歴史と素適なおつきあい

杉山神社 大棚社 港北ニュータウン

歴史と素適なおつきあい 2009座学

当ブログの「鉄と神」を参考にしてください。鉄と神


杉山神社 大棚社                           
 遷座した場所
1 旧跡  大棚 477   
杉の森 龍福寺近く 大正3年まであった 
 
2 元蹟  中川町 1083 
大塚近く 明治45年に移動

3 吾妻山 中川 757   
吾妻山山頂  ニュータウン建設のため移動し仮社が建てられていた

4 現在  中川 6-1-1 
センター北駅近く  平成7年新築遷座

「延喜式」神名帳に記載された唯一の式内社であるが、本社はどこであるかわからない。延喜式とは平安時代に作成された神社の格付けで、杉山神社は格式のある神社であるという証明である。新吉田、茅ヶ崎、八朔、勝田などの杉山神社とともに本社の候補にあがっている神社である。明治13年郷社に列格。

祭神      日本武尊(ヤマトタケルノミコト) 五十猛命(イタケル・イソタケルノミコト)
配神      伊弉諾命(イザナギノミコト)、伊弉册命(イザナミノミコト)、橘姫、応神天皇
合祀された社  八幡社・吾妻社・神明社       境内 第六天    (杉山神社大棚社)
  
一般に杉山神社の祭神はヤマトタケル、イタケルが多いがオオナムチ、スサノオノミコトを合祀するところも多い。横浜市内だけでも名を変えた神社もふくめ50社はあり、川崎、町田などに分布しているが関東のみの神社であり、本社も定かでないミステリアスな神社である。今でも本社論争が絶えない。     (あかねネット)

大棚社は平成7年の遷座の折、和歌山の伊太祁曽(イタキソ)神社から五十猛命の霊壐を飛行機でお連れした。そして御主祁神の日本武尊とともに祭神となった。宮司は江田「剣神社」の斎藤氏である。(杉山神社大棚社)

五十猛(イタケル・イソタケル)は父スサノオと共に木の種をもって韓の国へ天降りたがそのまま大八州の国にきて国中に種を蒔いて最後に紀伊の国に戻ったといわれる神である。大屋毘古神ともいう。金属神でもある。
                                                                                                                 (神奈備にようこそ)

杉山神社異聞
杉山神社は産鉄系神社だった!!

鶴見川水系に多くある地域性の強い神社で、本社、祭神が定かでなく明治初頭72社である
838年 承和5年 続日本紀:武蔵国都筑郡枌山神社が官幣にあずかった
848年 嘉祥元年 従五位下にあずかる
927年 延長5年 延喜式神名帳:式内小社(官社)に加わるー南武蔵の有力神社となる

別当寺: 真言宗40 天台宗11 日蓮宗3 修験1村持9 不明8
本地仏: (明記27社)不動明王23 薬師如来2 釈迦如来、十一面観音1
祭神 : 五十猛命17 日本武尊15 大巳貴命4 大日孁貴命4 天照皇大神3
     天照大神3 素盞鳴尊3 市杵島姫命2
忌部氏の神:金属神で茅ヶ崎社は忌部氏の祖を祀るといわれる
*茅ヶ崎社 高皇産霊神:天地創造の神 天日鷲命:忌部氏の祖の天太玉命に属し木綿作りに従う
      由布津主命:天日鷲の孫 阿波より安房にきた忌部氏の族長。
*成瀬社  高坐雲尊:位の高い高麗人
神宝 : 銅製の懸け仏 懸け造りの堂は産鉄地に多く、懸け仏は虚空蔵信仰である

六所宮(大国魂神社)


一之宮 小野神社  多摩  天下春命 素盞鳴尊 伊弉諾尊 彦火火出見命(アラハバキ)
二之宮 小河神社 あきるの 国常立尊(アラハバキ)
三之宮 氷川神社  大宮  須左之男命 稲田姫 大巳貴命 (アラハバキ)
四之宮 秩父神社  秩父  思金命 知知夫彦命 大山祇命 妙見神
五之宮 金鑚神社  児玉  素盞鳴尊 天照大神 金山彦
六之宮 杉山神社  横浜  五十猛命 日本武尊 大国主命 素盞鳴尊

近所の神社 :驚(おどろき)神社 剣(つるぎ)神社 鐡(くろがね)神社

鉄分のおおい水がでる。
製鉄地名が多い
西谷遺跡から中世の鉄製品(武具、鎧など)出土。以上杉山神社の元の神は産鉄系であると思う。


参考:金属と地名、青銅の神の足跡:谷川健一 隠された古代:近江雅和 黄金と百足、金属鬼人柱:若尾五男 日本古代祭祀と鉄、古代の鉄と神々:真弓常忠 風と火の古代史(よみがえる産鉄民):柴田弘武 鉄の民俗史:窪田蔵郎 神々と天皇の間:鳥越憲三郎 杉山神社考:戸倉英太郎 古代山人の興亡:井口一幸  弥生時代のはじまり:春成秀爾  ながされびと考:杉本苑子 伊勢の神宮ヤマトヒメ御遷幸のすべて:大阪府神社庁 古代の製鉄:山本博 古代伝説の旅(電車・バス・徒歩でたどる東急沿線):新井恵美子  靖国刀:トム岸田 鉄から読む日本の歴史、 新羅花苑(壬申の乱異聞):宇田伸夫 日本科学古典書(鉄山秘書):三枝博音  まぼろしの鉄の旅:倉田一良 古代東北エミシの謎 日本の神々:鎌田東二 鬼の日本史:沢史生 鶴見川流域の考古学:坂本彰  空海と錬金術:佐藤仁 空海の風景:司馬遼太郎 古代史を解く九つの謎:黒岩十吾 日本神話の謎がわかる:松前健 
HP:中央構造線と古代史を考える 伊太祁曾さんの風土記 博物館ニュース 坂東千年王国 日立金属 和鋼博物館 ウイキペデイア

  

by gannyan1953 | 2011-05-07 19:06 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)
<< 将門と鉄 横浜市都筑区八幡山・港北ニュータウン >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
ご無沙汰しております。コ..
by gannyan1953 at 14:19
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧