歴史と素適なおつきあい

お江の化粧料地

お江の化粧料地だった、 たまプラーザ・王禅寺

石川村、王禅寺あたりがお江の化粧料地であった。身分の高い女性の財産、持参金のことをいう。領地と化粧料地の違いは将軍家に対し軍備の提供を化粧料地はしなくてもいいことである。この化粧料地は崇源院死後、増上寺の御霊屋(みたまや)料地となった。徳川家の菩提を弔うための費用を賄うためである。
石川村の地名の由来―早渕川の水が澄んでいて、川底がほとんど岩なので石川と呼ぶようになったという。早渕川は王禅寺が源流である。

山内村の地名の由来―増上寺の御霊屋料地だったことから増上寺山内と呼ばれたことからという。


満願寺 横浜市青葉区あざみ野4-27-6

b0228416_132345.jpg

b0228416_12363475.jpg




















平原橋近くあざみ野4丁目の小高い地にある。元和2年(1616)の過去帳に寺主の名があるそうで、このころには存在したことになる。
ここに二代将軍秀忠の位牌がある。満願寺が増上寺の裏鬼門にあたり守護の役割があったためと思われる。実際山門は小ぶりながら堂々としている。江戸時代の石仏もあり、中には康安2年(1362)の板碑もあり、このあたりの土地を支配した有力者の影がみえる。
ところで満願寺と増上寺を直線で結ぶと目黒区の祐天寺が線上にある。祐天寺も増上寺の裏鬼門であるかもしれない。祐天寺は享保3年(1718)増上寺の第36世祐天上人の遺志を継いだ弟子祐海が将軍吉宗の保護で上人の遺跡に開創した寺である。この祐天寺のある目黒一帯ももとは崇源院の御化粧料地だった。寛永9年(1632)以降石川村と同じく御霊屋(みたまや)料地となった。


化粧面谷公園(けしょうめんやとこうえん) 川崎市麻生区王禅寺5-42
お江の化粧料地であったことから地名が残った。

琴平神社  川崎市麻生区王禅寺東5-46-15
お江が御祈祷所としたという由緒書きがある。                                   

郷土史研究家横溝潔氏の講演では「江戸時代、満願寺は石川村にあり、現在の元石川、美しが丘、美しが丘西、あざみ野、荏子田、新石川になります。寛永3年、お江が亡くなった時、石川村など化粧料地の村々から、お江の棺を担ぐ人々が結集したといいます。それは子孫にも伝えられ、家康の命日(17日)、秀忠の命日(24日)お江の命日(15日)には精進物を用い、行事が行われてきたといわれています。」

実際にお江がこの地を訪れた話は伝わっていないが、秀忠が鷹狩りに訪れ、王禅寺の柿を「禅寺丸」と命名したと伝わっている。 (琴平神社HP・緑区歴史講座・史跡探訪1988・「元石川今昔」・wiki)


当ブログ「増上寺の寺領」参照  


by gannyan1953 | 2012-12-26 23:56 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)
<< 愛鷹山(あしたかやま)・十里木... 「熈代勝覧絵巻」日本橋散策 >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
ご無沙汰しております。コ..
by gannyan1953 at 14:19
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧