歴史と素適なおつきあい

深大寺を訪ねて

歴史と素適なおつきあい     2018・11

「多摩川にさらすてづくりさらさらに何ぞこの児のここだ愛(かな)しき」という
万葉集の歌が残る調布は渡来人が開拓し、深大寺を建立しました。
2017年改めて国宝指定された白鳳仏が安置されています

b0228416_21483536.jpg
深大寺 国宝 白鳳仏


集合:9:45 京王線「調布」駅 中央口改札

調布駅・・天神通り・・布田天神社・・琥珀神社・・深大寺

深大寺で解散 バスか徒歩で調布駅に向かいます

調布
調布の地名の由来は租庸調(現在学校では租調庸と教えている)の調で、
ここでは特産の麻布を納めたことに由来する。
通称ハケ(崖線)からの湧水を使ったソバは江戸時代から有名で、
「深大寺そば」というブランド品は庶民には手の届かない品だった。
8世紀渡来人により栽培が始まったと伝わる。
幕末頃から庶民にも親しまれ門前町にそば屋が多くなった。
市内には日活・大映の撮影所・スタジオ・映画関連企業があり
映画の町調布といわれるようになった。
ロケにふさわしい景観とフィルムの現像にかかせない地下水が
豊富だったからという。
漫画家水木しげるさんが調布の町をモデルに「ゲゲゲの鬼太郎」を
書き、布田天神社の裏に鬼太郎が住んでいた設定になっている。
2018年 新しくテレビのアニメが始まった。

天神通り
ゲゲゲの鬼太郎の登場妖怪たちがいる布田天神社参道
b0228416_21541471.jpg
鬼太郎

b0228416_21541716.jpg
これは山田君

b0228416_21575663.jpg
ねずみ男

私は、ねずみ男が好きである。結構性格悪くとにかく不潔で臭い
ばったり会ったりもしたくない
けど 憎めないキャラ

b0228416_21542038.jpg
ねこ娘と一反もめん

b0228416_21542392.jpg
塗り壁


大正寺
b0228416_22070385.jpg

廣福山栄法寺と、紫雲山寶性寺、三栄山不動院の3ヶ寺が大正4年に合併、
三栄山大正寺として創建された。
布田天神社の別当だった。
とても静かな寺である。

布田天神社  祭神:少彦名命と菅原道真
b0228416_11174747.jpg
b0228416_11180706.jpg
創建年代は不明だが社伝には、垂仁天皇(BC29年)のころとされる。
延喜式神名帳に記述があるので古社である。
文明年間(1469〜1486)に多摩川の氾濫で
1477年現在地に移転した。
江戸時代の本殿、秀吉の太閤の政令、狛犬は寛政8年(1796)のもので
市の繁栄を祈願したもので毎月25日に開かれている。

琥狛神社 祭神:大歳御祖神(オオトシミオヤノカミ)
創建は定かでないといわれるが、
神社の由緒には崇峻天皇(589)8月に創建とされる。
祭神は農業の神である。
社殿は天和3年(16839の再建でこの辺りでは最も古い。
ジブリの「千と千尋の神隠し」のハクは
この神社からつけられた名前だと言う。

狛は狛江の狛と同じでもとは高麗神社ではなかったかといわれる。
調布も狛江も渡来人が開拓した場所である。

深大寺城址

古くは武蔵七党の狛江氏の築城とされる。
戦国時代は扇谷上杉氏の所領で北条氏に対する防衛の城だった。
が、北条はここを迂回し、直接川越の上杉本拠地を攻めたため
価値がなくなり廃城となった。

深大寺  天台宗
浮岳山昌楽院 深大寺・厄除元三大師という。
縁起には、深大寺を創建した満巧上人(まんくうしょうにん)の父福満が
郷の長と恋仲になり、娘の父は湖水の中にある島に隠した。
深沙大王に願ったところ
霊亀にのり島に渡って娘を見つけ出す。
娘の父はこの奇瑞を知って2人の仲を許したという。
生まれたのが満巧上人で天平5年(733)に
深沙大王を祀る堂を建てた。

b0228416_10565533.jpg

b0228416_10565961.jpg
b0228416_10570392.jpg
b0228416_10570662.jpg
b0228416_10571766.jpg
白鳳仏 拝観入口

福満

『縁起』によると

『福満が、この地の長・右近の娘と恋仲となった

右近夫妻はこれを悲しみ、娘を湖水中の島に隠してしまった

そこで福満は玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の故事を思いだし

深沙大王(じんじゃだいおう)に祈願して、

霊亀の背に乗ってかの島に渡ることができた

右近夫妻は二人の仲を許し、やがて生まれたのが

満功上人であったと伝わる
天平5年(733)満功上人は、父福満の宿願を果すために出家し、

南都に法相(ほっそう)を学び、帰郷後この地に深沙大王を祀った』



昔から泉が湧き出て田畑を潤し

素朴な水への信仰から人々が集まった。

深沙大王疫病を除き、魔事(正しい道を邪魔すること)を遠ざける神様である。

玄奘三蔵を砂漠で救った神が刃深沙大王である。


鬼太郎茶屋

b0228416_10521000.jpg

調布に住み続けた水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」

作品のテーマは自然との共存で人、妖怪、鳥や動物、虫

すべての生き物との共存が表現されている。

古民家にグッズや喫茶がある。










by gannyan1953 | 2018-10-08 12:02 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)
<< 国立天文台に行ってきた ちょっとディープな早稲田から神楽坂 >>



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
 金龍ははい回ったのでな..
by 唐山 at 20:27
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧