歴史と素適なおつきあい

ブラタモリをみて高野山へ②人魚のミイラ

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・10・3

学文路歴史散歩


まずは橋本で南海鉄道の改札にお願い

ちょっとまことくんの写真撮りたいんですけど・・・

はい  いってらっしゃい

ちょっと改札から抜け出し階段下りて駅の右側見ると

b0228416_11114649.jpg
ハロウィン姿のまことちやん



梅図かずおさんは高野町に生まれたのでゆかりの地にまことちゃん像が

私的には「漂流教室」が怖かったので好き
ドラマロケは中川でも行われた
現在東京都市大学


高野線に乗り換え「学文路駅」へ

かむろという

無人駅を下りて右に行くと八百屋さんがありその手前の坂を
登り踏み切り越えて左の坂を

なんときつい坂か

b0228416_11181114.jpg
 なんと女人道だった

無茶苦茶きついじゃないか・・・
b0228416_11190846.jpg
直線で高野山に行けるので江戸時代には人気だったとか

帰りに少し歩いたが倒木多く遭難しそうだったので
やめた
b0228416_11194988.jpg
石童丸の母千里が宿泊・・そしてここで亡くなった宿屋跡


b0228416_11203880.jpg
苅萱堂


なぜここにきたのか

人魚のミイラがあるのだ

石童丸は出奔した父を求めて学文路にきた
女人禁制なので母千里ノ前をここに置いて
高野山に行った
そこで道心に会う
その人こそ父であるが父は名乗らず
石童丸の父は亡くなったと偽る

母の元に戻るとすでに旅の疲れで母は亡くなっていた

行くところもなくまた高野山に登り
道心のもとで最後まで父親とはしらず
修行する石童丸であった

信濃のかるかや西行寺によると
父道心は信濃で84歳没(1214)
石童丸も信濃で65歳に没している(1216)



なぜミイラがここに・・

1165年学文路で亡くなった千里(ちさと)ノ前が
生家である近江の朽木家の家宝だった人魚を授かり
毎朝合掌して人魚は成仏したという

もって歩いたとはそりゃ疲れます

宿屋と苅萱堂は大変近い
遺品を苅萱堂が預かったわけだ


この人魚さん泳いでいたところ捕獲され
亡くなりミイラになった

1740年なぜかサンデーハロルド紙に掲載された
そのスケッチが
b0228416_11464712.jpg

早くから世界デビューしていた人魚さんだった

本物をみせていただいたが頭は上を見上げていない
 ムンクの叫びと似ている

この苦悶の表情が人々の苦悩を
肩代わりしてくれるのだろうか・・・


人魚考より(苅萱堂で購入)
人魚を拝観するのは無料
でもお賽銭だけではちょっとと思い購入

ネットに人魚の写真は出回っているが

素人さんは写真撮影禁止である

ところが住職さんいなくなり
となればシャッターチャンス!

とはいかない・・・
内緒で写真とるのはなぜか
とっても怖い

和歌山県有形民俗文化財指定































# by gannyan1953 | 2017-10-07 12:14 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

ブラタモリをみて高野山へ①

歴史と素適なおつきあい番外編        2017・10・3


空海さんのいわれる曼荼羅を歩く



ブラタモリを見て高野山まで自分の足で
行きたくなった

横浜からだとまず麓の九度山に宿泊
2日目高野山へ
3日目ゆっくり高野山めぐり

という行程である




b0228416_10554100.jpg
ブラタモリ

九度山にある慈尊院から出発し根本中堂までに町石が180基
約108mごとに置かれている



慈尊院から根本中堂までは曼荼羅の胎蔵界
根本中堂から奥の院までが金剛界

今回理解に苦しむ曼荼羅の世界を体感する


私は浄土真宗だけど空海さんは
どんな宗教も受け入れてくれるそうです

高野山町石道
b0228416_12054810.jpg
この行程に
六本杉から丹生津姫神社に下りて
二つ鳥居に登り合流するルートをとった
古峠を通過しないが時間はあまりかわらない


目印の町石があるので道に迷うことはない


b0228416_12471093.jpg
高野七つ口の道  道の駅より




慈尊院、丹生官省府神社を参拝し
6時半出発

13時半根本中堂着だった

休憩入れて7時間なので

まあまあ順調に行けたと嬉しかった




私の空海さんのサイトに訪れる人が急増した
やっぱ・・・ブラタモリ?

ご参考に!





次は高野山②へ







  





# by gannyan1953 | 2017-10-07 11:08 | 和歌山県の歴史散歩 | Comments(0)

雑司ヶ谷七福神

歴史と素適なおつきあい    2017

雑司ヶ谷七福神歩き

まだ湯気が立つほど新しい七福神
歩きやすく楽しい


集合:有楽町線「護国寺駅」1番出口方面改札口


鬼子母神堂 ・・菊池寛旧居跡・・雑司ヶ谷霊園・・恵比寿 神社 ・・毘 清立院 ・・吉祥天(寿老人の代替) 清土鬼子母神堂 ・・弁 静院 ・・布袋尊 中野ビル・・ 福禄寿 仙行寺








大黒天
鬼子母神堂



b0228416_17235034.jpg

b0228416_17240659.jpg

菊池寛旧居跡
b0228416_17241731.jpg
b0228416_17242489.jpg

明治21年高松で出生
京大卒業後文芸春秋を立ち上げ
直木賞や芥川賞の設立者
戦争中も戦争反対を唱えた

代表作:父帰る 無名作家の日記
b0228416_17243083.jpg
山田君の自販機
夏目漱石の墓を目指す途中



雑司ヶ谷霊園

夏目漱石の墓
b0228416_17244006.jpg
b0228416_17243629.jpg

他にサトウハチロー、島村抱月,ジョン万次郎、竹久夢二、泉鏡花、金田一京助、小栗忠順(ただまさ)、岩瀬忠震(ただなり)、小泉八雲、永井荷風、羽仁もと子(順不同)の墓がある。

雑司ヶ谷霊園は三代将軍家光のころお薬園となり八代将軍吉宗のころ鷹の飼育場所だった。明治7年(1874)東京府により共同墓地となった。広さは10万㎡ある。




毘沙門天
清立院

b0228416_17281728.jpg
b0228416_17282277.jpg

雨乞いの松
昔雨乞いと皮膚病の祈願寺だった
b0228416_17283808.jpg

昔稲荷社は金山稲荷といわれ
ここに刀鍛冶が居住していたという


恵比寿
大鳥神社
b0228416_17284586.jpg
b0228416_17285502.jpg
b0228416_17290428.jpg
b0228416_17291302.jpg

鬼子母神境内に鷲明神としてあったが明治の神仏分離により
この地に遷座
祭神は日本武尊


並木ハウス 裏側
b0228416_17292173.jpg

並木ハウス
b0228416_17293042.jpg



雑司ヶ谷鬼子母神の案内所
b0228416_17295726.jpg
並木ハウスの様子が2階に展示されている


学問所雑司寮明哲院
b0228416_17301481.jpg

ここではドイツ哲学のお勉強会があるらしい


大黒天
鬼子母神堂
b0228416_17302150.jpg
b0228416_17304802.jpg

だんごやさんといっしょになっている
b0228416_17304344.jpg
b0228416_17310981.jpg
人気の駄菓子屋さん
b0228416_18122914.jpg







弘仁元年(810)真言宗威光寺として開山、正和元年(1312)

                        

日蓮上人の弟子日源承認が日蓮宗に改宗し、

                             

威光山法明寺となった。


           

境内には「鬼子母神」(きしもじん)の石像があり安産、子育)こやす)の神として

信仰されされている

                    

鬼子母神は伊インドの神で訶梨帝母(かりていも)とよばれ、

鬼神般闇迦(はんしか)の妻になり、子供を多く生んだ。

なんと500人から千人といわれている

                           


しかし性質が凶暴で人間の子供を

奪い取っては食べてしまったので怖れられていた。



困ったお釈迦様は
鬼子母神の末子を隠し
子を失う悲しみを実感させ改心させた

お昼は境内横の「旬」
b0228416_18123466.jpg

 弁才天
観静院 

b0228416_18124297.jpg

b0228416_18125874.jpg

法明寺の境内に鬼子母神や観静院がある。法明寺の塔頭として元禄年間に創立し、池袋御嶽神社の別当だった。




途中お稲荷さんがあった

b0228416_18130865.jpg

布袋尊 中野ビル  

b0228416_18131392.jpg
b0228416_18131586.jpg

布袋尊像は、大正6年(19177代当主中野岩雄の弟により子像として

建立された後、中野岩雄による株式会社中野石材商店の店に祀られた。



福禄寿  仙業寺

b0228416_16370761.jpg


b0228416_18132695.jpg

日蓮宗で
明治41年(1908)善行院と仙応院が合併した
 
工事中で様子わからず

どうもビルになるらしい


# by gannyan1953 | 2017-09-24 18:48 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

ナミアゲハ 交尾

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・9・24


b0228416_17130151.jpg


朔太郎が道路上で動くものに怯えた

アゲハ交尾中だった

道路の真ん中なので車にひかれないかと
心配し少しずつ歩かせて端に寄らせた

くっついたまんま動くので面白い
約一時間このままだそうだ



# by gannyan1953 | 2017-09-24 17:16 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)

川崎マリエンに行ってきた


歴史と素適なおつきあい番外編  2017・9・22


b0228416_13304776.jpg




川崎マリエンの存在を知った
すぐに行ってみた

魅力は海底トンネル

大師線「小島新田」で下りて徒歩ナビでは5.3キロ

いやいや甘かった  10時に小島新田・・・11時40分に
到着6キロ以上はあった気がする

気がするのはずっと大型トレーラーとトラックと
いっしょに歩いたからか

目の前にある
川崎マリエンにたどり着くにはぐるぐる
回り道しなければたどり着けないからか

川崎駅からバスで行くか車で行くのがベスト

b0228416_17372678.jpg

跨線橋



小島新田は明治中期に成立したらしい
b0228416_15552255.jpg
工場地の線路

b0228416_15562787.jpg
夜光の交差点を左折

b0228416_15570091.jpg
b0228416_15565202.jpg
夜光の由来は日本を支えるため
夜も動く京浜工業地帯の車のライト・・・

前々違った!

川崎大師のはじまりの地であった


b0228416_15583822.jpg
千鳥橋

夜景がきれいらしい




b0228416_16012437.jpg
b0228416_16025875.jpg

グレーの船が見える
自衛隊かな


b0228416_16052125.jpg
また線路

b0228416_16060104.jpg
昔の橋の遺構?


b0228416_16060629.jpg
日本触媒の工場

b0228416_16171222.jpg


ウイキペディアの写真かっこいい!




b0228416_16125637.jpg
このさきに千鳥公園がある

b0228416_16130421.jpg
ここから海底トンネル

b0228416_16233113.jpg

b0228416_16245273.jpg
階段を下りて
b0228416_16235037.jpg
息がつまりそう


1人でこなくてよかった
なんか怖い

b0228416_16244219.jpg
真ん中あたり


やっと終わって地上に出たら
草ぼうぼうの公園

川崎マリエンがどこかわからない


b0228416_16253451.jpg
見えた

遠い・・・
20分はかかる


b0228416_16264715.jpg
東扇島から千鳥にむかう車用海底トンネル


b0228416_16273194.jpg
歩道橋の上にきたら
今くぐった湾岸道路


b0228416_16283895.jpg
歩道橋
ここは整備されててすっきり気持ちいい

b0228416_16291468.jpg
ちょっと近づいた


b0228416_16292901.jpg
このエネルギーでバーベキューを
するみたい


b0228416_16295862.jpg
お腹空いたので川崎マリエン隣の
食肉センターの食堂へ

このあたりラーメン屋さんと
トンカツとカレーのお店

そして目指したのはミートアイランド


b0228416_16311444.jpg
ハンバーグの定食 900円

ご飯がキラキラしておいしい

カルビ定食・・サーロイン定食と悩んだが

ハンバーグ好きなので

b0228416_16323894.jpg
やっと川崎マリエン到着

ビーチバレー練習していた


b0228416_16344703.jpg
玄関はいると巨大な鮫
b0228416_16350813.jpg
どっから流れてきたんでしょうね

近海にいたのかな・・・

展望台へ


b0228416_16381802.jpg
海ほたるが見える


b0228416_16385351.jpg
さっきランチした食肉センター


b0228416_16391649.jpg
北の方


b0228416_16393792.jpg
天気悪いので

スバルの車がアメリカのタンカーに続々
入って行く様子がおもしろく

ボー・・・と見ていたら
お腹いっぱいなので
眠くなる

人いない

静・・・・

夜9時までやっているので
夜景がきれいだろうな


帰りはバスで川崎駅へ


トラックといっしょの道は疲れるので
ここに来るにはバスがいいかもね





















# by gannyan1953 | 2017-09-22 16:47 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧