

ちょっとディープな三田散歩

歴史と素適なおつきあい       


白金から三田まで・・・キリシタン殉教、赤穂浪士切腹の場所など
非業の死を遂げた・・・
ちょっとディープな歴史散歩
慶応の学食か慶応仲通商店街でランチします



b0228416_17253166.gif
江戸名所図会


集合:9:50 白金高輪出口1番方面改札 出た所

        
 白金高輪・・細川藩下屋敷跡・・キリシタン殉教碑・・御田八幡宮・・聖坂・・済海寺・・幽霊坂・・西郷南州勝海舟会見の碑・・水野監物屋敷跡・・三田図書館・・大松寺・・慶応大学キャンパス・・イタリア大使館

三田には江戸時代、大名屋敷、御家人の屋敷が多かった。八幡宮あたりは台地が広がり、歌川広重は「月の岬」という地名で画いている。目黒の三田とは古来三田郷を起源に荏原郡三田村の飛び地であり、同じ村であった。三田の語源は①御田(おでん)で天皇の田を持っていた②伊勢神宮か御田神社の神田(みた)があったからといわれる。田町の語源は①御がなくなったから②田んぼがなくなって町ができたからといわれる。(田町不動産)



大石良雄外十六人忠烈の碑


b0228416_17311855.jpg


b0228416_17312373.jpg


b0228416_17312794.jpg


肥後熊本藩細川家下屋敷・高松宮邸跡で、忠臣蔵の大石内蔵助ら17人が切腹した場所である。預かりとなった細川家は彼らを優遇し、元禄十六年(1703)大書院の前庭で背後に池を背負った場所で切腹したという。

幽霊坂

b0228416_17334161.jpg
寺院が建ち並び木々で暗くなり幽霊でも出そうな雰囲気からついたという。森有礼邸が近くにあったという説もある。

済海寺 

b0228416_17395834.jpg
浄土宗 本尊は阿弥陀如来 竹芝伝説の竹芝寺の跡地である。
元和7年(1621)牧野忠成と念無上人により創設。長岡藩主牧野氏、伊予藩主松平氏などの菩提寺である。安政6年(1859)から明治7年(1874)までフランス領事館
だった。

亀塚公園に伝わる話

b0228416_17335536.jpg

b0228416_17340638.jpg

b0228416_17342066.jpg

b0228416_17341534.jpg
大名が建てた碑
b0228416_17343727.jpg
向かい合わせにある碑

名前の由来は①円墳と思われたが発掘調査では何も出てこなかった。②竹芝寺の伝説に故郷をなつかしんで掃除をしながらブツブツ言っている男を皇女が見かけ、おもしろいので私を連れて男の故郷に帰れと命令・・着いた所が竹芝寺今の済海寺だったという。ブツブツの内容は・・・酒壷に、瓢箪を縦に割った柄杓をさし渡して、その瓢箪が南風が吹けば北になびき、北風が吹けば南になびき・・・そんなのんびりした様子を見たい・・・だった。(「更級日記」より)そしてこの亀塚は、その皇女と男が結婚しその皇女の墓ともいわれ、酒壷の下に住んだ亀が埋められたなど伝わる。二人の子供は源氏を名乗り「武芝」となった。将門とかかわりのある人物である。将門と鉄

御田八幡神社  祭神 ホンダワケノミコト

b0228416_17384788.jpg


b0228416_17385283.jpg
お稲荷さん




和銅2年(709)牟佐志国(武蔵国)牧岡に東国鎮護の神様として祀られ延喜式では「稗田神社」と伝えられる。その後寛弘8年(1011)御田郷久保三田に「綱八幡」として遷座、渡辺綱の氏神として崇敬された。イタリア大使館横の「綱坂」は渡辺綱の生誕地からつけられた。渡辺綱は源頼光の四天王の1人で大江の酒呑童子や一条戻橋の鬼を退治した人である。生誕地は鴻巣となっているが、伝承でこの三田も生誕地となっている。
元和5年(1619)「八幡山宝蔵寺」天台宗の寺になり、明治2年(1869)神仏分離で「稗田神社」明治30年「御田八幡神社」となった。戦災で社殿は焼失し、昭和29年再建された。(御田八幡神社HP)

元和のキリシタン殉教碑

b0228416_17401904.jpg
元和9年(1623)50人のキリスト教徒の火刑が行われ、寛永15年(1638)に幼児を含むキリスト教徒43人が磔、斬首、溺刑になった。
近くに札の辻があり高札場があったので通行する人の見せしめにこの場所で行われたという。智福寺(東京オリンピックのころ石神井に移転)の伝えに刑場跡がありその場所に寺を建てれば供養になると一空上人が寺を建てたという。江戸初期に刑場だったが江戸が大きくなるにつれ手狭になり刑場は鈴が森に移転した。その跡地ということになる。(ラウダーテ)

江戸の大殉教とは
徳川家光はキリシタン迫害政策を強化し元和8年に長崎で55名を処刑している。江戸では小伝馬町の牢から市中引き回しをして処刑された。キリシタンのうち、下総6万石の臼井城主の子である原主水が中心的な存在だったといわれる。原主水は家康に仕えていたが、キリシタンと判り手足の腱を切られて追放され、江戸に潜みなお外国人宣教師と活動をしていた。
密告により捕らえられた。数年にわたり女性や子供、キリシタンをかくまった人々などこの地で100名ほど、江戸全体で2000名近く殉教した。

この地にはかつてホテルがあったが、その跡地に三田ツインビルが建った。
キリシタン殉教碑の丘の上には東急のアパートがあったが現在は廃墟・・・

うーーーーん  怖!

聖坂(ひじりざか)

b0228416_17403229.jpg
東海道ができる以前の道で、中世に高野聖によって作られた。古奥州街道で中世では重要な街道だった。
竹芝坂ともいった。江戸名所図会に残るが昔は階段の坂だった。


b0228416_17404874.jpg
クウェート大使館


b0228416_17421094.jpg
聖坂にあるおもしろい建物

b0228416_17423568.jpg
亀塚稲荷

b0228416_17431243.jpg
かわいい板碑
b0228416_17432766.jpg

三田区立港郷土資料館 


三田図書館4階に歴史の展示室がある
b0228416_17460545.jpg

なぜか寄贈されたミンククジラ さわれる

b0228416_17460871.jpg
なつかしいお幼い頃の品々 さわれる





西郷南州勝海舟会見の碑


b0228416_17472600.jpg
江戸城総攻撃を目前に慶応4年(1868)勝海舟はこの地に会った薩摩藩蔵屋敷において、東征軍参謀西郷隆盛と会見した。江戸城無血開城と徳川慶喜の水戸謹慎を条件に総攻撃を回避した。

水野監物の屋敷跡

b0228416_17472848.jpg


b0228416_17473435.jpg
慶応仲通商店街にありわかりにくい場所にあるがまんまやがわかれば手前にある

三河藩中屋敷跡で水野監物(けんもつ)が岡崎藩主だったころ赤穂浪士間(はざま)十郎ら9人のお預かりとなった。元禄16年(1703)に切腹した場所である。水野は彼らを細川家に倣って厚遇した。
狂歌「細川の 水の流れは 清けれど ただ大海の 沖ぞ濁れる」
細川(肥後熊本藩)水の(三河藩水野監物)大海(毛利藩甲斐守)沖(伊予松前藩松平隠岐守)のことで細川と水野は丁重に扱いずさんな扱いをしたのが毛利藩と伊予松前藩(優遇したともいわれる)と風刺している。伊予松前藩はイタリア大使館、毛利藩は六本木ヒルズである。

大松寺
黄鵠山満宗院と号す。慶長16年(1611)八丁堀に曽根長次により開基し、寛永12年(1635)この地に移転した。曽根吉正の墓がある。
曽根吉正は佐渡奉行として寛文11年(1671)から延宝8年(1680)の在任中洪水による佐渡金山の復興、生産増加に貢献したという。

慶応大学

中津藩士の福沢諭吉は、幕末に大阪の緒方洪庵の適塾で学び、江戸で蘭学塾をはじめた。
欧米諸国を見聞し慣習にとらわれない教育を実践し慶応大学の伝統的な教育の礎を築いた。
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という有名な言葉を残した。
歴史的な建物見学をするが外見のみで内部見学は不能。

三田演説館

b0228416_17514951.jpg
木造瓦葺きナマコ壁の洋風会堂建築で福沢諭吉が「スピーチ」を導入しようと演説の訳語をつくり、日本ではじめて例月演説会を行った場所である。当初塾監局北側にあったが関東大震災後、現在地に移された。内部中央は吹き抜けで三方に傍聴席を設け正面に福沢諭吉立像がある。

慶応義塾図書館

b0228416_17514461.jpg
義塾創立50年を記念し、明治45年(1912)に完成した。赤レンガと花崗岩の白い窓枠、柱が調和し華麗で重厚な外観は慶応のシンボルである。内部ホールのステンドグラス
は「ペンは剣よりも強し」で、これも有名な言葉である。構内東の福沢公園は、諭吉終焉の場所である。

綱坂

b0228416_17522075.jpg

b0228416_17523190.jpg
渡辺綱の生誕地(オーストラリア大使館)といわれる場所の坂。

イタリア大使館

b0228416_17524396.jpg
伊代松山藩中屋敷があった場所で大石主税・堀部安兵衛ら10名がお預かりとなった。大石主税は大石内蔵助の子で16才だったが、この地で切腹となった。伊代松山藩は赤穂浪士に同情的で丁重に扱ったという。さきほどの川柳と話が違うが、後に浅野家から優遇されたお礼にとハゼノキを贈られ、今も道後公園にあるという。
昭和14年当時のイタリア大使によって碑がたてられ、揮毫は徳富蘇峰で、毎年命日には駐日イタリア大使が供養をおこなっている。藩邸は松方正義の土地になり昭和9年にイタリアが取得した土地である。
ブラタモリでタモリが特別に訪問していたが、大名屋敷の庭がよく残されている例であるというが、残念ながら見学は不能である。大使の犬が自由奔放に走り回る姿が印象的だった。


b0228416_17530723.jpg
三井倶楽部


このあたりで終了 あとはおまけ


b0228416_17533282.jpg

渡辺綱にまつわる坂
b0228416_17535214.jpg
綱の手引き坂

b0228416_17540445.jpg
赤羽小学校をすぎて左に行くと三田国際ビル

ここは猫の怖い話が伝わる場所

猫塚探すのにくたびれてしまって

赤羽小学校の校庭の片隅にあったらしい
本物は台座だけ

どこにいったかというと
恵比須の防衛資料館だそうな・・・

麻布十番に用賀あったので
15分ほど赤羽から歩いて麻布十番に向かう


永井荷風は「日和下駄」で
猫塚を探したらしい・・・

参考:東京との歴史散歩(山川出版)ウイキペディア 更級日記現代語訳 
大統領の穴場案内 忠臣蔵ぶろぐ 



by gannyan1953 | 2016-05-14 18:01 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

カマキリの赤ちゃん

歴史と素適なおつきあい番外編 2016.5.12

ベランダの壁に卵を産みつけたヘロヘロのお母さんを
みたのは昨年の秋

なんと生まれた!

b0228416_21102588.jpg


b0228416_21101022.jpg


おめでとうございます


ついでに


b0228416_21120693.jpg
昼間都筑図書館からでてきたら

こんな光景が

おばさんが登っちゃったらしい

怒ってておりてこない

下にはマットやふとんが

おまわりさん、見物人いっぱい

心か体を病んでしまったらしい

無事 保護されました

安堵  安堵




by gannyan1953 | 2016-05-12 21:14 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)

東国三社めぐりに行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編 2016・4・29

香取神宮

祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)

大国主に国譲りを迫るため
高天原から派遣された神

フツは剣を振り下ろした時の音からつけられた

生まれはカグツチを斬った剣からししたたり落ちた血が高天原の岩となり
それが祖だという

他にその岩からイワサク ネサクの神が生まれ
そこからイワツツノオ、イワツツノメが生まれ
その子


国ゆずりを成功させたのが

鹿島のタケミカヅチと香取のフツヌシである(日本書紀)






b0228416_11170202.jpg

b0228416_11201519.jpg



b0228416_11174641.jpg
楼門
結婚式のお色直しの撮影だろうか

b0228416_11315302.jpg




b0228416_11181644.jpg
拝殿



b0228416_11192600.jpg
本殿

b0228416_11321438.jpg
 ご神木


b0228416_11205628.jpg
摂社 このはなさくや姫
b0228416_11211220.jpg

摂社 鹿島新宮

b0228416_11371781.jpg
ウイキペディアより

側高神社(そばたか)
香取の神様が側高神に陸奥の神から馬を奪い
育てろという命令を下した
蝦夷征伐と関係すると思われる



b0228416_11213361.jpg

三本杉

b0228416_11295134.jpg
立砂

神が降臨される神山をかたどったもので
上賀茂神社だと左右に陰陽を表し
二つある

ここにも二つあったのかな・・・確認しなかった


b0228416_11325027.jpg
宝物館(300円)に入った
自衛隊の船に香取があるので
海外に行った時のおみやげが奉納され
それがおもしろい

海獣葡萄鏡は見応えあり

b0228416_11420418.jpg
諏訪の神様

b0228416_11424918.jpg
奥宮に向かう途中にあった

聖武天皇の時代ここで雨乞いが行われた

b0228416_11435570.jpg
いい雰囲気の奥宮


b0228416_11441320.jpg
奥宮の後ろに寄り添うようになタケノコがかわいい


b0228416_11445543.jpg


b0228416_11452320.jpg




b0228416_11450964.jpg
要石



b0228416_11454855.jpg
香取神社は落ち着いた雰囲気で
拝殿もモダンな感じで美しい

パワースポットは,何と言っても「奥宮」

これは鹿島神宮も同じ

きらびやかな装飾の拝殿、本殿より
私は神がおわす気がして好きである

















by gannyan1953 | 2016-05-02 11:46 | 平将門・鉄・秩父・神社 | Comments(0)

東国三社めぐりに行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編    2016・4・29


息栖神社


b0228416_09502352.jpg


b0228416_09503952.jpg
本殿

久那戸神とは
来るなという意味で邪気を払う意味だと言う
岐神(ちまたのかみ)など別名が多い
道の神として猿田彦と同じにされることも多い  猿田彦

製鉄とかかわりありとみる


b0228416_09520066.jpg
b0228416_09521845.jpg

b0228416_09523245.jpg
オガタマノキ

招霊(おぎたま)からついた名である
精霊宿る木とされ
アマテラスが天岩戸に隠れたとき、ウズメノミコトが
踊った際に持っていた木の枝がオガタマノキである

b0228416_09564570.jpg
神社の奥は歩けるようになっている
小さな神社なのでぐるりとすぐにまわれる

こういう場所は落ち着いていて好きである

b0228416_09580986.jpg
お稲荷さん

b0228416_09582459.jpg
狛犬だろうか
足がなくて伏せてしまっているのかわからないが
とてもかわいい
後ろは力石


b0228416_09593618.jpg



b0228416_10003032.jpg

b0228416_10005382.jpg
忍潮井

b0228416_10013880.jpg
男の瓶だと思うが

いかん!

ひと顔になっている・・・・怖


b0228416_10023207.jpg

鳥居の足元の白く丸いのが瓶(甕)だと思った・・・・
が甕は鳥居の真ん中にあるらしく
これは違う
むかしむかし
平城天皇のころ(809)
下流にあったこの神社を遷したとき
取り残された男女の瓶が寂しくて
泣いてしまった

とうとう自力で一の鳥居の下にやってきた
ところが
元の場所がなつかしく
また泣き続けたという

泣き声からボウボウ川や
瓶立ち川の名もある

b0228416_10084220.jpg

今ではこんな大きな利根川である


b0228416_10091073.jpg
利根川河畔から


b0228416_10092980.jpg
一の鳥居と利根川の間に
大きな家がある


b0228416_10102449.jpg

写真とって失礼

猿田氏である

猿田彦と関係あるのかな

オガタマノキはアメノウズメの持った枝だというし・・・・

そこで調べた

まず移されたのは延暦18年(799)の津波で元の地日川から
移されたこと

松の木が多く芭蕉が江戸時代の祭神は気吹戸神であったという

息栖、気吹戸神は 風の神そして製鉄神とみる
茨城はもともと製鉄の地で鹿島神宮、香取神宮も製鉄にかかわると
いわれる

川には砂鉄が多く、塩を作るのに鉄の釜があれば
楽に塩ができる

鹿島神宮もすごく大きな刀が宝物殿にある
息栖神社から筒井の中間にたたらがあったという

燃料に火力の強い松が使われた

この地には出雲から来た人たちがいたという
出雲は製鉄の地である
技術を学んだのだろうか

東国三社のレイラインは直角三角形
息栖が日川にあったときは
正三角形に近いという

この三社は富士山ともつながるレイラインがある
富士山からみると日野でのとき太陽がこの東国三社から
現れる
 

つぎは

香取神宮





by gannyan1953 | 2016-05-02 10:53 | 平将門・鉄・秩父・神社 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧