歴史と素適なおつきあい

<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みなとみらいに行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編  2018 5・30

曇っていたので歩きたいなと新横浜からみなとみらいまで歩いた



先日中川歴史ウォーキングで歩いた
神奈川宿あたりを歩くことになる

新横浜〜岸根公園〜六角橋

西神奈川の交差点からすぐ斜めの道を右折
ここから海まで一直線

二ッ谷

土橋寿司から川沿いになる

先日歩いた道で慶雲寺が左手にあった

綿花橋

なかなかいい名前だが由来がわからない

神奈川1丁目が綿花町だったらしい
ここに綿花の倉庫があったらしい
コットンハーバーなるお洒落な名前があること



b0228416_17012995.jpg
b0228416_16593957.jpg
中央市場が見える

市場内でランチしたかったが
そもそも一般人がはいれるのかわからない

そうこうしている間に水曜は市場が休みだった

b0228416_17080194.jpg

海です

ここで右に曲がります
橋があります
b0228416_17091407.jpg
右手の景色

b0228416_17100326.jpg

左前方の景色

いいじゃないか

歩いてきてよかった

みなとみらいホールで1ドルコンサート

パイプオルガンとってもよかったけど
途中寝てしまった

申し訳ない・・・


















by gannyan1953 | 2018-05-30 17:14 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

ちょっとディープな横浜散策

歴史と素適なおつきあい  T氏作成 2018・6月8日(金)


b0228416_14182542.jpg
はまレポより
b0228416_10523941.png


集合:市営地下鉄ブルーライン吉野駅 改札口

吉野町駅・・お三の宮日枝神社・・中村川大岡川分岐点・・久良岐橋
・・浦舟水道橋・・三吉演芸場・・堤石鹸工場跡・・
金比羅大鷲神社(真金遊郭跡)・・横浜橋商店街・・歌丸桜・・大井戸
・・清正公堂・・横浜厳島神社・・伊勢佐木長者町





吉田新田

当地は、北の野毛山と南の山手という洪積台地にはさまれた谷戸状の地形で
縄文海進によって溺れ谷となり、その後湾口に砂州がのび釣鐘型の内海となった。

この沿岸では横浜村、野毛村など村民が、少ない田畑を耕したり、塩田を開いて
生活した。

明暦2年(1656)この地形が埋め立てに適しているとに着目した
江戸の材木商・吉田勘兵衛が、江戸幕府から埋め立て、新田開発の許可を得て開始。

沿岸の村民も広い田畑を求めて賛同した。

しかし・・天神山や中村大丸山から土を運んで現在の関内駅付近に築いた
潮除堤(しおよけづつみ)が翌年の明暦3年(1657)の梅雨の長雨に
耐えきれず崩壊した。埋め立ては断念されたと思われたが、
渋る村人を説得し工事を再開した。万治2年(1659)にはじまり寛文7年(1667)に
完成した。野毛新田といわれた。

このときの潮除堤は波に流されないよう安房と伊豆から運ばれた石で
石垣が組まれ、埋め立ての用土は天神山、中村大丸山、洲干島(しゅうかんじま)から削られた。

b0228416_14293749.jpg
天神山土取跡

州干島は湾口にできた砂州で厳島神社があるところである。
2015年新市庁舎建設に伴い遺跡として調査された
関東大震災で壊れた建物の跡があった

吉田勘兵衛
慶長16年(1611)〜貞享3年(1686)
摂津国能勢で戦国大名の一族である数掛山城主波多野秀親の孫
江戸での商売に憧れ、血縁関係の能勢領主・能勢頼次に従い
江戸に移り、日本橋材木町に住み木材と石材の商いを始めた
火事の多い江戸で商売は繁盛し、やがて幕府御用達となり
江戸城修理も行った

新田開発は吉田新田以前に隅田川沿いの湿地帯、
千住中村の音無川流域(現在南千住)を干拓している

寛文9年(1669)4代将軍徳川家綱は、勘兵衛の功績を
讃え、新田名に吉田新田と改称し、名字帯刀を許した

新田完成後、新田内の日ノ出町付近に住み続け
今でも不動産の吉田興産(株)を経営している


お三の宮日枝神社  祭神:オオヤマクイノミコト

b0228416_10572464.jpg
寛文13年(1673)吉田新田を開発した吉田勘兵衛が
江戸の山王権現を勧請、吉田村の鎮守とした

山王宮が訛っておさんの宮となった

他におさんの人柱伝説が伝わる

おさんさんは
吉田勘兵衛の下女だった説:干拓失敗に同情
癩病だったおさん:役に立ちたいと思った
烈女おさん:勘兵衛の助けで夫の仇うちを果たし感謝して

などいろいろ話はふくらむが
大正9年(1920)日枝と稲荷の本殿内陣を調査したら
ご神体の下から「大乗経」の木箱が発見された
身延山に祈願、その結願の日に勘兵衛が書写し
埋納されたといういわれがある
その後大震災で焼失してしまうが、
この埋納が人柱伝説として伝わったと
昭和2年(1927)に吉田家から
刊行された「吉田勘兵衛事績」に書かれている
b0228416_10574401.jpg
堰神社
今では咳に効くといわれる



中村川・大岡川分岐点
b0228416_10584291.jpg
ここは大岡川のかつての河口にあたり、
水源は磯子の氷取沢で蒔田公園で分流

この分岐点で右手は中村川、左手は大岡川となる

中村川、堀川は現在の首都高速の下を流れ
大岡川は京浜急行に沿って流れる

久良岐橋
b0228416_10591632.jpg
昔の郡名を残す橋で中村川と堀割川の分岐である。

関東大震災で崩壊、大正15年(1926)にガス灯を模した
親柱を施し改築された
橋桁は昭和63年(19889に付け替えられた
この中村町は関東大震災のときに
関西からの援助金で被災者が収容され
54棟のバラックと13の仮病院が設置され
「関西村」とよばれ2000人が住んだという

震災前はこのあたりは県立揮発物貯蔵庫があり
震災の時大きな音で爆発炎上し
川は一面火となり橋も人も焼けた
久良岐橋はかろうじて焼失を免れ
被災者の収容に使われた
b0228416_10143069.jpg

堀割川は大岡川の分流で
明治初期に開削され横浜の水運、治水に役割をはたし
河口付近の石積護岸が当時の面影を残す
土木遺産に指定されている

浦舟水道橋
b0228416_10505018.jpg
b0228416_10505480.jpg

国内最古のピン結合プラットトラス鉄橋
三角形に繋がる構造をトラスといい
ピン結合とは、部材と部材を1本のボルトで結合したものである

橋は移設されここに落ち着いたと思われる
明治26年(1893)に山下町の方に架けられていた
鋼材は英国シェルトン社製で設計者は
神奈川県技師の野口嘉茂である

神奈川県埋蔵文化財センター
b0228416_10505766.jpg
b0228416_10512368.jpg


 旧中央衛生試験所だったとても古い建物である
明治35年(1902)にペスト検査所として発足した
昭和12年中央衛生試験所と改称した
廃墟と思われているが見学可で内部も見られる
私の大好きな顔面土偶がある
b0228416_10513466.jpg
b0228416_10513866.jpg

三吉演芸場
b0228416_11035052.jpg
2020年に開館90周年を迎える

もとは銭湯だったが昭和5年(1930)に貸席三吉としてはじまった
昭和48年(1973)大衆演劇専門となり
多くのファンがいたが
観客数が減り建物の老朽化で廃業寸前となった
b0228416_11110311.jpg
ドラマに使われたかつての演芸場

b0228416_11113761.jpg
館内にあるかつての写真

ぜひ残したいという「三吉演芸場を残す会」が発足
会長は地元出身の桂歌丸だった

父をなくした歌丸は父方の祖母の経営する永真遊郭富士楼で育った

横浜橋・三吉橋両商店街の協力もあり
寄付が集まり平成10年(1998)に立て替えられた

近くに歌丸を讃えて「歌丸桜」が植えられている

堤石鹸工場跡
b0228416_20444179.jpg

磯子村の堤磯右衛門:天保4年(1833)〜明治25年(1892)

堤が明治6年に造った製造所の跡地で
国産発の石鹸を作った

明治10年(1877)第一回内国勧業博覧会で磯右衛門の石鹸は
花紋賞を受賞し、それから香港、上海に輸出するなど最盛期を迎えた

全国的に不況に見舞われ磯右衛門の死後2年で
跡継ぎもなく廃業した
横浜博覧会で復刻され
b0228416_13555376.jpg

横浜土産として売られている

歌丸桜
b0228416_14221967.jpg

横浜橋商店街90周年のとき
福島県三春から三春滝桜(枝垂れ桜)の孫を植えた



金比羅・大鷲神社(真金遊郭跡)
b0228416_14145186.jpg

安政6年横浜開港にあたり岩亀楼の店主が讃岐から金比羅大権現を勧請
横浜スタジアム付近にあった港崎遊郭内に祀った
その後豚屋火事で焼失

それからは遊郭の移転が続き、いっしょに移動している

移動先は


明治3年 羽衣町、吉原遊郭と呼ばれた
明治5年 30軒程が高島町、このとき大鷲神社もいっしょに
明治15年 真金町 永楽町

そして現在地に遷座した

関東大震災、空襲で焼失
現在の建物は昭和25年の再建


 横浜橋通商店街
b0228416_14223270.jpg

昭和3年(1928)商店街の原型ができたがそれ以前
遊郭が近くにあったので商店街のようなものは存在していた

終戦後闇市となって賑わい
現在も賑わう商店街である

毎年11月の金比羅大鷲神社の祭礼ではとくに賑わう

大井戸
b0228416_14225007.jpg

吉田勘兵衛の住宅跡にある
吉田新田開削の折用水が必要で掘ったところ岩盤を
突き破り湧き水があり
工事関係者、住民の飲み水となった
横浜発展の記念碑的存在である



清正公堂

b0228416_14282554.jpg

加藤清正は慈悲深く熱心な法華経信者だった
開運の神様として
吉田勘兵衛が新田の守護と供養のため創建した

はじめは常清寺に奉安されたが
度重なる火災、最後は空襲で寺は清正公堂とともに
久保山に移転した

付近住民の尽力で平成10年(1998)に
建てられた


横浜厳島神社  祭神宗像三女神

b0228416_14352935.jpg

最初にあった場所が州干島の先端(弁天橋付近)で、治承年間源頼朝によって
土肥から勧請された

足利氏満は般若経を奉納
太田道灌は社殿再建
家光は朱印地を与えた

浜辺の松林に覆われた社殿は景観がよく
「州干雪」と神奈川宿からの眺望十五景に選ばれた

b0228416_16061233.jpg
関内新聞


b0228416_16491377.jpg
関内新聞


一の鳥居は現神奈川県立歴史博物館あたりにあり四の鳥居まであった

秀閑寺という寺が別当だった廃寺
慶安年間元町の増徳院境内に仮殿を造り、
上之宮杉山弁天(元町)と唱え
平日は元町にご神体を奉安した

明治2年街区拡張のため現在地羽衣町に移転し
厳島神社となった

弁天と海の神様宗像三神は蛇つながりである

州弁天は蛇伝説がある
多くの大蛇と住民は仲良く暮らしていた
羽田の漁師と争いになった時
横浜村の漁師たちに味方したという


参考:横浜市南区 魅力ポータルサイト
かながわの橋100選
   各々 寺社HP
南吉田町内会 長者町商栄会
   はまれぽ
   ウィキペディア



これは孫を連れて吉田新田のまわりを歩いた記録です

夏休みの自由研究にしました































by gannyan1953 | 2018-05-26 14:07 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

東横廃線跡と神奈川宿ぶらーり 写真集

中川歴史ウォーキング40


地図がサイトに組み込めなかったのでこちらに



廃線跡
b0228416_11094430.jpg

フラワー緑道
b0228416_11103513.jpg



高島屋トンネル
b0228416_11111062.jpg

本覚寺
ハリスが白く塗ったペンキ跡が胸に残る
b0228416_11123000.jpg

ハリス
b0228416_11153404.jpg
本覚寺本堂

b0228416_11193550.jpg

高島山公園
b0228416_11201193.jpg


b0228416_11214682.jpg
b0228416_11215462.jpg
大綱金比羅

b0228416_11274407.jpg
b0228416_11273847.jpg
b0228416_11274407.jpg
b0228416_11274915.jpg
b0228416_11284976.jpg


州崎大神
b0228416_11443955.jpg

幸ヶ谷公園
b0228416_11452576.jpg
宗興寺 ヘボン博士
b0228416_11461981.jpg


神奈川宿本陣跡
b0228416_11464932.jpg


滝の川公園のかっぱのモチーフ
b0228416_11490142.jpg

成仏寺


b0228416_11510034.jpg

慶雲寺

b0228416_11521262.jpg
b0228416_11521869.jpg


神奈川地区センター
b0228416_11544483.jpg
b0228416_12524068.jpg

熊野神社


b0228416_12553850.jpg

b0228416_12560865.jpg
こどものかわいいお尻


b0228416_12562417.jpg

b0228416_12580312.jpg


b0228416_12581274.jpg
火防の木

金蔵院
b0228416_12595734.jpg

京急が高架にしたときのレンガの壁
b0228416_13001564.jpg
b0228416_13003193.jpg

笠䅣稲荷

b0228416_13100875.jpg


b0228416_13125812.jpg

神明宮
b0228416_13095221.jpg

能満寺
b0228416_13124903.jpg


































by gannyan1953 | 2018-05-13 10:19 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(1)

箱根の太閤サンが作った石風呂を見に行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編  2018・5・3





b0228416_22240535.jpg
海賊船から九頭竜神社の鳥居
小さい

b0228416_22244943.jpg

b0228416_22253333.jpg
今夜の食事

あとお刺身やらいろいろ出てきたが
お酒飲んでいて写真はパス


夜中は雷や強風豪雨でカーテンしないで
寝たので迫力あった


翌日早速太閤の作ったお風呂を見に

秀吉の石風呂と書いていわぶろと読む

b0228416_22291890.jpg

小田原攻めで兵たちのために
癒しの石風呂をあつらえた

b0228416_22303632.jpg
b0228416_22335663.jpg
蟹が沢山いた
しばし蟹とたわむれ


b0228416_22361088.jpg
蛇がいる道を歩き

b0228416_22364452.jpg
底倉とかいうところを歩き

b0228416_22374021.jpg
吊り橋渡って

それからアップダウン繰り返し

b0228416_22382705.jpg

宮ノ下の駅

b0228416_22385318.jpg
箱根登山電車のスイッチバック

行ったり来たりわけわからなくなってしまったが
キハも好きだがモハも好きだ

小田急の2日のフリーチケット
存分に使えた楽しい箱根の旅でした

驚いたことは小田原からの路線バスは
ほとんど外人さん

日本人が少なく外国にいるような感じがした

















by gannyan1953 | 2018-05-06 22:43 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返信遅くなり申し訳ありま..
by モワーズ at 04:25
伝説・伝承という形でそこ..
by michikusa520 at 01:01
> michikusa5..
by gannyan1953 at 22:05
> モワーズさん コメ..
by gannyan1953 at 21:56
初めまして、あざみ野4丁..
by モワーズ at 23:18
初めまして。古墳に興味が..
by michikusa520 at 16:20
初めまして。あざみ野4丁..
by モワーズ at 22:55
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 02:22
日韓の史料を見ると新羅は..
by Zombie at 01:27
ご無沙汰しております。コ..
by gannyan1953 at 14:19
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧