歴史と素適なおつきあい

中川と八王子千人同心

歴史と素適なおつきあい番外

港北ニュータウン中川と八王子千人同心


徳川家康が天正18年(1590)江戸入りした。
すぐに家臣への知行地の配分に取り組んだ。
知行高の少ない者を江戸城近くにおいた。

甲州を江戸のの防衛線とすべく、旧来からの山城である八王子城を廃城して、
城下を南に移し関東の代官を18人常駐させた。

その配下に置いたのが八王子千人同心である。

八王子千人同心と中川の関係は深い。

久志本氏は勝田村、野々山氏の増上寺領を別として牛久保、大棚、山田の村々は
旗本の複雑な采地(さいち・領地)であった。

牛久保村ー安藤氏・久志本氏・代官領
大棚村ー12(のちに9)の旗本采地・代官領
山田村ー10の旗本采地・代官領

旗本で一番多いのが曾根氏の五百石であった。


ほかは曾根氏を含め、甲斐出身である。この甲斐出身者が八王子千人同心である。

新編武蔵風土記稿によると、

千人頭は八王子に常駐し、家康家臣団の中では独自の地位を保っていたという。
例えば山田村の領主山本氏をみてみる。

山本氏は中川地区では山田村で二百四十石、大棚村では十一石合わせて二百五十一石の石高でそれぞれの采地に名主がいる。(安政二年)
山田村の名主は平七、大棚村の名主は重左衛門で、山本氏は八王子に住んでいた。

一つの村にたくさんの領主が存在したため、警察権、裁判権などうまくかみ合わず問題が多かったという。
そこで文化二年(1805)関八州を取り締まる「八州まわり」と呼ばれる警察組織が作られた。

旧中川村の領主一覧 新編武蔵風土記稿による

茅ヶ崎村(血ヶ崎村)

増上寺領・野々山新兵衛

勝田村

久志本左京亮常範

山田村(矢股村)

伊那半十郎忠治・野村彦太夫・小野田三郎右衛門信利・山本伝次郎・石坂勘兵衛

志村又左衛門・中村弥左衛門・河野伝之允・萩原五左衛門・久保田庄兵衛

山本金右衛門・原伝左衛門・曾根半兵衛

大棚村

野村彦太夫・小野田三郎右衛門信利・石坂勘兵衛・石坂彦三郎・萩原伝左衛門

窪田助之允(窪田辨二郎)・萩原五左衛門昌泰(萩原信太郎)・中村弥左衛門(中村万吉)

原権左衛門(原半左衛門)・山本金右衛門(山本橘次郎)・久保田庄兵衛(久保田忠兵衛)

志村又左衛門(志村内蔵助)・河野伝之允(河野四郎左衛門)  

牛久保村

小野田三郎右衛門信利・久志本左京亮常範・安藤太郎右衛門基定


新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)とは、文化・文政期(1804年から1829年、化政文化の時期)に編まれた武蔵国の地誌。


領主の出自

調べることができた領主について書きました。

曾根氏は甲斐の武田の有力家臣で、その一族と思われる。

久志本氏は伊勢出身

野々山氏・安藤氏は三河出身


石坂勘兵衛(千人同心)
八王子市千人町にある萬松山興岳寺は、文禄元年(1592年)石坂勘兵衛が菩提寺として建てた寺である。

中村氏(千人同心) 甲斐中村庄から興った

久保田氏・窪田氏(千人同心)

甲斐の大族三枝、石原氏の一派で、甲斐国山梨郡窪八幡の地より起こる。
三枝守国の時に甲斐国石坂に住して石坂と称し、忠次の時に武田家に仕えるようになり、
忠廉の時に武田信玄の命により窪田と改めたという。
忠廉は後に徳川家康に仕え幕臣旗本となっている。ただし『寛政譜』では紀氏と称している。(『寛政重修諸家譜』)

志村氏

先祖が志村将監と伝わっており、北条家臣だったという。八王子城落城の際八王子に隠れ住んだ。
千人頭の志村又左衛門貞盈は、天正三年(1575)の長篠合戦の時山縣昌景の首を背旗に包んで必死に逃げ帰ったと伝えられる。
天正十年三月武田家滅亡の後に千人頭河野但馬守通重と共に北条氏に仕えたと思われる。

河野氏 北条家臣

原氏(千人同心) 武田家臣

小野田三郎(千人同心)寛政4年に関東代官を辞任している。

山本氏 (千人同心)武田家臣

伊奈氏(千人同心) 甲斐の国志に八代郡御前山の村の岡に砦あり。
若彦路の守りか。小山合戦で、伊奈三郎、城の加勢として陣を取ったとある。
                                                                                                      港北区史より

八王子千人同心とは? Web八王子事典より抜粋

近世初頭,甲州口防備・北条旧臣監視の目的で徳川幕府の命により設置された千人から構成される
半士半農の軍事集団.同心分布は八王子を中心として周辺地域に及んでいる.

1590年(天正18)の八王子城落城後の治安維持警備のため,徳川家康の命ににより甲州から移動して
八王子城下に配置された長柄組と称する武士団が始まり.
もとは武田氏旧臣で,武田氏滅亡後,家康に仕え,甲州九口の道筋を衝っていた小禄武士団だった.

当初250人,翌91年250人増員し,現在の千人 99年(慶長4)に更に500人を増員し,千人同心としての組織が確立.100人に1人の千人頭,10人に1人の組頭,平同心90人を以って構成された.

千人頭は200石から500石未満の俸禄を受け,将軍に謁見できる旗本,組頭は30俵,平同心は平均13俵の俸禄を受けていた.

当初の主要任務は甲州口の警固であったが,1652年(承応1)から幕末まで日光東照宮の警備(日光勤番),1800年(寛政12)から2回にわたり北海道の湧仏(現・苫小牧市)・白糠と58年(安政5)の
函館附近の開拓警備,更に,幕末の将軍上洛供奉,長州征伐,横浜警備など
多方面にわたり江戸幕府の警備の一端を担ってきた.

また,文化・文政期から幕末にかけて『桑都日記』『鎌倉紀行』など著した塩野適斎,
『新編武蔵風土記稿』編さんに従事した植田孟晋,
更に,江川太郎左衛門とともに開国論を唱え『献芹徴衷』などの名著を著した松本斗機蔵など
多くの学者・文化人を輩出した.
1866年(慶応2)八王子千人隊と改称している.
by gannyan1953 | 2012-11-20 09:24 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)
<< 鉄と神 大須商店街 >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
ご無沙汰しております。コ..
by gannyan1953 at 14:19
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧