歴史と素適なおつきあい

タグ:ヤマトタケル ( 4 ) タグの人気記事

猿投神社  

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・7・29


b0228416_21124124.jpg


ヤマトタケルの足跡を追う旅で
ヤマトタケルの兄が亡くなった地を訪れた

猿投神社は祭神が大碓である

兄大碓とは双子という説がある。

碓は臼で穀物に関する名前と考え、豊穣を願う名前ではないか。

大碓は父が召した美濃の女性を迎えに行ったが、

その女性にひとめぼれ・・・父には他の女性を差し出した。

父に対し気がとがめたのか会食にも出なかった。

父は兄の出席を弟の小碓に促した。

ところが大碓はそれからも出席せず天皇が小碓に事情を聞くと、


「兄を捕らえて体をつかみつぶし手足をもいで薦(こも)に包んで投げ捨てた」


と答えた。(古事記)

実は兄は美濃に隠棲し、ヤマトタケルの死後10年後に

三河の猿投山で毒蛇にかまれて亡くなったといわれる。


実はヤマトタケルは兄を殺害していなかった


多治見市の柿野神社は兄を訪ねてタケルが牛でやってきた

という伝承がある。


兄に別れを告げにきたのか、兄は自分の家来を東征に随行させている。

タケルの死後土岐市鶴里柿野に移り住み、タケルの死から

10年後にまた移り住んだ猿投で亡くなったという。


猿投神社は大碓を祀り左利きだったため左利きの鎌が奉納される。

猿投山で42歳のとき毒蛇にかまれ亡くなったという。

父の景行天皇から兄を隠したのか、兄はこの地をタケルの死後拝領したのかわからない。

大碓の妻は景行天皇から奪った姫だとすると、

姫の父は現在の美濃加茂市を拝領しておりそこも近くにある。

妻の実家の援助でこのあたりに隠棲したとも考えられる。

大碓の墓は猿投神社にある。


b0228416_21132669.jpg

黄色の鳥居は珍しい

b0228416_21200079.jpg

b0228416_21203108.jpg
b0228416_21243113.jpg
b0228416_21234541.jpg
b0228416_21233006.jpg
猿の親子がかわいい

b0228416_21305695.jpg
b0228416_21311118.jpg
自動車関係の会社の奉納が目立つ

b0228416_21324028.jpg
大碓の元の滞在地である柿野の人の奉納があった















by gannyan1953 | 2017-08-06 21:37 | 愛知県三河の歴史 | Comments(0)

神坂(みさか)神社 阿智村

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・7・30

ヤマトタケルの足跡の旅にでた



b0228416_20445202.jpg

昼神温泉の奥に神坂神社はある

標高1070mくらいである

道は中央道の恵那山トンネルと並行しているが
険しい峠道である

b0228416_20445980.jpg
我が夫がハーイをしてまるでヤマトタケルの
銅像のようなポーズをとるので
驚いた

本人は銅像のポーズを知らない


b0228416_20532181.jpg
手水鉢

b0228416_20533910.jpg
ヤマトタケルの腰掛け石
大きい 座りごこち悪そう

ヤマトタケルはこの峠を昼神温泉から登った
悪しき鹿がいてノビルを噛んで目に当てたら
鹿は倒れた

それから通る人はノビルを噛みながら登ったという




b0228416_20585192.jpg

b0228416_20590339.jpg
貢馬は「くめ」と読む


b0228416_21005372.jpg
かっこいい道である
神社の駐車場に車を置いて富士見台を往復をする
人たちがいた

古代から中世まで東山道を行き来するのに
この峠は死ぬ覚悟で登ったという

そのおまもりが近くの遺跡から出土している

b0228416_21041274.jpg

b0228416_21035764.jpg
巨木に囲まれた社がとても素適だ

b0228416_21055544.jpg
b0228416_21060475.jpg

少し下りると

b0228416_21081136.jpg

b0228416_21081817.jpg
帚木にむかう道
登ってみたかったが時間がなかった

久しぶりに素適な神社にこれた























by gannyan1953 | 2017-08-03 20:45 | 長野県歴史散歩 | Comments(0)

京ヶ峯 幸田町

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・5・28

b0228416_22032550.jpg
三峯神社のヤマトタケル






b0228416_10234819.jpg
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-166732.html
京ヶ峯頂上の碑

ヤマトタケルの勉強をはじめた
我が家の先祖の住んでいた近くに京ヶ峯がある。
京ヶ峰もあるので間違えやすい

京ヶ峯は里山でヤマトタケル伝説がある
お狐さんの伝説もある
兎さんの伝説もある

1度沼地の低いあたりをうろついたことがあるが
怪談のロケに使えそうな沼があった

そのむこうにヤマトタケル伝説があったなんて知らなかった
きっと岡崎側は暗く
幸田町から登ると清々しいんだ・・・


天翔る白鳥 ヤマトタケル:小椋一葉
愛知の足跡に書いてあった


b0228416_10251305.jpg
山頂付近といっても低山です
写真:山だよねぇからお借りしました

ここに三村神社の奥宮
ヤマトタケルの碑
柳沢出世稲荷の碑があるという
 

b0228416_10462460.jpg
雲母もとれた
すごいねえ


ヤマトタケル伝説

この頂上でヤマトタケルは西の方を見て都をなつかしんだという
息子の鏡別王が祭祀をした
近くに皇子ヶ入 皇子田の地名がある

b0228416_10453553.jpg
写真:手当次第さん

お狐さん伝説
三村神社に仕えていたお狐さんである
幸田町の柳沢出世稲荷の白狐が960歳になった
あと40年で1000歳になってもっと霊力が増すよう
田原の御嶽神社に修行に出た
その間に祠が朽ち果て誰か新しくしてくださいと
村人の夢に出たが、1000歳になるまでに祠は
きれいになったのだろうか  気になる

恵那で1000歳になった三尾の狐さんが神力を得て
霊験を現したという言い伝えもある

無事1000歳を迎えられたなら嬉しいことです


兎さん伝説
にんじん畑を荒らされた村人が
うさぎが悪さをしているのをみつけた
おいかけてみると三村神社にはいって
姿を消した
さがしていると神社の欄間の兎の足に
どろがついている
左甚五郎が彫った欄間だそうだ


墓参りに行って何の気なしに見ていた山
どこにでもおもしろい言い伝えがあって楽しい










by gannyan1953 | 2017-05-28 10:48 | 愛知県三河の歴史 | Comments(0)

ヤマトタケルと六角橋

歴史と素適なおつきあい   2015・10・9 案内T氏


b0228416_11210423.jpg
堺市大鳥神社・・ヤマトタケル像 ウイキペディアより

東急白楽駅西口・・六角橋商店街・・仲見世通り・・祐天地蔵・・杉山大神・・
神奈川大学・・寳秀寺・・六角橋遊歩道・・塩嘗地蔵・・片倉駅

寳秀寺の記録(元禄8年・1695)に

ヤマトタケル東征の折、豪族大伴久応の庵(寳秀寺)に泊まった。
翌朝、食事のときに五位木という六角の箸を用いた。
それを大伴久応に授けたといわれる。

六角橋の地名の由来で六角箸から六角橋になった

別の説にここを流れていた滝野川(現在暗渠)にかかっていた
橋の材木の組み方が六角だったからというものもある。

白楽駅
対称15年(1926)東急東横線の丸子多摩川〜神奈川間の開通にともない
駅が設置された。
白楽の地名の由来は神奈川宿の伯楽が多く住んでいたから。
伯楽とは馬の周旋や、医者のこと。

六角橋商店街
b0228416_11411394.jpg

b0228416_12013915.jpg
仲見世通り
市内有数の戦前からの商店街で、メインストリートの他に
多くの路地が存在する。

旧綱島街道は古くから小机〜神奈川宿の街道筋で
付近の農村から農産物が神奈川宿に
開港後は生糸、農産物が横浜に運ばれた。
そこで六角橋は農家相手の商売がはじまった。
戦後は闇市があり現在の商店街に発展した。
かつては市電の終点で多くの買い物客で賑わった。

ここで有名なのが仲見世通りでメインストリートに並行して
狭い通路の両側に雑貨から肉、野菜、総菜屋となかなか楽しい
商店が並ぶ。

逆から歩いてここで買い物して帰ればよかった・・・
ドッキリヤミ市のイベントもおもしろそうだ
六角橋商店街

祐天地蔵
b0228416_12021291.jpg
厄よけ、子育てにご利益があるといわれる身代わり地蔵
文政二年(1819)に有名な祐天上人の名を冠し、六角橋の入り口に
村人が奉納した。
台座には目黒の祐天寺とのかかわりを示す文面がある

祐天上人は江戸時代に活躍した高僧で、浄土宗本山増上寺芝増上寺のお江様を訪ねて
36世法主(ほっす)で、怨霊に苦しむ人を強力な念仏で退治したといわれる。

お江様の化粧料地  より抜粋
ところで満願寺と増上寺を直線で結ぶと目黒区の祐天寺が線上にある。祐天寺も増上寺の裏鬼門であるかもしれない。祐天寺は享保3年(1718)増上寺の第36世祐天上人の遺志を継いだ弟子祐海が将軍吉宗の保護で上人の遺跡に開創した寺である。この祐天寺のある目黒一帯ももとは崇源院の御化粧料地だった。寛永9年(1632)以降石川村と同じく御霊屋(みたまや)料地となった。

祐天上人は晩年は目黒に隠居し没した。

杉山大神
b0228416_12161903.jpg
六角橋の鎮守
祭神は大物主命、日本武尊 天照大神

ヤマトタケルから六角の箸をもらった大伴久応が
箸の一本に天照大神 もう一本に日本武尊と書いて
杉山大神として祀ったという。

b0228416_12162494.jpg
樹齢200年のケヤキ

b0228416_12162709.jpg
境内の青面金剛

神奈川大学日本常民文化研究所
1921年創立のアチックミューゼアムが母体である。
渋沢栄一の孫の敬三が
学友たちと自宅の一角に開設した屋根裏部屋(アチック)の小さな
博物館fだった。民具、民俗研究、水産史の研究に活動の幅を広め、
諸地域の総合調査に乗り出した。
敬三は職業、専攻、性格にこだわることなく、
様々な人と活動、探求した。
ミューゼアムは戦時下で日本常民文化研究所と改称し
戦後は財団法人として再出発、1982年神奈川大学の付属研究所となった。
その際、民具類は国立民俗学博物館に寄贈された。

今回訪問して興味をひいたのは船の模型だった。
早くから研究所は海からの視点でとらえた
日本文化の重要性に着目してきた。
企画展示室には近藤友一郎和船模型の世界を展示、
近藤和船のコレクションだった。
和船製造の道具の多さに驚いた。

久應山 摂取院 寳秀寺 
浄土宗で、本尊は阿弥陀如来。
ヤマトタケルが泊まった庵のあった場所である。
密教系の杉山明神の別当だったが、
天正年間に秀蓮社清誉達道が来住し、
浄土宗に改宗した。

b0228416_20312070.jpg
大伴久応之墳
お墓があったという記念碑だと思う

b0228416_20331549.jpg
五体の庚申塔があるが、左の二つは風化している
見るとちょっと怖い

六角遊歩道
滝の川を暗渠化し、昭和60年に遊歩道が作られた。
滝の川は片倉町、神大寺(かんだいじ)あたりを水源とする川だが
1級、2河川級に入らず準用河川という。
この流れを河口にむかうと
慶運寺(フランス領事館)
浄滝寺(イギリス領事館)
成仏寺(ヘボンが住んでいた)
神奈川宿、神奈川台場にいたる。

塩嘗地蔵
b0228416_20472329.jpg

b0228416_20473121.jpg
病の快癒に霊験あらたかであると信仰されている
治ると塩を供えてお礼参りをする。
雪に埋もれたお地蔵さんにみえるが、塩で浸食され
お地蔵様が小さくなっている
昔ぜんそくの子供が治り、両親が中心になって
祠や階段を整備したという。
この場所は昔あった神大寺(かんだいじ)という寺が
あったという。
戦国時代小机城主笠原越前守信為が亡父の供養に
神大寺を建てた。二代目のとき焼失したので移転した。
それが現在の雲松院である。

片倉駅にいく

神大寺かんだいじの近くに神奈川大学じんだい(神大)があるので
なんだかややこしい・・・・











by gannyan1953 | 2015-10-10 12:26 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(1)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧