歴史と素適なおつきあい

伊東温泉に行ってきた


歴史と素適なおつきあい番外編   2017・12・11・12




b0228416_14113217.jpg
どんどろ人形
伊東市のゆるキャラか・・・ではなかった・・



おもしろいことに
伊東園ホテル別館のフロントで
「伊東の見所ありますか?」
即座に
「ありません!」

ちょっと驚いた・・・・

伊東温泉の名誉挽回のために
歩いてみた

まず東海館という昭和初期の宿があった。
その先の海は砂浜のオレンジビーチがあった。
古い商店街を安納いものふかしたのを
食べながら歩いた。

ググったら駅から20分で丸山公園という
自然に囲まれた公園があっった。
ここは雨が降りそうだったのでやめた。

あるではないですか・・・

海に行ったら海の中が見える船があった。

せめてフロントはこのくらいは
プリントしておいておけばいいのに。

11日
ホテルについて早速散策

b0228416_14283924.jpg
山田君自販機


b0228416_14240396.jpg
パンフレット

b0228416_13451511.jpg
目だつのですぐわかる東海館
b0228416_13485343.jpg
左隣はゲストハウス「K'sハウス」
ここ泊まってみたい
ドミトリーもあるが、個室もあるらしい
外人客多そう・・

文化財に宿泊できる!


東海館に入ってみた  
200円
昭和3年稲葉安太郎氏によって創業された旅館
台風で壊れたりしたが、修理され
初期とは外観が変わっているが
今が一番いい外観かも

望楼は昭和24年に作られた

部屋の欄間をみるだけでもおもしろい

b0228416_14113217.jpg
どんどろ人形
いっしょに寝たくない風貌


ある説では
家康さんの命ではじめての洋式帆船をつくった
ウイリアムアダムス・三浦按針が
船大工が疫病になり
航海の途中南洋の土人からもらった
魔除けの人形を飾ったところ
病が治ったところから伝わったという
邪悪を食べる
無抵抗
嘘をつかない

いい人形だった
同じ部屋で寝てもいいです・・

b0228416_14141579.jpg
b0228416_14142650.jpg
b0228416_14142972.jpg
b0228416_14143250.jpg
b0228416_14144633.jpg
望楼から海をみる

b0228416_14270693.jpg

b0228416_14275581.jpg
山田君自販機



キネマ通
b0228416_14154574.jpg
ちんちん揚げ

なかなかおもしろい名前だ

今孫と小学生レベルの下ネタで遊ぶので
早速みやげに購入

魚のすり身を油で揚げるときの音ともいわれる

b0228416_14234457.jpg
b0228416_14315895.jpg
三浦按針記念碑の公園の近く


b0228416_14154869.jpg
暗くなってきました
山田君自販機

ホテルに帰り

b0228416_14344306.jpg
今日は伊東園ホテル 別館

4人で泊まったので
1人往復バス代こみで
6090円

飲み放題食べ放題だから安い!

4人でビール20杯は飲んだかも・・・


12日

夕べもカラオケ
雨降りなので朝もカラオケ
朝からビール・・

b0228416_14410956.jpg
駅近く美よし鮨 1080円

アジ、マグロ、ホタテ美味しかった

b0228416_14450734.jpg
山田君自販機

b0228416_14452337.jpg
オレンジビーチ

b0228416_14454032.jpg
あのポスター 石原祐次郎か?

b0228416_14471010.jpg
近くに寄ったら全然違った・・・

海津美神社
b0228416_14474893.jpg
わだつみ神社でいいのだろうか
あまりに見た目マイナーで写真とるの忘れてしまったが
海津美神社・・いい響きの名前である
海神もわだつみという
石仏が素適だ
諏訪の万治石仏と似ていた
豊漁秋祭りのコースになっていた
少し安堵・・

14時40分に伊東園を出発
18時横浜到着

お疲れさまでした













# by gannyan1953 | 2018-12-13 14:59 | 静岡県の歴史散歩 | Comments(0)

2019隅田川七福神めぐり

中川歴史ウォーキング45
歴史と素適なおつきあい番外編   2019・1・19(土)






b0228416_13013664.jpg
2017年12月の下見に押したものです
年中スタンプがあって便利です



今年201年を迎える隅田川七福神は、
文化年間に、向島百花園に集まる文人たちにより始まりました。
向島百花園の福禄寿から文人たちが寿老人だけ見つからず、
思案を重ねたところ、
白鬚神社の御祭神は白い髭のご老人だから
寿老人に見立てようと考え、七福神が誕生しました。

北から南にスカイツリーに向かって歩きます。
途中ちょっとディープな場所も訪れます。

集合:9:45 東武伊勢佐木戦「堀切」駅西出口方面改札口
北千住方面のホームで下ります

半蔵門線で「曳舟」同じホームの反対側から
「北千住」方面に乗り換えるのが便利です




堀切
b0228416_12443664.jpg
堀切駅は構内で上下線のホームはつながっていない
青い歩道橋で移動する
b0228416_12461146.jpg
浅草方面改札口の山田君自販機

堀切は足立区にあり、「荒川放水路」ができる前は地続きだった。

鎌倉時代この地に葛西氏が領し、周囲に堀をめぐらせたことから
堀切という。

明治になると綾瀬川の水を利用した菖蒲園が多く
開設されたが、今は堀切菖蒲園ひとつである。
駅南に隅田川水門がある。
b0228416_12460553.jpg
b0228416_12471267.jpg

荒川と隅田川をつなぐのは
旧綾瀬川で、かつて綾瀬川が隅田川に流れたところで
400mほど残る。

b0228416_12473852.jpg
旧綾瀬川

水門を過ぎると墨田区に入る。

b0228416_12484375.jpg
堀切駅〜多聞寺途中の
山田君自販機


毘沙門天 多聞寺
b0228416_18174376.jpg
天徳年間(957〜960)には奥州に行く官道があり、大変賑わった。
「墨田千軒」といわれ今の隅田川神社あたりにあった。
墨田寺といい、本尊は不動明王だった。

天正年間(1573〜1591)41代住職がみた夢に
毘沙門天が現れ、本尊は毘沙門天になった。

明治まで隅田川神社の別当だった。
b0228416_18193786.jpg
境内に狸塚がある。(すみだの史跡文化財めぐり)

毘沙門天の石碑は榎本武揚の書である。

狸塚の由来
江戸時代少し前に、このあたりは草木ばかりで寂しい場所で、
蛇や狸の妖怪に悩まされていた。妖怪を追い払うため
お堂を建てようと蛇の住む大木を切り、狸の穴をふさごうとすると
大地がとどろき空から土がふってきた。

寺の和尚さんの夢に大入道が出てきて、
「木を切るのをやめないと村人を食っちまうぞ」と
脅された。
怖くなった和尚さんは一心にご本尊を拝んだ
ところ、毘沙門天が狸を諭しました。
翌日お堂の前で狸が2匹死んでいた。
かわいそうに思った和尚さんが塚を作り供養をした。

山門は江戸中期のもので震災や、戦災で多くを失った墨田区では
大切な文化財となっている。

榎本武揚像
b0228416_18171764.jpg
幕臣で海洋丸発注に伴いオランダ留学し、
帰国後海軍の指揮者となり
戊辰戦争では函館に蝦夷共和国を建国、
そして函館戦争で敗北し、
入牢したのち明治政府に必要な人物だということで、
黒田清隆に助けられ、
北海道開拓使となり
樺太千島交換条約締結、
諸々の大臣を歴任、子爵となった。

メキシコ移民を行いこれは失敗している。

引退後、向島に住んだいたので、ここに銅像がある。

「誠」の碑は鈴木貫太郎(終戦時の首相)の書によるもので
違う場所に碑があったらしいので、関係はないものと思う。

あるとすれば榎本との共通点は海軍だろうか。

木母寺
天台宗の寺で本尊は元三大師(慈恵大師)。
貞元(じょうげん)2年(977)梅若丸の供養のため
建てられ梅若寺となった。

梅若伝説とは
京の都でさらわれた12歳の梅若が、
武蔵国まで連れ回され衰弱し、動けなくなったので
人さらいに捨てられた。
すみだの人が世話をしたが、甲斐なく
いまわの際に

「たづね来て 問はばこたへよ 都鳥 すみだの河原の 露ときへぬと」

と詠んだ。

哀れに思ったすみだの人々が葬ったという。

母の花御前は我が子を探し追い求めるうちに、
狂女となってたどりついたという切ない話である。

能の「隅田川」をはじめ歌舞伎、浄瑠璃、舞踊、謡曲、オペラなどで
演じられている話である。
b0228416_18163168.jpg
念仏堂


b0228416_18170436.jpg
梅若塚

梅若念仏堂は母が建てたもので、
梅若塚は亡くなったとき葬られた場所と
伝わる。

隅田川にまつわる話は在原業平の話も有名である。

「名にしおはば いざこと問わむ都鳥 わが思う人は ありやなしやと」

隅田川と都鳥を知らしめた歌である。
梅若より100年ほど前の事である。

木母寺にはびっくりするほど大きな石がある。

伊藤博文の書で
「天下之糸平」の石碑である。

b0228416_12482349.jpg

天下の豪商といわれた田中平八のことである。
生糸商人から鉄道、銀行、鉱山など社会貢献した商人である。
横浜に「富貴楼」(ふうきろう)という料亭をお倉という芸者に経営させ、
大久保利通、伊藤博文、井上馨、大隈重信、西郷従道、睦奥宗光など
明治の元勲が客として出入りし、政治の舞台となった。
料亭政治のはじまりを作った人といわれる。

隅田川神社
b0228416_18142833.jpg
源頼朝が創建と伝わるが、定かではない。
水神が祀られ、船頭や荷船仲間に信仰された。

祭神は、
速秋津日子ハヤアキツヒコ・速秋津比賣ハヤアキツヒメ・
鳥之石楠船トリノイワスクフネ・大揖木戸姫オオカジキドヒメ
すべて水神である。

下見11時5分

レストランカタヤマ
アッ 並んでない 入れるかも・・

入れました・・いつも行列ができてるレストラン

b0228416_12510780.jpg
これにサラダついて

ステーキランチ 1050円

お肉やわらかくて
久しぶりにおいしい牛肉いただました
最近硬いお肉しか食べていなかったもので・・・





寿老人 白鬚神社
b0228416_18141796.jpg
天暦5年(951)に近江国の白鬚神社から
分祀された。祭神は猿田彦大神で国土開拓、旅の安全の神である。

近江の湖東には渡来人が多く住み、渡来系の神ともいわれる。
浅草寺も渡来人が開いた寺といわれているので、
ここに住み、開拓した渡来系の人々が分祀したと思われる。

福禄寿 向島百花園 入園料(70円から150円)

b0228416_18140053.jpg
文化元年(1804)に開かれた百花園に集まる
江戸の町民文化を代表する文化人たちの発案で、
隅田川七福神めぐりが始まった。
福禄寿は開祖佐原鞠塢(さわらきくう)が
百花園の草花にちなみ、本草の神様として愛蔵していた。
和学者だった鞠塢は向島に土地を買い、梅を植えた。
そして万葉集の草木など植え、年中花が絶えないようにしたという。

b0228416_12595341.jpg
地蔵尊通りの
山田君自販機

吉川英治旧居跡
1892年神奈川県で生まれ、父は旧小田原藩士だった。
様々な職業を経た後、作家活動に入る。
国民文学作家と称され、今も読み継がれている作品が多い。
代表作は「宮本武蔵」「新平家物語」など。
吉川英治は大正6年に芸者だった女性とこの地で
同棲をはじめ、結婚している。
このころから文筆活動もはじめている。

鳩の街商店街
b0228416_18114766.jpg
b0228416_18144370.jpg

ここは鳩の街と呼ばれ終戦間近に遊郭玉ノ井が戦災で焼失し、
そこから遊郭が移転してきたところである。

3ヶ月であっというまに遊郭街ができ、
終戦間近だというのに驚きである。

戦後はカフェーにするように警察からの指導があり、
タイルを使ったカフェスタイルの建物が多かった。

昭和27年頃が全盛で昭和33年に売春防止法で廃業した。

この街が永井荷風「春情鳩の街」という戯曲や
吉行淳之介の「原色の街」「驟雨」が書かれモデルになっている。

木の実ナナはここで育っている。


 
言問団子
b0228416_18114014.jpg
江戸時代末期創業の店で在原業平の歌から名づけられている。
串に刺していない団子である。3つで680円だった。
アナウンサー戸山恵理さんの実家。

長命寺桜餅
b0228416_18110627.jpg
享保2年(1717)大岡越前が就任した頃の創業で、
土手のサクラの葉を塩漬けにしてはじめた。
お茶付きで300円
境内にあった桜餅屋の2階に正岡子規が3ヶ月滞在していた。

弁財天 長命寺

天台宗で本尊は阿弥陀如来。
平安時代に円仁創建と、江戸時代の創建ともいわれる。
将軍家光が軽い病気で薬を飲むため、ここの井戸水を飲んだら
治癒したことから、長命水といわれるようになった。

布袋尊 弘福寺
b0228416_18105147.jpg
黄檗宗で本尊は釈迦如来である。
延宝元年(1673)鉄牛により開山、稲葉政則(春日局の孫)開基で、
鳥取藩主の菩提寺である。
境内に咳の神様が祀られている。

大黒神
恵比寿神 三囲神社
b0228416_18093727.jpg
みめぐり神社といい、祭神はウカノミタマノカミで、
元は田中稲荷といった。

三井寺の僧が弘法大師創建の由来を持つ祠と聞き、
荒れた祠を再建した時、神像が出土した。
そのとき白狐が現れ三回まわったという。
それから「みめぐり」といわれるようになった。

大黒と恵比寿は越後屋(三越)に祀られていたものである。
池袋の三越のライオンもある。
珍しいものは太秦の木嶋(このしま)神社と同じ三柱鳥居がある。
b0228416_18103354.jpg
太秦の三井邸のものだという。

三柱鳥居の謎
いろいろな説があり、古代史ミステリーにはまっていく鳥居である。
三柱鳥居があるところは

太秦の木嶋神社
日本最古といわれる大神神社の近く大神教本院
対馬の和多都美神社など数少ない
b0228416_18095870.jpg
対馬の三柱鳥居



太秦といえば秦氏・・渡来人・・土木、養蚕、機織りの技術を持つ・・
役に立つので大和王権が重宝する・・聖徳太子と仲がいい・・
伏見稲荷・・空海とも仲がいい

秦氏はユダヤ族・・景教(古代キリスト教のひとつ)・・
秦の始皇帝の末裔という説もある。
長宗我部氏や東儀秀樹氏は秦氏の末裔という。

三井財閥との関係は、呉服店を営むので絹が大事・・
蚕ノ社といわれる木嶋神社の三柱鳥居を使用したという。


三井氏は自称藤原道長の末裔で六角氏が信長に滅ぼされ
近江から松坂にきて呉服屋になったのだが、
秦氏とは血縁関係にあったらしい。

三柱鳥居は木嶋神社は湧き出る泉に、
三囲神社は井戸を囲っている。
大切なものを守る意味かもしれない。

普通の鳥居はくぐれるが
三柱鳥居はくぐれない・・・・
禁足地ということだ。

写真は2018年お正月にまわった七福神です









 

 












# by gannyan1953 | 2018-11-29 15:21 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

浅草で遊んできた

歴史と素適なおつきあい番外編       2018・23・24

b0228416_18335202.jpg
ドンキホーテのウツボがかわいい

子供家族といつも温泉だったが、
浅草で観光しようと一泊旅行に出かけた

b0228416_18425677.jpg
池波正太郎の通った駒形 前川

b0228416_18453355.jpg
うたま

とろける・・・

久しぶりにまともなうなぎを食べた気がする


b0228416_18461772.jpg
山田君自販機

b0228416_18464080.jpg
スカイツリー

b0228416_18465516.jpg
ディズニーランド、葛西方面
ビッグマウンテンの山かなあって感じ
思ったより見えない

ドラゴンボールのパネルがずっとあって
駄目だ・・景色よりそっちを見てしまう

b0228416_18485803.jpg
ピッコロ好きです

b0228416_18491851.jpg
悟空かわいい


b0228416_18493494.jpg
亀仙人のエッチなところも好きです


今回スカイツリーは予約したので
並ばず入れました
ちょっとVIP気分


b0228416_18511774.jpg
b0228416_18512001.jpg
下りたら早速山田君自販機

最近活躍が目立ち
偽母としてはうれしいです

今日はハードコアの初日です

5時前には有名なヨシカミへ

b0228416_18524280.jpg
b0228416_18523375.jpg
b0228416_18525541.jpg
ハンバーグ

肝心のビーフシチュー
写真撮る前に忘れて食べちゃいました
無茶苦茶おいしかったです

ここはリピートしたいです


b0228416_18543067.jpg
派手なドンキでした


b0228416_18560717.jpg
浅草ビューホテルに泊まりました

窓からの景色

早速夜遊びに

b0228416_18565763.jpg
すぐにスマートボール

b0228416_18570431.jpg
こんなに出ました

しかし・・・19時でおしまい

まだ10分じゃん!
早く閉店って言ってよ!

でも楽しかったです

b0228416_18570182.jpg
天井は昭和です


b0228416_18595035.jpg
息子が入って楽しかったらしい


b0228416_19002694.jpg
ちょうど正雀さんが出ていた

この方母のおきにいりで、高座に上がる着物を差し上げたり
落語の会を開催して後押ししてました

今はお偉くなったことと思います

子供のPTAの催しに落語会を
やってもっらたこともありました

師匠お世話になりました!

b0228416_19051426.jpg
伝法院通りの土方歳三さん


b0228416_19060064.jpg
浅草寺


b0228416_19061919.jpg
五重塔の左の建物が浅草ビューホテル

普段はそんなに料金高くないのに
3連休はとても値上がりしてました


鎌倉は約2倍だけど浅草は3倍くらい高くなる

b0228416_19100229.jpg
早朝の隅田川

b0228416_19124198.jpg
ビールのグラスと隣は通称金色うんこ

アサヒビールの燃える心をあらわし
聖火台の上に燃える炎だそうだ・・・

でも金色うんこにしかみえない

っていうかみんなそういう




b0228416_19102747.jpg
早朝の山田君自販機

b0228416_19143562.jpg
ビートたけしさんがよく来店した捕鯨船

昨夜は満席で入れませんでした

b0228416_19143875.jpg
浅草ロックは「葛飾と寅さん」みたいに
「浅草ロックとたけしさん」になっているのでしょうか


b0228416_19171330.jpg
船に乗りました

b0228416_19173675.jpg
b0228416_19173912.jpg
竜馬という船です


b0228416_19180202.jpg
浅草よ さようなら


b0228416_19181962.jpg
b0228416_19183025.jpg
築地市場

だーれもいません


b0228416_19190428.jpg
浜離宮
将軍様が上陸したところ
土方さんもここから品川にはいってます


b0228416_19202636.jpg

すごく高い牛串


築地の場外をひやかし
昨夜食べれなかった鯨のステーキ串を立ち食い


解散しようかとおもったところ

月島に行こうということになり

締めは 月島 「たんぽぽ」で もんじゃでした

お疲れさま・・・・


























# by gannyan1953 | 2018-11-25 19:24 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

マリア様のパワースポット

歴史と素適なおつきあい番外編  2018・11・3

b0228416_10100264.jpg

カテドラル関口教会
聖マリア大聖堂

ここを頂点、神田教会、イグナチオ教会を底辺とする
二等辺三角形ができあがる






時計回りに一周するとパワーがもらえるという

パワーが欲しいという孫と出かけた

出発は13時だったので
最初の到着は14時半

カテドラル教会
明治32年(1899)フランス語の学校の聖堂として建てられ、 
大正9年(19209に大司教座聖堂となった

当時は木造、畳敷きで履物を脱いで聖堂に入った

戦災で焼失

ドイツのケルン卿の支援で
故丹下健三氏による設計で
昭和39年(1963)に落成した

上空からみるとわかるが十字架の建物になっている

グーグルマップで確認










ここには高さ62m程の鐘塔がある

そして一番のパワースポットといわれる
ルルドの洞窟

b0228416_11064517.jpg
b0228416_11064951.jpg

早速
神田教会にむかう 

b0228416_11080099.jpg
講談社


神保町から近い

b0228416_11082573.jpg
神田教会の横 山田君自販機


神田教会に 16時少し前・・・入れた
誰もいない

夕日にステンドグラスが輝き美しい

今日一番のパワースポットだった

孫たちも
思わず息をのみ

おのずと静寂を楽しみながら・・・感動した

聖フランシスコ・ザビエル聖堂(神田教会)
b0228416_11084903.jpg
明治7年(1874)この地に創設
ラテン学校があり、そこにザビエルに捧げる聖堂となった

大火で焼けたり、震災で聖堂は失われたが

昭和3年(1928)現在の建物が建てられた

ここに
ザビエルの聖遺骨が祭壇にある

b0228416_11254143.jpg
脇から見ると犬か?
西郷さんみたいじゃないか・・

まわってみたら
子羊でした

キリスト教だもんね

羊は神に従う従順な生き物

私はヤギです


b0228416_11270639.jpg
飯田橋近くのイグナチオ教会

ここはいつも静かに音も立てず
人が座っている

大変緊張を強いられる場所だ

そして
カテドラル教会に戻る

b0228416_11285254.jpg
b0228416_11284814.jpg
孫の姿

17時半終了!


護国寺近くのレストランで
結願(?)を祝い

ドリンクバーで乾杯

その後
護国寺によって見た

孫が神社の飛び石をみつけ
暗闇の中
進むと
富士塚があった

スマホの懐中電灯で
真っ暗闇の塚を登り
登頂成功

b0228416_11304393.jpg
松の枝が昼間より美しい

静かな静かな護国寺

夜に訪れるだけで

こんなにも美しくなるのかと
またまたみんなで感動

帰宅時間は21時まわっていました

お疲れさま


















# by gannyan1953 | 2018-11-04 10:17 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

大仏切通に行ってきた



歴史と素適なおつきあい番外編  2018・10・30


b0228416_14202843.jpg
大仏切通

北鎌倉から登ったり下りたりを繰り返し
やっぱり鎌倉は着物よりスニーカー


まずは北鎌倉下車
裏から出て、友人に八雲神社の清明石を案内した
なぜかというと足の健康に効果ありといういわれがある
というか
石を踏まなければ足が丈夫になる
この石は鎌倉幕府のときの
陰陽師が使用した石で
もとはふもとの十王橋にあった

進駐軍が祈りの井戸も壊したらしい
そして八雲神社境内に
鎮座

b0228416_14262343.jpg

さあこれからハイキング
といいながら
アンティークの店でしばらく目の保養

浄智寺に着いたのが11時前
b0228416_14352960.jpg
葛原岡神社

日野俊基が明治天皇によって
祀られている

b0228416_14504594.jpg
供養塚

後醍醐天皇の側近でお公家さん
藤原鎌足の子孫である

鎌倉幕府打倒の企みが発覚し
ここ葛原岡で斬罪された

それから一年後鎌倉幕府は滅びる

b0228416_14502193.jpg


b0228416_14352444.jpg
右が男石 左が女石
平成22年に置かれた新しいパワースポット
 木の像は二宮尊徳邸の楠から彫られた像

石は赤い糸で結ばれ
おまもりには由比ケ浜の桜貝がついているとか

新しい名所もちゃんとお参りしました

b0228416_14521156.jpg
ハイキングコースに鶏がいました

佐助稲荷に寄りたくて
急坂を下りて

b0228416_14524506.jpg
お気に入りの佐助稲荷

ところが

静かだった隠れ里にある佐助稲荷
なぜか
人とキツネ様の像でいっぱい

宮司さん・・・3年前に長島一茂君がやってきて
キツネを奉納したら
それからいっぱい人がきてね・・・
と嬉しそうでした


b0228416_14545955.jpg
この雰囲気は変わらず、たまらなくいい

b0228416_14552621.jpg
白い小さいのがキツネ様の像
一体1500円くらいからだったかな

以前こんなになかったので
風景がごちゃごちゃしてしまっているが

大好きな神社が人気になり
嬉しいやら寂しいやら・・・


佐助稲荷から登って登って
大仏ハイキングコースに戻る

埼玉の修学旅行の小学生や
品川の遠足の小学生がヒーヒー 
キャーキャー歩く


b0228416_15581253.jpg
大仏切通に到着

鎌倉七口のひとつ
一部旧道で
明治に人力車が通れるように整備されたという

稲村ケ崎や極楽寺を通る事の方が
多かったらしく
ここが鎌倉時代の道であると言う確証がないという

鎌倉から深沢にでる道である

b0228416_15584263.jpg
b0228416_16164363.jpg

やぐらがありました

1時半・・火の見下バス停にでたが、

鎌倉駅まで30分なので
セブンイレブンで買ったサンドイッチ
食べながらプラプラ


最近みんなのお気に入り
餃子の王将で
乾杯!!


















# by gannyan1953 | 2018-10-31 15:05 | 鎌倉の歴史 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
 金龍ははい回ったのでな..
by 唐山 at 20:27
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
伊東温泉に行ってきた
at 2018-12-13 14:59
2019隅田川七福神めぐり
at 2018-11-29 15:21
浅草で遊んできた
at 2018-11-25 19:24
マリア様のパワースポット
at 2018-11-04 10:17
大仏切通に行ってきた
at 2018-10-31 15:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧