歴史と素適なおつきあい

やまきたのハイキング

歴史と素適なおつきあい 番外編       2013・4・7

エコカーを買ったのでまずはドライブ、東名高速を走って、山北町にやってきた。
役場は休みだが隣接した図書館のある建物でパンフレットをもらった。

「やまきたのハイキング」
河村城址・洒水の滝コース 徒歩1時間45分を選んだ。
洒とは「しゃ」と読み、水をそそぐという意味なのか、ほかに清めたりさっぱりするという意味がある。
b0228416_19153750.jpg

駅横のSLを見ながら城跡の坂道にある文化11年(1814)の石碑

b0228416_19175826.jpg

河村城
b0228416_19182961.jpg

畝掘で、手前がお姫井戸といわれ、落城の際お姫様が井戸に身を投げたという秘話が伝わる。

河村城
河村城は平安時代末期に藤原秀郷の流れをくむ河村秀高によって築かれたとされる。

建武の新政・南北朝時代に入ると、河村氏は新田氏に協力し南朝方につき、北朝方の足利尊氏と対峙したといわれ、1352年(南朝:正平7年、北朝:文和元年)から2年間、河村秀国・河村秀経らは新田義興・脇屋義治とともこの城に立てこもり、畠山国清を主将とする足利尊氏軍の攻撃をしのいだとされる。しかし、南原の戦いで敗れ落城し河村一族の多くは討死し、新田義興・脇屋義治は中川城を経て甲州に逃れたとされる。

その後は、この城は畠山国清や関東管領上杉憲実を経て、足利持氏の属将、大森憲頼(大森氏頼・扇谷上杉氏の家臣の弟)の支配するところとなる。

戦国時代に入ると後北条氏の支配を受けるようになった。元亀年間(1570 〜1573)には甲斐国の武田信玄の侵攻の際に補強され、その後、周辺の諸城とともに後北条氏と武田氏の間で争奪合戦があったとされる。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐で、この城は落城し廃城となった。

b0228416_1940393.jpg


b0228416_19382299.jpg

本丸跡
b0228416_19421939.jpg

前日に大雨だったため濁流の酒匂川

b0228416_19405033.jpg

酒匂川を渡ったところにある石碑

b0228416_19432315.jpg

b0228416_1943438.jpg

僧が即身成仏した場所で、祠がある が、中に石を投げ込むらしい。

b0228416_19433897.jpg

洒水の滝

源頼朝に平家打倒の挙兵を促した文覚上人が修行した滝といわれる。
近くまで行ける橋が閉鎖されており残念だった。
思ったより力強くきれいな流れでいい場所だった。

帰り道最勝寺を通り過ぎたところで蛇が横切った!!
最勝寺は文覚が100日修行をしたときに彫ったといわれる不動明王がある。
by gannyan1953 | 2013-04-30 23:42 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)
<< 日光街道 踏破① ちょっとディープな浅草散歩 >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
 金龍ははい回ったのでな..
by 唐山 at 20:27
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧