歴史と素適なおつきあい

<   2016年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

印食(いんじき)城

歴史と素適なおつきあい番外編   2016・7・28

岐阜から各務原に向かった
途中
b0228416_22480676.jpg
昨日も印食地名見た

ここは「かみいんじきながれ」という

妙に気になり
調べてみた

ここより西の方に
専光寺
がある

ここが印食城だった

地名の由来はわからないが
鎌倉時代の城だった

村上義光といって
ここに乳母がいて、戦いに行くため
妻をここでかくまってもらった

義光は信濃の人で護良親王の忠臣だった

吉野にむかう護良親王に付き従うため
向かっているところだった

窮地に陥り義光は護良親王に化け
討たれた・・・

という美談である

乳母は嘆き後を追った
預けられていた妻はこの地で 
天寿をまっとうした・・・という







by gannyan1953 | 2016-08-31 23:02 | 岐阜県の歴史散歩 | Comments(0)

ちょっとディープな市ヶ谷散歩

歴史と素適なおつきあい 
中川歴史ウォーキング24 

 2016年 10月29日(土)開催します

参加ご希望の方は中川歴史ウォーキング(クリック)

でお申し込みください
           

集合:南北線市ヶ谷駅7番出口方面改札口 9時45分

亀岡八幡宮・・浄瑠璃坂仇討ち跡・・試衛館跡・・月桂寺・・
念仏坂・・青峰観音・・刑死者慰霊塔・・自證院・・
小泉八雲旧居跡・・永井荷風旧居跡・・坪内逍遥旧居跡・・
抜弁天・・鬼王神社・・花園神社

地図
ちょっとディープな市ヶ谷散歩




市ヶ谷亀岡八幡宮

b0228416_16514204.jpg
祭神:応神天皇・神功皇后・与登比売命(よとひめのみこと)

地主神は茶木稲荷で弘法大師がこの地に祀ったことがはじまりである。
祭神は保食神(うけもちのかみ)で、食物衣服を司る神様である。

古くは病気平癒の特別な信仰があり参詣者が絶えることがなかったという。
この地の稲荷神の使いの白狐がお茶の木で目をつき
それ以来崇敬者は茶を忌み、正月3ヶ日は茶断ちをしたという。
特に眼病に効き17日または21日茶断ちをしてお参りすれば
霊験あらたかであるという。
鎌倉時代、この地は市買村といい、市谷氏の所領だった。
茶ノ木稲荷はこの地の鎮守稲荷として祀られていた。
b0228416_20473586.jpg

太田道灌が文明11年(1479)江戸城の西の守護神として
鎌倉の鶴岡八幡宮をこの地に勧請した。
鎌倉は鶴なのでこちらは亀とした。
太田道灌は扇ガ谷上杉の重臣の子で25歳で江戸城を築き
江戸のパイオニアである。
その戦いぶりは、迎撃したことはなく常に出撃していたという。
地形を巧みに利用した築城に長けていた。
出撃には農兵や足軽のゲリラ戦法で相手の守りを
崩して行く戦法だった。
そのときに使った軍配団扇が亀岡八幡宮のの宝物として
残っている。
b0228416_09410544.gif
亀岡八幡宮文化財の紹介より



天正年間に戦火で焼失し、しばらく荒廃していたが江戸時代になって
家康、家光、桂昌院と援助をうけ、祭礼など江戸の伊達をつくしたといわれる。
祭りの参加者は旗本に使えるキリッとした若者、町奴などで
武士の娘や腰元などは、あでやかな姿で見物したという。
柳沢吉保は露店の品々を全部買い占めて露天商を喜ばせたという。
幡随院長兵衛が見初めた茶屋女もいたという。


b0228416_23263957.jpg
佐内坂方面の細道に向かうと陸軍境界標柱があった
葉っぱに隠れて危うく見逃すところだった



尾張徳川家上屋敷跡

b0228416_20472958.jpg
現在は防衛庁である。
尾張藩邸は最初は江戸城内にあったが、明暦の大火(1657)の区画整理で
ここに移転した。

明治以降陸軍士官学校がおかれ第二次世界大戦中、陸軍省、参謀本部、大本営陸軍部となり
戦後はここで極東国際軍事裁判が行われた。その後アメリカ極東軍司令部、アメリカンスクール
などになり、昭和33年(1958)返還され陸上自衛隊、市ヶ谷駐屯地になり、
現在は防衛省、市ヶ谷駐屯地(陸上自衛隊)、
市ヶ谷地区(海上自衛隊)、市ヶ谷基地(航空自衛隊)、
全部の自衛隊を管轄する統合幕僚監部など国の防衛の中枢がおかれている。
 
三島由紀夫割腹事件
ここにある市ヶ谷記念館(旧1号館)は三島由紀夫事件を起こした場所で
移築されたあとも現場は残されている。

簡単にいうと

「自衛隊は憲法改正をして、
みんなで天皇、国家を守るため
立ち上がろう・・・」

だと思う

当日戦いを訓練している自衛官は訓練で不在、
事務系の自衛官が多かったらしく
三島トークには興味を示さず
サラリーマン化した自衛隊といわれた。

2016年憲法改正のごちゃごちゃした情勢の今日
第九条の価値をどううけとめていくのだろうか。

攻められることのない、戦いに巻き込まれることのない
日本でありますようにと祈るしかない・・・
こんな不戦を主張する憲法世界のどこにもない
みんな不戦を主張したらいいのに

極東国際軍事裁判とは東京裁判のこと
辛い裁判があった場所としか言えない。
A級戦犯のうち7名が絞首刑になった。

浄瑠璃坂仇討ち跡

b0228416_20482717.jpg

b0228416_20483693.jpg
忠臣蔵の赤穂浪士の仇討ちのモデルになった事件といわれる。
赤穂事件の34年前の出来事・・・
大石蔵之介はこの事件を参考にしたといわれている。

寛文12年(1672)にあった仇討ちで、江戸三大仇討ちのひとつといわれる。
あとは忠臣蔵、荒木又右衛門の鍵屋の辻で、芝居の演目となり人気を博した。

日本三大仇討ちとなると、この浄瑠璃坂の仇討ちは抜かれて
蘇我兄弟の仇討ちになる。

原因は宇都宮藩主奥平忠昌の法要で戒名の読み方をめぐる、
家老の奥平蔵允(くらのじょう)と奥平隼人の諍いがはじまりである。
母親は姉妹なので従兄弟どおしの関係だが仲が悪かったとみえる。
奥平家はもとは奥三河の国人で、長篠の戦いで活躍し家康に大切にされてきた
大名である。

刃傷沙汰になり先に斬りかかった蔵允は返り討ちにあい、
沙汰も待たずにその夜自刃してしまった。

処分は蔵允の息子は改易、隼人は家督没収追放となった。

これに不満を持った息子源八は、市ヶ谷浄瑠璃坂の鷹匠頭戸田七之助邸に
身を潜めていた隼人の消息をつかみ、火事場装束に身を調え、
40数名の仇討ち集団となって襲撃した。

見事討ち果たし自首したが、遠島の処分となり、
7年後戻ってきたところを井伊家に引き取られている。

とても赤穂浪士の仇討ちと似ており最後の処分が違っているのだが、
もしかしたら大石内蔵助は、「命は助かるかも」と
思っていたかもしれない。

この話は大石内蔵助の遠い親戚の話だった。
内蔵助の幼い頃の出来事だった。

大石内蔵助の祖母は鳥居忠勝の娘で「くま」といった。
水戸藩に嫁ぎ娘が生まれその娘が内蔵助の母になる。

その「くま」の従姉妹がこの事件の戒名の持ち主・・
奥平忠昌に嫁いでいる。

祖母の従姉妹の家の騒動だったことになる。
遠い親戚関係だが全く無関係ではなかった。

試衛館跡

b0228416_20500693.jpg


b0228416_20500014.jpg
天然理心流の道場があった。と推定された場所である。
新撰組局長近藤勇の養父周助が創設した。
近藤上洛後は土方歳三の義兄佐藤彦五郎が預かり
慶応3年(1867)まで存続した。

この道場には新撰組の主要メンバーがいた。
土方歳三、沖田総司、井上源三郎、山南敬介、
長倉新八、原田左之助、藤堂平助、斉藤一らが出入りした。





月桂寺  (墓は見学不可)

b0228416_20504788.jpg
キリシタン灯籠


b0228416_20530048.jpg


臨済宗の寺で、古河公方足利氏直の子孫の豊臣秀吉の側室月桂院が
晩年寄進し月桂寺を再興した。
その月桂院の墓、柳沢吉保も檀家だったので吉保以外の一族の墓、
明治の新聞人池辺三山の墓などある。
入口近くにキリシタン灯籠がある。

月桂院
名を嶋という。
喜連川城主の正室だったが秀吉の奥州仕置きで
秀吉が宇都宮に来ると夫は嶋を置いて逃げてしまった。

嶋は宇都宮に向かい秀吉の側室となり嫁ぎ先より
実家である古河公方・・鎌倉系足利氏の再興を願った。

その嘆願により嶋の弟国友は喜連川の城主となった。

嶋は秀吉の側室のなかでは一番身分の高い側室となった。

秀吉が亡くなると家康に仕え三女振姫の付き添いとなって
会津に赴いた。この振姫、自證院とかかわりがある。

柳沢吉保は先祖が武田家臣だったので
墓は甲州市の恵林寺(えりんじ)にある。

池辺三山

b0228416_20520003.jpg
父は熊本藩士で、西郷隆盛側として戦い敗戦後
処刑されている。父は西郷隆盛のような人といわれていた。
父の友人の援助で慶応義塾に学ぶ。
のち大阪朝日新聞、東京朝日新聞の主筆となり、
朝日新聞の隆盛の礎を築いたひとりである。
夏目漱石、二葉亭四迷など入社させている。
暖かい人柄で漱石はじめ多くの人に慕われた。


b0228416_20575715.jpg

念仏坂
昔老いた僧が昼夜念仏を唱えたことからつけられた。



b0228416_15120929.jpg
坂上は元フジテレビがあり現在は河田町コンフォガーデンという大きな
マンションが建つ。

b0228416_20564704.jpg
安養寺坂を登って行く


青峰観音 市谷台町13−2

b0228416_20582501.jpg

b0228416_20582902.jpg


このあたり監獄があった。
明治8年(1875)に市ヶ谷谷町監獄が移転してきた。
明治36年(1903)に八重洲の鍛冶橋にあった監獄が
東京駅をつくるためここに移転した。
市ヶ谷監獄と東京監獄が並んであったことになる。
後に市ヶ谷刑務所となり昭和12年(1937)まであった。
市ヶ谷監獄では高橋お伝が処刑されている。
東京監獄では明治44年(1911)に幸徳秋水ら
大逆事件の人々が処刑されている。
観音のあたりが首斬り場だったという。


市ヶ谷監獄がなくなってから箱根土地(現在のコクド)が
宅地にして売り出した。そこを買い取った廣部清兵衛という人が
高村光雲による聖観音菩薩を慰霊のために置いたのが青峰観音である。
戦時中観音は供出されてしまった。
今は小さな観音様が安置されている。

近くの富久児童公園に慰霊碑がある。
日本弁護士連盟による刑死者慰霊の碑である。
この場所が刑死場だったという。

b0228416_20584652.jpg

このあたり道路開発で空き地になっているところが
あるが、道路建設は難航しているのではないかという気がする。
家が建っていてそれも古い家ばかりでないのに、
立ち退きをしなければ道路はできない。


自證院



b0228416_20590054.jpg



b0228416_20590391.jpg
弘安6年(1283)の銘がある板碑


日蓮宗法常寺と号していたが尾張藩主徳川光友の妻千代姫の母自證院を
弔ったことから寛永13年(1640)に自證院と号した。
寛文5年(1655)日蓮宗不受布施派の禁令により
天台宗に改宗した。寺領200石だった。
尾張藩の寄進による用材が節目が多かったため
瘤寺ともいわれる。


小泉八雲がこの風情を気に入っていたが
杉の木を切り倒す音を聞いて
いたたまらなくなり引っ越したという。

ややこしい話だが
この自證院は石田三成の娘の曾孫で振という。
春日局の養女となり通称「お振の方」といわれた。

この振の祖父は会津に嫁いだ家康三女の振姫と
藩政で対立し、振姫の家康への讒言で切腹させられている。
蒲生家の家臣でキリシタンだったかもしれない。
その前は上杉景勝の家臣だったこともあり
「天地人」の直江兼続とも懇意の仲だったという。

「お振の方」と「振姫」は別人で、生きた時代も違うのだが
ややこしい・・・そして関係があった。

先の月桂寺に墓がある月桂院はその家康三女の
振姫の会津嫁入りの付き人だった・・・

お振の方に話はもどる。

家光が男色だったので春日局の計らいで
男装し家光に近づいたといわれる。
家光最初の側室となったわけである。
家光の最初の女性はお楽といわれているが、
振の存在が知られていなかったからだという。

そして家光との間に家光の第一子千代姫を生むが、
3年後に亡くなってしまう。出産時12、3歳だったと
思われることから出産にはまだ幼すぎたと考えられている。

自證院の霊廟は明治になり流転の果てに江戸東京たてもの園に移築されている。

b0228416_16110374.jpg
江戸東京たてもの園

小泉八雲旧居

b0228416_23310427.jpg
成美学園の中にある
明治29年(1896)から六年間ここで過ごした。
東大で英語の教鞭をとっていた。亡くなったあとの教師は夏目漱石だった。
1850年ギリシャで生まれ父の故郷アイルランドで育った。
アメリカでは黒人女性と結婚している。2年で離婚。
日本に特派員として訪れ日本の印象が忘れられず再来日した。
松江で日本人のセツと結婚し、熊本、神戸と転々とした。

再話文学として有名で昔話に興味を持ち小説を書いた。
怪談で有名である。
ダブリンで過ごしたとき、父の言うキリスト教より、
ドルイド教に興味を持っていたという。
アイルランドは妖精の国といわれるが、その風土が
ロマン、幻想的な小説になったと思う。

私が今までで一番怖かった話が
小泉八雲の幽霊滝の伝説である。
小学生のころラジオの朗読劇で聞いた。

このあと青峰観音に戻って

永井荷風旧居跡

b0228416_21012459.jpg


b0228416_21013453.jpg
現在ダルクになっている

銀行員として渡仏して帰国後明治41年から
10年間ここに暮らした。

慶応大学で教鞭をとりながら作品も書いていた。
腸が弱く「断腸亭」という離れを造ったという。

「我が家は山の手のはずれ。
三月、春泥容易に渇かず。
五月、早くも蚊に襲われ、
市ヶ谷のラッパは入相(夕暮れ)の鐘の余韻を乱し、
往来の軍馬は門前の草を食み、塀を蹴破る。
昔は貧乏御家の跋扈せし処、もとより何の風情あらんや。」

と当時の様子を書いている。




坪内逍遥旧居跡

b0228416_15055070.jpg
明治22年(1889)〜大正9年(1920)めでこの地に居住した。
早稲田大学で教鞭をとっていた。

抜弁天

b0228416_15083780.jpg

b0228416_15090905.jpg
応徳3年(1086)奥州平定のためやってきた源義家が宿営した地。
このあたりでは高い土地で富士山も見えるといわれ、
南北に鳥居があり抜けられるから
源義家が苦難をくぐり抜けたから
など抜弁天の名の由来が伝わる。


鬼王神社

b0228416_15094779.jpg

承応2年(1653)戸塚の諏訪神社境内の福瑳稲荷を
勧請し、大久保村の鎮守稲荷とした。
その後、熊野の鬼王神社から勧請した鬼王権現を合祀して
今の鬼王神社となった。

平将門は幼名鬼王丸といったので
その関係をいわれるが由緒に関係は
書かれていない。





b0228416_15104750.jpg
鬼の水鉢



鬼の頭に手水鉢をのせた水鉢は
天保4年(1833)に奉納された。

水鉢の伝説
昔加賀美家にあった。
文政のころ(1800年代)水の流れる音がして
音の源はこの水鉢だということで
鬼を斬りつけた。
その後、水音はなくなったという。
斬った刀は「鬼切丸」だそうだが、
現存しない。

b0228416_15095424.jpg
かえる石
なでて念ずると願いがかなうという。

 花園神社

b0228416_15114585.jpg


b0228416_15131923.jpg
徳川家康開府のとき新宿の総鎮守として創建された。

何度も焼失するが不死鳥のようにまた復活する姿を
縁起のいい神社と親しまれている。

現在外国人観光者に占拠されている感もあるが、
人ごみ、喧噪の歌舞伎町のほっとするスポットである。


東京都の歴史散歩(中)





































by gannyan1953 | 2016-08-24 16:17 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

文京区に行ってきた ④ 

歴史と素適なおつきあい

b0228416_14365854.jpg
素適な雰囲気の文京区立第三中学校


b0228416_14380382.jpg
昔は市電が通っていた安藤坂

b0228416_14394232.jpg
樋口一葉の通った萩の舎

ちょっとディープな浅草散歩
樋口一葉記念館参照


b0228416_14522958.jpg

b0228416_14524140.jpg
鉄道嫌いの慶喜の家の裏には丸ノ内線が・・・

明治30年に小日向に巣鴨から鉄道を嫌って
引っ越してきた

丸ノ内線は戦後にできた

なんだかホッとした

b0228416_15154689.jpg

b0228416_15160165.jpg

b0228416_15161229.jpg
新渡戸稲造旧居跡は廃墟だった

b0228416_15203278.jpg


b0228416_15203578.jpg
今はカエル坂とかわいいが
昔はトカゲ坂

b0228416_15204847.jpg
このあたり
獄門首が並ぶ晒し場だった


b0228416_15214853.jpg
近くにあるぐっと雰囲気のある藤寺


b0228416_15232528.jpg
滝沢馬琴の墓


b0228416_15223206.jpg
b0228416_15240183.jpg
隣接するグループホームが
啄木のコーナーを開設している

b0228416_15245547.jpg
小石川植物園

なんかでてきそうなおどろおどろしい池

b0228416_15252586.jpg
池の向うに美しい建物
旧東京医学校本館


b0228416_15261796.jpg
でっかいユリの木


ここからすべて巨木の列
圧巻


b0228416_15265633.jpg
小石川養生所の井戸

ここにくるまで大岡越前のテーマを歌いながら
竹脇無我さんを思い浮かべながら
歩いたのだが、夫は聞いたこともないと・・・・

ずっとずっと働き詰めで
昼も夜も
いなかったもんね










by gannyan1953 | 2016-08-15 14:59 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

文京区に行ってきた③ 伝通院

歴史と素適なおつきあい番外編

b0228416_11304511.jpg


伝通院
山門はまだ新しい


b0228416_11320418.jpg
新撰組の面々が京に行こうとした
きっかけの浪士隊が集まったところである


b0228416_11333714.jpg
家康のおかあさんお大の方はじめ
徳川家の墓所になっている


b0228416_11345377.jpg
お大様


b0228416_11345054.jpg
千姫
お大様のひ孫に当たる


b0228416_11344597.jpg
家光の正室 孝子様
公家の鷹司家の娘

朝廷と幕府はこのころ関係が悪く
孝子様はプライド高く
家光は男色好み

結婚後即別居
それでも離縁せず
72歳まで生きた孝子様

女の意地ですか・・・


b0228416_11471914.jpg
このお墓イタリア人宣教師の供養碑である

ジョゼッペ キアラといい、
禁教時に日本に潜入
そして捕縛され
あまりの拷問に耐えきれず
棄教した

死刑囚の奥さんと結婚し
その夫の名「岡本三右衛門」と名乗った

キリシタン屋敷から自由になることはなかった
布教の真意は
国土征服の目的があると述べ
一層キリスト教への警戒心を高めるきっかけになった

「天主教大意を著わし
後のシドッチの取り調べに
使われた

おまけ



b0228416_14351929.jpg
お行儀のいい猫様でした

ジョゼッペがいたキリシタン屋敷にシドッチも入所した

b0228416_15014614.jpg
シドッチは宝永6年(1709)ここに捕らえられた。

禁教となったキリスト教の布教活動を
再開するためにやってきたが、屋久島で捕らえられ
ここで新井白石、家光も
尋問したという。

近年 イタリア人の白骨が見つかった
この碑の向かえに奇麗なマンションが建った
その工事中に白骨三体が見つかり
その一体がシドッチだという。

いやすごい
10年数年前シドッチの勉強で
屋久島を訪れた70代の母

何やら文章を一生懸命書いていて
ワープロで仕上げを手伝った。

同じ文章が繰り返されていることに気づいたが
もう認知症になり始めていたのかもしれない

そんな記憶のあるシドッチさんだ

今遺骨が見つかったと母に知らせたいが
私も認識していない病気である












by gannyan1953 | 2016-08-15 14:58 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

文京区に行ってきた②善通寺坂

歴史と素適なおつきあい番外編    2016・8・14

b0228416_11043127.jpg

b0228416_11035903.jpg

b0228416_11052941.jpg
こんにゃくえんま

b0228416_11042988.jpg
サイパンにお出かけした
鐘楼

日本領だったことがあるからね


b0228416_11063631.jpg
お姿見えず


b0228416_11072993.jpg
毘沙門様


b0228416_11075072.jpg
善光寺坂の由来の
善光寺

なんだか荒れていた


b0228416_11083484.jpg
たくぞうす稲荷


b0228416_11090401.jpg

b0228416_11091746.jpg

b0228416_11092704.jpg
意味不明の石造

だるまさんかな?


あとで思い出した
ここはお穴で有名だった・・・

またきましょう

ホームページでお穴の
オンライン参拝あった・・・

b0228416_11214362.jpg
むくのき

このそばに
幸田露伴邸があった
現在は孫の青木家があるそうだ











by gannyan1953 | 2016-08-15 12:01 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

文京区に行ってきた ① 後楽園

歴史と素適なおつきあい番外編


後楽園駅から石川後楽園へ
入場料300円


水戸藩初代頼房が中屋敷として作ったときの庭園
のち上屋敷となり2代目水戸黄門は明からの亡命者朱舜水の意見をとりいれ
中国趣味豊かな庭園となった

b0228416_08250908.jpg

b0228416_08263117.jpg

b0228416_08264245.jpg

b0228416_08265051.jpg
ここから妙義山がみえたらしい


b0228416_08271433.jpg
睡蓮



b0228416_08272780.jpg
明治になって砲兵工廠が置かれた。関東大震災の被害が大きく小倉に移され
昭和12年 野球の後楽園球場がつくられた。
水戸藩の後楽園の敷地は現在のドーム、遊園地、後楽園と大きかった。

b0228416_08273092.jpg
正門だが閉鎖されている

b0228416_09174408.jpg

瘞鷂碑(えいようひ)鷹の供養碑だがえいは埋める、ようは鷹の種類らしい

b0228416_09175509.jpg
赤門

b0228416_09231005.jpg
赤門脇のお稲荷様

b0228416_09231281.jpg
藤田東湖記念碑

水戸学の学者で尊王志士に大きな影響を与えた
安政の大地震のとき
母を助けるため梁を支えて圧死した

b0228416_09231456.jpg
水の力で穴がある石が多くある

b0228416_09231705.jpg
愛宕山への階段

b0228416_09231942.jpg
 ハス


見応えのある庭園でした






by gannyan1953 | 2016-08-15 10:48 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

葛飾区に行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編   2016・8・11

山の日・・・山は混むから街歩き

押上10時着  人ごみを歩いてソラマチ8階へ

屋上庭園がある


ソラマチ

b0228416_21294182.jpg
ドドーン


押上から京成線で京成高砂から柴又へ

葛飾一番の名所は寅さんだとガイドさんはいう


b0228416_21321263.jpg

寅さん


柴又帝釈天


b0228416_21322357.jpg
柴又帝釈天 門


b0228416_21324791.jpg
本堂

「帝釈天は四天王より偉く
須弥山(しゅみせん)の頂上にいる」

と白い帽子をかぶったおじさんがいう。

誰なんだろう

あのおじさん・・・


加太守り(かぶとまもり)
何だろう

金色の紙で折った兜が
わりばしのようなもので
はさまれていた

その年の恵方の方に置くとよいとされる

いかん!
 柴又駅で買ったばかりのクリスタル金の???
落した・・・


b0228416_22535562.jpg

金ウンがつくと欲をかいてはいけなかったのか・・・


気分とり直して

寅さん記念館
昭和レトロな風景と男はつらいよ満喫ムード

休憩所では男はつらいよ上映中
なんだかずっと映画みていたいなぁ・・・・


b0228416_22030911.jpg
矢切の渡し

b0228416_22033090.jpg
1926年にできた東京の浄水場
昭和40年代対岸は松戸の下水が排水されカビ臭く
1984年日本一まずい水道水と評された

1992年オゾンによる浄水でおいしくなり
ペットボトル「東京水」として販売している

以前に飲んだがおいしかった


葛西神社

b0228416_22124030.jpg

b0228416_22151954.jpg
お祓い所で清めてから摂社などのお参りを

だそうだ




b0228416_22132246.jpg
勝海舟筆の碑

b0228416_22132585.jpg

石の鍾馗様は珍しいそうだ


b0228416_22165594.jpg



b0228416_22143665.jpg
冨士講のミニ富士山 富士塚



とても奇麗な神社である



金蓮院


b0228416_22200452.jpg
金蓮院

掃除も行き届いてなく
少し荒れている感じがした

b0228416_22210070.jpg

b0228416_22210499.jpg


半田稲荷神社


b0228416_22175034.jpg
半田稲荷神社

b0228416_22215334.jpg
水垢離場跡

b0228416_22215769.jpg

b0228416_22232570.jpg
かわいいです


b0228416_22241037.jpg

お狐様のモニュメント



南蔵院


b0228416_22243977.jpg
しばられ地蔵の碑



b0228416_22242446.jpg

南蔵院の門


b0228416_22284255.jpg

b0228416_22283000.jpg
しばられ地蔵


b0228416_22282721.jpg
水琴窟

南蔵院の由来

在原業平が隅田川で川遊びをしていると
舟の事故で人が亡くなった
供養のため法華経を写経して埋めたところに南蔵院が建てられた

しばられ地蔵の由来

地蔵様のそばでお店の荷物をおいたまま
居眠りし荷物を盗られてしまった

奉行所に訴え出たら
大岡越前は
そばにいながら黙ってみていた地蔵も悪いと
しばって奉行所に運んでしまった


しばられて奉行所に運ばれる地蔵様のめずらしさに
人々は奉行所の中までついてきて、入ってしまった

そこへ大岡越前は断りもなく侵入したことはけしからん
許して欲しい者は反物一反を差し出せ・・・と

みるみるうちに反物は山のようにさしだされ
その中に盗品が見つかり足がついて
泥棒はお縄になった

願いがかなうということで
ぐるぐる巻のお地蔵さんでした

願いがかなったら
縄をほどきにきてください


休憩所では冷たいほうじ茶をいただき

しばられ地蔵の
絵本もいただいた


水元公園

大きくてきれいな公園だった


b0228416_22514899.jpg






























by gannyan1953 | 2016-08-12 22:46 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

葛飾区に行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編   2016・8・11

山の日・・・山は混むから街歩き

押上10時着  人ごみを歩いてソラマチ8階へ

屋上庭園がある


ソラマチ

b0228416_21294182.jpg
ドドーン


押上から京成線で京成高砂から柴又へ

葛飾一番の名所は寅さんだとガイドさんはいう


b0228416_21321263.jpg

寅さん


柴又帝釈天


b0228416_21322357.jpg
柴又帝釈天 門


b0228416_21324791.jpg
本堂

「帝釈天は四天王より偉く
須弥山(しゅみせん)の頂上にいる」

と白い帽子をかぶったおじさんがいう。

誰なんだろう

あのおじさん・・・


加太守り(かぶとまもり)
何だろう

金色の紙で折った兜が
わりばしのようなもので
はさまれていた

その年の恵方の方に置くとよいとされる

いかん!
 柴又駅で買ったばかりの金の???
落した・・・


b0228416_21505037.jpg

金運がつくと欲をかいてはいけなかったのか・・・


気分とり直して

寅さん記念館
昭和レトロな風景と男はつらいよ満喫ムード

休憩所では男はつらいよ上映中
なんだかずっと映画みていたいなぁ・・・・


b0228416_22030911.jpg
矢切の渡し

b0228416_22033090.jpg
1926年にできた東京の浄水場
昭和40年代対岸は松戸の下水が排水されカビ臭く
1984年日本一まずい水道水と評された

1992年オゾンによる浄水でおそしくなり
ペットボトル「東京水」として販売している

以前に飲んだがおいしかった


葛西神社

b0228416_22124030.jpg

b0228416_22151954.jpg
お祓い所で清めてから摂社などのお参りを

だそうだ




b0228416_22132246.jpg
勝海舟筆の碑

b0228416_22132585.jpg

石の鍾馗様は珍しいそうだ


b0228416_22165594.jpg



b0228416_22143665.jpg
冨士講のミニ富士山


とても奇麗な神社である



金蓮院


b0228416_22200452.jpg
金蓮院

掃除も行き届いてなく
少し荒れている感じがした

b0228416_22210070.jpg

b0228416_22210499.jpg


半田稲荷神社


b0228416_22175034.jpg
半田稲荷神社

b0228416_22215334.jpg
水垢離場跡

b0228416_22215769.jpg

b0228416_22232570.jpg
かわいいです


b0228416_22241037.jpg

お狐様のモニュメント



南蔵院


b0228416_22243977.jpg
しばられ地蔵の碑



b0228416_22242446.jpg

南蔵院の門


b0228416_22284255.jpg

b0228416_22283000.jpg
しばられ地蔵


b0228416_22282721.jpg
水琴窟


在原業平が隅田川で川遊びをしていると
舟の事故で人が亡くなった
供養のため法華経を写経して埋めたところに南蔵院が建てられた

しばられ地蔵

地蔵様のそばでお店の荷物をおいたまま
居眠りし荷物を盗られてしまった

奉行所に訴え出たら
大岡越前は
そばにいながら黙ってみていた地蔵も悪いと
しばって奉行所に運んでしまった


しばられて奉行所に運ばれる地蔵様のめずらしさに
人々は奉行所の中まで入ってしまった

そこへ大岡越前は侵入したことはけしからん。
許して欲しい者は反物一反を差し出せ・・

みるみるうちに反物は山のようにさしだされ
その中に盗品が見つかり足がついて
泥棒はお縄になった

願いがかなうということで
ぐるぐる巻のお地蔵さんでした


水元公園

大きくてきれいな公園だった


























by gannyan1953 | 2016-08-12 22:46 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

御霊神社  弾左衛門

歴史と素適なおつきあい 番外編


別説 御霊神社 権五郎神社 

権五郎景政は鎌倉党であった。
景政は大庭御厨の開発領主で在地領主であった。
もともとこのあたりは佐助稲荷、銭洗い弁天など金属ゆかりの場所があり、
産鉄民がいたと思われる。
田畑に使われる金属器、鎌倉党の武器製作に携わっていた。
天養年(1141あたり)源義朝が御厨を襲う。
「天養記」はその惨状を伝える。
この侵略で鎌倉党の怨恨をかい、
御霊本来の意味の神社となったのかもしれない。

銭洗弁天には頼朝が湧き水を汲んだ伝承があるが、
佐助稲荷にも伝承が残る。
銭洗いを「かねあらい」といいかえると真砂(まさご)とよばれる砂鉄を
この水で洗いタタラで吹き上げる。

炉からだした灼熱のコロ(鉄塊)を冷やし、ケラ割り(鋼を採取する)
するための金池だったと思われる。
佐助稲荷は頼朝が蛭ヶ小島にいたころ、
この地の宇賀福神が夢枕に立ち挙兵をすすめ神霊の加護を約束したといわれ、
のち梶原景時に命じ社殿建立したと伝えられる。

頼朝と弾左衛門

頼朝がこの土地の娘を身ごもらせた話は、長吏頭弾左衛門とかかわりがあるという。

最後の弾左衛門は浅草にいたがその前は鎌倉の景政の配下であった。
弾左衛門頼兼の祖は秦武虎で、鎌倉権五郎の片腕となり産鉄、漁業にたずさわり、
弾左衛門を世襲名とした。
頼朝と契った菜摘御前の父矢野弾左衛門は秦武虎から3代目くらいと思われる。

菜摘御前の父が頼兼とも、子が頼兼ともいわれるが定かではない。

頼という字は鎌倉党を頼ったということからか、


頼朝から頼の字を賜ったかわからないが、
その後弾左衛門一党には頼の字のつく名が多い。 


参考文献: 鎌倉ぶらぶら 氏名辞典 徳川将軍家の謎:宝島社  闇の日本史:沢史生 





by gannyan1953 | 2016-08-02 13:11 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧