歴史と素適なおつきあい

マリア様のパワースポット

歴史と素適なおつきあい番外編  2018・11・3

b0228416_10100264.jpg

カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

ここを頂点、神田教会、イグナチオ教会を底辺とする
二等辺三角形ができあがる






時計回りに一周するとパワーがもらえるという

パワーが欲しいという孫と出かけた

出発は13時だったので
最初の到着は14時半

カテドラル教会
明治32年(1899)フランス語の学校の聖堂として建てられ、 
大正9年(19209に大司教座聖堂となった

当時は木造、畳敷きで履物を脱いで聖堂に入った

戦災で焼失

ドイツのケルン卿の支援で
故丹下健三氏による設計で
昭和39年(1963)に落成した

上空からみるとわかるが十字架の建物になっている

グーグルマップで確認










ここには高さ62m程の鐘塔がある

そして一番のパワースポットといわれる
ルルドの洞窟

b0228416_11064517.jpg
b0228416_11064951.jpg

早速
神田教会にむかう 

b0228416_11080099.jpg
講談社


神保町から近い

b0228416_11082573.jpg
神田教会の横 山田君自販機


神田教会に 16時少し前・・・入れた
誰もいない

夕日にステンドグラスが輝き美しい

今日一番のパワースポットだった

孫たちも
思わず息をのみ

おのずと静寂を楽しみながら・・・感動した

聖フランシスコ・ザビエル聖堂(神田教会)
b0228416_11084903.jpg
明治7年(1874)この地に創設
ラテン学校があり、そこにザビエルに捧げる聖堂となった

大火で焼けたり、震災で聖堂は失われたが

昭和3年(1928)現在の建物が建てられた

ここに
ザビエルの聖遺骨が祭壇にある

b0228416_11254143.jpg
脇から見ると犬か?
西郷さんみたいじゃないか・・

まわってみたら
子羊でした

キリスト教だもんね

羊は神に従う従順な生き物

私はヤギです


b0228416_11270639.jpg
飯田橋近くのイグナチオ教会

ここはいつも静かに音も立てず
人が座っている

大変緊張を強いられる場所だ

そして
カテドラル教会に戻る

b0228416_11285254.jpg
b0228416_11284814.jpg
孫の姿

17時半終了!


護国寺近くのレストランで
結願(?)を祝い

ドリンクバーで乾杯

その後
護国寺によって見た

孫が神社の飛び石をみつけ
暗闇の中
進むと
富士塚があった

スマホの懐中電灯で
真っ暗闇の塚を登り
登頂成功

b0228416_11304393.jpg
松の枝が昼間より美しい

静かな静かな護国寺

夜に訪れるだけで

こんなにも美しくなるのかと
またまたみんなで感動

帰宅時間は21時まわっていました

お疲れさま


















# by gannyan1953 | 2018-11-04 10:17 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

大仏切通に行ってきた



歴史と素適なおつきあい番外編  2018・10・30


b0228416_14202843.jpg
大仏切通

北鎌倉から登ったり下りたりを繰り返し
やっぱり鎌倉は着物よりスニーカー


まずは北鎌倉下車
裏から出て、友人に八雲神社の清明石を案内した
なぜかというと足の健康に効果ありといういわれがある
というか
石を踏まなければ足が丈夫になる
この石は鎌倉幕府のときの
陰陽師が使用した石で
もとはふもとの十王橋にあった

進駐軍が祈りの井戸も壊したらしい
そして八雲神社境内に
鎮座

b0228416_14262343.jpg

さあこれからハイキング
といいながら
アンティークの店でしばらく目の保養

浄智寺に着いたのが11時前
b0228416_14352960.jpg
葛原岡神社

日野俊基が明治天皇によって
祀られている

b0228416_14504594.jpg
供養塚

後醍醐天皇の側近でお公家さん
藤原鎌足の子孫である

鎌倉幕府打倒の企みが発覚し
ここ葛原岡で斬罪された

それから一年後鎌倉幕府は滅びる

b0228416_14502193.jpg


b0228416_14352444.jpg
右が男石 左が女石
平成22年に置かれた新しいパワースポット
 木の像は二宮尊徳邸の楠から彫られた像

石は赤い糸で結ばれ
おまもりには由比ケ浜の桜貝がついているとか

新しい名所もちゃんとお参りしました

b0228416_14521156.jpg
ハイキングコースに鶏がいました

佐助稲荷に寄りたくて
急坂を下りて

b0228416_14524506.jpg
お気に入りの佐助稲荷

ところが

静かだった隠れ里にある佐助稲荷
なぜか
人とキツネ様の像でいっぱい

宮司さん・・・3年前に長島一茂君がやってきて
キツネを奉納したら
それからいっぱい人がきてね・・・
と嬉しそうでした


b0228416_14545955.jpg
この雰囲気は変わらず、たまらなくいい

b0228416_14552621.jpg
白い小さいのがキツネ様の像
一体1500円くらいからだったかな

以前こんなになかったので
風景がごちゃごちゃしてしまっているが

大好きな神社が人気になり
嬉しいやら寂しいやら・・・


佐助稲荷から登って登って
大仏ハイキングコースに戻る

埼玉の修学旅行の小学生や
品川の遠足の小学生がヒーヒー 
キャーキャー歩く


b0228416_15581253.jpg
大仏切通に到着

鎌倉七口のひとつ
一部旧道で
明治に人力車が通れるように整備されたという

稲村ケ崎や極楽寺を通る事の方が
多かったらしく
ここが鎌倉時代の道であると言う確証がないという

鎌倉から深沢にでる道である

b0228416_15584263.jpg
b0228416_16164363.jpg

やぐらがありました

1時半・・火の見下バス停にでたが、

鎌倉駅まで30分なので
セブンイレブンで買ったサンドイッチ
食べながらプラプラ


最近みんなのお気に入り
餃子の王将で
乾杯!!


















# by gannyan1953 | 2018-10-31 15:05 | 鎌倉の歴史 | Comments(0)

東京のパワースポットに行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編  2018・10・24


b0228416_14041901.jpeg
長谷寺 十一面観音







「パワースポット ニッポン 」ヴォイス特別編集を読んで

驚いた事にものすごく沢山訪れていた・・
パワースポットなんて言葉がないときから・・・

旅費を工面してくれたご主人様に感謝・感謝

東京の未訪問のパワースポットに行ってきた


外苑前で下りて
鳩森神社にむかう

おしゃれな町青山を歩いて・・と思ったら
b0228416_14074081.jpeg
路地多い
こんなに民家があったんだ

b0228416_14074418.jpeg
 おもしろい家がある

途中瑞円寺に寄った
b0228416_14091706.jpeg
道祖神の脇におキツネ様が・・
珍しい  2基あった

b0228416_14113116.jpeg
静かでいい雰囲気のお寺でした


b0228416_14115940.jpeg
オッ  最近の山田くん自販機
鳩森神社のすぐ前にありました

そうそう余談ですが

この日 夜になって
友人がハワイにむかう飛行機で
ご一緒してますとメール来た

いいないいなの連発

早朝 ホノルル空港で
b0228416_14141668.jpeg
生山田様写真

気持ちよく撮らせてくださったとのこと

いいないいなの連発・・・

写真の話を早速午前中他の人にしたら

ジムのインストラクターが2人
わたし見たと・・
話を聞くと

お一人は10数年前スポーツジムで
一緒だった

もうお一人は最近 東京の居酒屋で
お隣が山田様だった

・・・・・・・・・・・



気を取り直し

目的のパワースポット


鳩森八幡神社



b0228416_14165794.jpeg
b0228416_14171159.jpeg
b0228416_14173841.jpeg
とてもきれいな案内図
気持ちいい

b0228416_14182520.jpeg
これも美しい

ルンルン富士塚登ります

b0228416_14185729.jpeg
b0228416_14190842.jpeg
頂上から

b0228416_14192027.jpeg
かわいいお稲荷様

b0228416_14193684.jpeg
王将だ

すぐそばに

b0228416_14200564.jpeg
テレビによく出てくる将棋会館があります


鳩森八幡神社は白い鳩がたくさん飛び立ち
奇瑞であるといわれ宇佐八幡神社から
勧請したという


b0228416_14351910.jpeg
パワーを感じたのは
後ろにそびえたつNTTの建物とのマッチだろうか

ハッと思った

国立競技場が壊されて更地を見た
それから
b0228416_14364160.jpeg
工事が進み少しだけ
ぽいのが見えた
ほとんどまだ工事中

b0228416_14383790.jpeg
千壽院

家康の側室おまあの方が創建した

b0228416_14395298.jpeg
銀杏並木

この時期銀杏の匂いがたちこめていた


b0228416_14403006.jpeg
途中慈眼院

そして

長谷寺

本にあった長谷寺ちょうこくじで、
はせでらじゃない


b0228416_14041901.jpeg
パワーありました
どきッとしました

イスに腰掛けぼーとしました





b0228416_14413810.jpeg


ここにも六本木ヒルズが・・・


いまのところ
一番のパワースポットは山田くんだったりして

自販機、これからも
写真撮ります

はじめての映画製作総指揮

聖☆おにいさん
孫と見に行きました

笑いっぱなしでした

ピッコマで今無料でみられます





















# by gannyan1953 | 2018-10-25 14:59 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

藤沢の中将姫伝説

歴史と素適なおつきあい番外編   2018・10・17

b0228416_21320418.jpeg
中将姫の祠

グーグルマップを見ていたら・・・
中将姫の祠を見つけた

なんで神奈川県に中将姫がいたのか・・・

ググるとほとんどが奈良周辺の伝説

美濃の寺を訪ねてそこで婦人病になったとも
そして藤沢に・・・?
ひっそりとある中将姫の祠を訪ねた



湘南台からのコースで
往復12kmくらい

湘南台・・用田寒川社・・示現寺・・水道橋・・川の駅 中将姫・・
中将姫祠・・湘南台駅

地図には垂水御所などあるが、
疲れたのでまた今度


中将姫とは

歴史に詳しくない人は誰それという

中将湯知ってる?

というと知っているという

中将湯は、ツムラを創業した津村重舎の
母方の実家藤村家に伝わったという

中将姫は、義母から虐待を受け
藤村家に一時お預かりの身となった

のち当麻寺で修行し
薬草の勉強もした

秘薬として世話になったお礼に
藤村家に伝えたという

もう一説はツムラの社員が余った薬草を
お風呂に入れたらよかったからという
b0228416_16123272.jpg
ツムラ創業100年の記念の入浴剤
2003年の事
あー・・・お湯に入ってみたい



いや、中将姫から教えられた事の方がロマンがあっていい
 あとは後半に



用田 寒川社

天正2年(1574)
伊豆の河津庄の領主 伊東氏の子孫といわれる
用田の豪族 伊東家により勧請された

明治になり用田の鎮守となり
祭神は誉田別命(ほむだわわけのみこと)
御所見小史には
天照大神・八幡妙見稲荷・宇賀神も祭祀とある

境内に八雲神社がある


b0228416_21580297.jpeg
参道が長くて立派

b0228416_21581167.jpeg
左が寒川社 右が八雲社

b0228416_21581781.jpeg
うっそうと気が茂り森のようになっている

b0228416_21582427.jpeg
寒川社を振り返るとひとつの山

示現寺
b0228416_21585890.jpeg
永禄3年(1560)寒川と同じ伊東家により観生寺として建てられ
戦後継承者がいなくなり廃寺となった
平成元年(1989)
前住職が開山、示現寺となり日蓮宗の寺となった

Facebookによると、水業・写経などできるらしい




b0228416_21590333.jpeg

示現寺をあとにのんびり歩く

b0228416_21590602.jpeg
こんな道を行くと案内地図はいう

b0228416_21590991.jpeg
登りきると中原街道

街道を横切り
脇の野原には・・・ネコの親子がひなたぼっこ

b0228416_21591438.jpeg

すぐ又・・こんな道・・なかなかの風情

b0228416_21593149.jpeg

すると川に突き当った

目久尻川
おもしろい名前だ

① 座間の寒川神社の御厨(みくりや)から流れてくるから
目厨川(めくりやかわ)から

②海老名の伝承で河童が悪さをし地元の人が
河童の眼をくりぬいたから・・目穿川(めくじり川)

おお怖!
私的には①押し
b0228416_22000872.jpeg
水道橋

b0228416_22001077.jpeg
のどかな風景だが実はこのあたりを10分歩く
その間 3機の軍用機が飛ぶ

ぜんぜん静かでのどかじゃない

b0228416_22001360.jpeg
2機目の軍用機


川の駅

b0228416_22001610.jpeg

まっ 駅といえども あるのはこれだけ

ここから左の突き当たりが中将姫の祠

があるはずだが

中将姫の幟は見えるが
道がない

わきの寺に行ってみて

寺のお墓を通過してぐるりとまわってみた

壽昌寺

b0228416_22001961.jpeg
b0228416_22002360.jpeg

慶長18年(1613)やはり伊東家により開山



b0228416_22002610.jpeg
やっと山の方からの入口にたどり着いた


中将姫 祠

b0228416_22002866.jpeg
b0228416_22012274.jpeg
中腹に祠がある

b0228416_22011999.jpeg
b0228416_22003288.jpeg
當麻寺にある中将姫が織った曼荼羅の写真

b0228416_22011769.jpeg

b0228416_21320418.jpeg

中将姫は
 
鎌足の曾孫にあたり
実の母は5歳のときに亡くなり
後添えの義母が
辛くあたるようになった

殺されそうになり
家臣の知り合いの藤村家にかくまった

のち


当麻寺で隠れ住むが
天皇の后にという話が持ち上がり
そこで尼になった


そして一夜でハスの糸で
当麻曼荼羅を織り上げる

私が興味をもったのは

折口信夫の
「死者の書」である

姫がゾンビになった大津皇子を慕う内容だったと思う

50年前に二上山に葬られた大津皇子が墓からよみがえり
着物も腐りはてているので

ガウンを作ろうと
織物をしたと・・・

大変魅せられた小説である

「した した した」という水のしたたる音がさみしい

二上山の夕日が見たくて
橿原のダイワロイヤルに宿泊して
見る事ができた

二上山の大津皇子の墓は
寂しかった


ここ藤沢に伝わる話は

義母から逃れ、顔をみられないように
お面をかぶり過ごした

のちにそのお面は
壽昌寺に納められたが
紛失してしまった

ここまで逃げてきたというのは

あり得ないと思うが

神奈川に伝承があってよかった











# by gannyan1953 | 2018-10-23 22:03 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

証券取引所に行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編  2018・10・10

清澄白河から日本橋方面散歩をした


b0228416_09545441.jpeg

途中の山田くん自販機

b0228416_09412182.jpeg
水天宮のおいぬ様に
お参りした
なでなで・・

b0228416_09421434.jpeg
久しぶりのたいめい軒
今日はランチ
50円のスープはあっさりしていて
やっぱり美味しい
最近スーパーでたいめい軒のハンバーグ弁当が
売られているが、基本の味は
このランチと似ている
じゃあお弁当でもいいかと思った

やっぱりここはオムライス!


b0228416_09445167.jpeg
今日の目的は証券取引所

ネットで一般人が見学できることを知った

b0228416_09453402.jpeg
遅かったのでお仕事はおしまいしてました
日本の経済のため
頑張ってください

b0228416_09460555.jpeg
b0228416_09545097.jpg
鎧の渡 小網町 江戸名所百景より

将門様史跡の鎧橋

由来は

①源頼義が奥州征伐にいくときこの場所で
暴風雨にあった
自分の鎧を海中に投げ入れ
風がおさまった

②平将門が兜と鎧を奉じ塚に埋めた

それが兜町の由来である

個人的には将門様がいいな・・・





# by gannyan1953 | 2018-10-15 09:37 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
 金龍ははい回ったのでな..
by 唐山 at 20:27
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧