歴史と素適なおつきあい

<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガンジーの夢をみた

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・10・20


b0228416_16525728.jpeg
ガンジー(1996〜2006)



友人が線香の匂いや最近亡くなった叔父の髪の香料がするとか

そばに線香もないし・・・

と言い出し・・・仲間で会うことになった・・・


最初から霊感だの憑依されるなど不気味な話で

ちなみに前回は私が言い出したゴキさんの夢の話だった

ひとりの友人と

「家の犬が亡くなって10年だから朔太郎は10歳だね」

・・・と言われた


しばしお互い黙りこくり
お互いの犬を亡くしたことを思い浮かべていた


そんなこんなで

夜・・・ガンジーの夢をみた

来年は13回忌になる

b0228416_17005984.jpeg
スーツを着せたり紋付も着た


b0228416_17013884.jpeg
にゃんにゃん
(1996〜  )
2017年現在21歳


犬や猫は、娘の結婚式に参列できず
写真の参列となった

だから正装させた


夢の話

主人が単身赴任になったので
同時に生きていない
朔太郎とガンジーを
なぜか

電車に乗せて

ガンジーは柴犬朔太郎の鼻先をいとおしそうに
軽く噛んだり、なめたりして
かわいがっている


主人が借りている一軒家に向かう


なぜか山の上の一軒家

ガンジーはノーリードで家に向かう

山登りが大好きだったガンジー
久しぶりにかけあがるガンジーをみた


朔太郎はいつもどおり
リードをつけて
私とヒーコラ登る


そこで夢は終わった

ガンジーと朔太郎がいっしょに
この世に存在したという話になる

やっぱりガンジーは今でも
柴犬朔太郎や私を

見守ってくれているのかな


幸せな一日でした


b0228416_17141435.jpeg
朔太郎 よかったね













by gannyan1953 | 2017-10-21 17:14 | 前足 湾曲 柴犬朔太郎 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ⑥

歴史と素適なおつきあい番外編  2017・10・5


空海さんのお食事


朝お経聞いて父の供養もしてもらって

何しよう・・・

空海さんのお食事を運ぶの見に行こう

10時半に奥の院に


b0228416_14275339.jpg
b0228416_14275588.jpg
b0228416_14275746.jpg
b0228416_14275959.jpg
b0228416_14280152.jpg

朝と昼食は10時半
あとは一日固形物は摂らないというのが
修行にあるらしい


b0228416_14280861.jpg
歩いて極楽橋に行こうと女人堂へ

極楽橋方面の道にはいったつもりが

b0228416_14281045.jpg
寂しく町石道より険しい


とうとう倒木で道がわからず

どうも散策道にはいったらしい


女人堂への道標でまた女人堂へもどる

ただ一周しただけ


あきらめてバスで高野山駅へ

ケーブルで極楽橋へ

高野線に乗って深山渓谷の景色にびっくり


終了



by gannyan1953 | 2017-10-07 14:34 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ⑤

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・10・4


金剛界の道へ



b0228416_13523904.jpg

ここから奥の院まで金剛界体感

b0228416_14012508.jpg
見辛いが179番目の町石
180番目は根本中堂





b0228416_14011672.jpg
b0228416_14011945.jpg
b0228416_14012157.jpg
三つの松の葉ゲット!
1分で三つみつけたのにみつからない人が多い
このまわり 人が群がり、すごかった

b0228416_14012348.jpg
寂しいが1人で押した


ちょっと頭よくなったかも


b0228416_14063323.jpg
金剛峰寺

b0228416_14063571.jpg
本堂

あとである人から聞いたが
金剛峰寺の法話で
ブラタモリの放送から
訪れる人が増えたという

弘法大師の横に
タモリさんの像を
おかないかんかと
おっしゃったそうだ

b0228416_14013686.jpg
苅萱堂があった

いよいよ一ノ橋


ほとんどが白人の外人さん


b0228416_14093940.jpg
帰りにこわごわ覗いてみた

写らない・・

やだあ


あちこちで覗いてみたら

写った!

まだまだやりたいことがあるので
あと3年の命は短いので・・・  
b0228416_14122837.jpg
化粧品があったので口紅をぬってあげた


b0228416_14090041.jpg
やっと奥の院


歩く修行は  終了

曼荼羅を感じたのかどうかというと・・・
わからん!
b0228416_14140548.jpg
今日の宿坊 持明院
一人旅応援プラン2食で10800円

実はは歩けそうな友人たちを誘ったが
そんなに長く歩くのやだといわれ
今回一人旅

でも1人だから達成できたかも


精進料理美味しかった
b0228416_14140873.jpg
庭がみえる


持明院は蓮華の花の一輪にあたる古い寺である

b0228416_14170583.jpg
奥の院につながる位置にある

あとでわかったが私は浅井家と関係するのだが
この持明院には浅井家ゆかりの品があった


b0228416_14192415.jpg
お市の方の肖像画である

なかなかのご縁だった


そして夜になると

b0228416_14202290.jpg
部屋から
中秋の名月が・・・



















by gannyan1953 | 2017-10-07 14:20 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ④

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・10・4


b0228416_13064840.jpg
五時半に宿を出て
道の駅でファミマで買った朝食をとって

b0228416_13070375.jpg
慈尊院

b0228416_13223803.jpg
タモリが言っていた一番目の町石


b0228416_13224399.jpg
面白い絵馬


b0228416_13243940.jpg
丹生官省府神社

b0228416_13251167.jpg
2番めの町石

b0228416_13253594.jpg
b0228416_13255118.jpg
b0228416_13255559.jpg
一里石

b0228416_13255821.jpg
六本杉から丹生津姫神社へ
すぐに土が赤い
丹生の色?


b0228416_13271989.jpg
丹生津姫神社
赤い橋渡った

b0228416_13274366.jpg

b0228416_15012317.jpg
わんちゃんのおみくじ

丹生津姫神社を出て二つ鳥居にむかう

b0228416_13280627.jpg
b0228416_13280828.jpg
b0228416_13281175.jpg
b0228416_13281676.jpg
なんだか寂しげ


b0228416_13281175.jpg
b0228416_13281911.jpg
眼下は天野の里


b0228416_13282141.jpg
八丁坂を登って二つ鳥居へ

ここで町石道に合流

寄り道一時間だが

町石道もその間一時間


高野山は丹生津姫路神社にお参りするのが
正当なので
町石道も神社がわに大きくまわっている


b0228416_13413961.jpg
b0228416_13414780.jpg
b0228416_13415273.jpg
突然人が現れてビックリ

深山を歩いているつもりが平和なゴルフ場が・・・


b0228416_13424787.jpg
ちょうど真ん中にきた


b0228416_13430835.jpg
三里石
二里石はどこだったんだ?


b0228416_13433423.jpg
見守り地蔵 20センチくらいのかわいいお地蔵さん

矢立到着

トイレと焼き餅を食べる


b0228416_13440591.jpg
民家があった
子猫


b0228416_13443246.jpg
b0228416_13442678.jpg
くぐるには狭い


b0228416_13450391.jpg
b0228416_13455700.jpg
泣ける話だ


b0228416_13464633.jpg
古そうな町石

b0228416_13472504.jpg
つづら折りの道

b0228416_13513997.jpg


b0228416_13510537.jpg
展望台  随分登った


b0228416_13515880.jpg
鈴はつけている


b0228416_13521597.jpg
b0228416_13521801.jpg
b0228416_13522136.jpg
最後の階段


車の音がうるさくなってきた


b0228416_13580989.jpg



b0228416_13523904.jpg
到着


13時半


人と車でいっぱい














by gannyan1953 | 2017-10-07 13:58 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ③九度山

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・10・3


九度山歴史散歩


学文路から九度山まで歩いた


b0228416_12204339.jpg

九度山が正面にある
のどかな道から最後はぐぐっと登る

b0228416_12215332.jpg
紀ノ川が見える


中央構造線である


b0228416_12232757.jpg
坂をヒーヒー登ったら突然古い町並みに囲まれる
電柱の幸村さん


b0228416_12240798.jpg
 山田君もいた
でもこれが最後で高野山に山田君を見つけられなかった


b0228416_12271839.jpg
b0228416_12272010.jpg
真田幸村たち家族が住んでいたところに
あるお寺

父親の草刈正雄さんが目に浮かぶ
無念だったろう



b0228416_12245338.jpg
b0228416_12244941.jpg
b0228416_12302930.jpg
b0228416_12304356.jpg
b0228416_12304609.jpg
b0228416_12312895.jpg
山の切れ目が中央構造線である

唯一のコンビニに夕食と朝食を買いに
紀ノ川を渡る

このあたりゼロ磁場

なんか壮大な気分に

ゼロ磁場通ってコンビニのファミマ行くなんて
ウキウキするのは私だけか・・・


b0228416_12324675.jpg
宿泊は楽天で中川旅館

翌日の柿の葉寿司付きで5800円

町石道の説明と・・・

私のこと心配してくれ
回避道を丁寧に話してくれた

でも私は突き進むぞと心の中で決意をした
b0228416_12324909.jpg
富有柿の差し入れ
これは美味しかった

 









by gannyan1953 | 2017-10-07 12:45 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ②人魚のミイラ

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・10・3

学文路歴史散歩


まずは橋本で南海鉄道の改札にお願い

ちょっとまことくんの写真撮りたいんですけど・・・

はい  いってらっしゃい

ちょっと改札から抜け出し階段下りて駅の右側見ると

b0228416_11114649.jpg
ハロウィン姿のまことちやん



梅図かずおさんは高野町に生まれたのでゆかりの地にまことちゃん像が

私的には「漂流教室」が怖かったので好き
ドラマロケは中川でも行われた
現在東京都市大学


高野線に乗り換え「学文路駅」へ

かむろという

無人駅を下りて右に行くと八百屋さんがありその手前の坂を
登り踏み切り越えて左の坂を

なんときつい坂か

b0228416_11181114.jpg
 なんと女人道だった

無茶苦茶きついじゃないか・・・
b0228416_11190846.jpg
直線で高野山に行けるので江戸時代には人気だったとか

帰りに少し歩いたが倒木多く遭難しそうだったので
やめた
b0228416_11194988.jpg
石童丸の母千里が宿泊・・そしてここで亡くなった宿屋跡


b0228416_11203880.jpg
苅萱堂


なぜここにきたのか

人魚のミイラがあるのだ

石童丸は出奔した父を求めて学文路にきた
女人禁制なので母千里ノ前をここに置いて
高野山に行った
そこで道心に会う
その人こそ父であるが父は名乗らず
石童丸の父は亡くなったと偽る

母の元に戻るとすでに旅の疲れで母は亡くなっていた

行くところもなくまた高野山に登り
道心のもとで最後まで父親とはしらず
修行する石童丸であった

信濃のかるかや西行寺によると
父道心は信濃で84歳没(1214)
石童丸も信濃で65歳に没している(1216)



なぜミイラがここに・・

1165年学文路で亡くなった千里(ちさと)ノ前が
生家である近江の朽木家の家宝だった人魚を授かり
毎朝合掌して人魚は成仏したという

もって歩いたとはそりゃ疲れます

宿屋と苅萱堂は大変近い
遺品を苅萱堂が預かったわけだ


この人魚さん泳いでいたところ捕獲され
亡くなりミイラになった

1740年なぜかサンデーハロルド紙に掲載された
そのスケッチが
b0228416_11464712.jpg

早くから世界デビューしていた人魚さんだった

本物をみせていただいたが頭は上を見上げていない
 ムンクの叫びと似ている

この苦悶の表情が人々の苦悩を
肩代わりしてくれるのだろうか・・・


人魚考より(苅萱堂で購入)
人魚を拝観するのは無料
でもお賽銭だけではちょっとと思い購入

ネットに人魚の写真は出回っているが

素人さんは写真撮影禁止である

ところが住職さんいなくなり
となればシャッターチャンス!

とはいかない・・・
内緒で写真とるのはなぜか
とっても怖い

和歌山県有形民俗文化財指定































by gannyan1953 | 2017-10-07 12:14 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ①

歴史と素適なおつきあい番外編        2017・10・3


空海さんのいわれる曼荼羅を歩く



ブラタモリを見て高野山まで自分の足で
行きたくなった

横浜からだとまず麓の九度山に宿泊
2日目高野山へ
3日目ゆっくり高野山めぐり

という行程である




b0228416_10554100.jpg
ブラタモリ

九度山にある慈尊院から出発し根本中堂までに町石が180基
約108mごとに置かれている



慈尊院から根本中堂までは曼荼羅の胎蔵界
根本中堂から奥の院までが金剛界

今回理解に苦しむ曼荼羅の世界を体感する


私は浄土真宗だけど空海さんは
どんな宗教も受け入れてくれるそうです

高野山町石道
b0228416_12054810.jpg
この行程に
六本杉から丹生津姫神社に下りて
二つ鳥居に登り合流するルートをとった
古峠を通過しないが時間はあまりかわらない


目印の町石があるので道に迷うことはない


b0228416_12471093.jpg
高野七つ口の道  道の駅より




慈尊院、丹生官省府神社を参拝し
6時半出発

13時半根本中堂着だった

休憩入れて7時間なので

まあまあ順調に行けたと嬉しかった




私の空海さんのサイトに訪れる人が急増した
やっぱ・・・ブラタモリ?

ご参考に!





次は高野山②へ







  





by gannyan1953 | 2017-10-07 11:08 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
初めまして久し振りで ..
by shin344 at 21:35
コメントありがとうござい..
by gannyan1953 at 21:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2014年11月20日命日
at 2017-11-20 08:04
新宿旭町の貧民窟
at 2017-11-18 18:36
新宿の闇市
at 2017-11-12 18:35
東海七福神めぐり 江戸を守護..
at 2017-11-05 12:02
ガンジーの夢をみた
at 2017-10-21 17:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧