歴史と素適なおつきあい

寳登山(ほどさん)神社

歴史と素適なおつきあい 番外編           2013・8・11
b0228416_14544313.jpg


寳登山神社に行ってきた
秩父三社と言われる神社なので、行きたかった。
金鑽神社に向かう道筋だったので、立ち寄ることができた。
荒川で泳いだり、バーベキューしたり観光客でいっぱいの界隈であった。
有料駐車場がずっと続き参拝するのに一日駐車場にいれなければいけないのかと
思ったが、そんなはずはないと神社に向かった。
よかった。参拝者の駐車場はあった。
参道を走った奥に神社があるが、すっかり静かな空気になっていた。



寳登山神社 (秩父郡長瀞町長瀞1828)
祭神は
神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)神武天皇
大山祇神(おおやまつみのかみ)山の神
火産霊神(ほむすびのかみ)火の神

ヤマトタケルが蝦夷征伐の帰りに宝登山に登頂し、三柱の神を祀った。
途中山火事に遭い、多くの犬が火を消したといわれ眷属に大口真神が守護として祀られている。

名前の由来として、寳登山神社のしおりには、火止(ほど)は犬が火を消したことから火止めの伝説に由来するとある。
そのため火災盗難除のご利益がある。

別説に金属関連といわれるがその説の方が一般的である。

寳登山のホドとは火処といわれ、金属精錬の火処のことである。
火処とは、金属が熱せられる溶鉱炉の出てくる場所であり、お産にたとえられる。
火加減を見る穴はホド穴といわれる。溶鉱炉は子宮、溶けた金属は湯という。

製鉄について、古事記にでてくるのだが、
「鍛人(かぬち)天津麻羅を求(ま)きて」とあるだけで、何をしたのかは書かれていない。その前に「天の金山の鉄(はがね)を取りて」とあることから、伊斯許理度売命(いしこりどめ)が鏡を作るための製鉄を行ったと考えられる。

アマツマラは製鉄集団の頭領でアマツは天津神(アマツ神)、
マラは
①目占メウラー片目のこと
②蒙古語で、鉄の意味
③男根の意味(この説は近年言われたことらしい)
があり、
製鉄の男性はアマツマラ、女性は溶鉱炉の火炉ということになる。
しかし実際には鍛冶は女人禁制であった。


近くには和同開珎で有名な黒谷や、山麓の東部に採銅鉱遺跡、天狗山山麓遺跡、荒川沿岸の金山遺跡、渡し場の金石、井戸の金ヶ岳、西浦両地区の採銅遺跡、金尾などの地名があげられている。

金鑽神社も含めこのあたり金属に縁がある。当ブログ「埼玉県の歴史・金鑽神社」参照
鉱物資源が豊かだったので、渡来人が配属され鉱山が開かれていったと
思われる。

b0228416_14544836.jpg

ヤマトタケル 禊ぎの泉

濁ってしまったのは、お賽銭を投げ入れて反応したかららしい。
宝登山登頂の際に体を清めた泉だそうだ。

ウイキペデイア参照
by gannyan1953 | 2013-08-28 08:16 | 埼玉県の歴史散歩 | Comments(0)
<< 熱海のパワースポット 神社 金鑽神社 >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
 金龍ははい回ったのでな..
by 唐山 at 20:27
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧