歴史と素適なおつきあい

自由が丘から駒沢オリンピック公園

歴史と素適なおつきあい    2018・2・9(金)
b0228416_16152673.jpg
栗山久次郎の顕彰碑



田舎者には、セレブな町自由が丘はまぶしかった
娘がピアノを習いに自由が丘に通い始めたら
庶民的であったかい一面もみえてきた
なつかしい東京オリンピックの開催地にも近い

集合:9:50 東急自由が丘駅正面口

トモエ学園記念碑・・熊野神社・・内村鑑三旧居跡・・東光寺・・
常園寺・・東京オリンピックメモリアルギャラリー・・駒沢大学駅

自由が丘
駅のあたりは衾沼(ふすまぬま)という沼だったので丘というより低地だった。
荏原郡碑衾町から自由が丘になった。
自由ヶ丘とは、舞踊家石井漠が最初に研究所の名称に使ったらしい。

昭和2年(1927)栗山久次郎氏が鉄道を誘致を勧め
東京横浜電鉄(現東横線)が開通し「九品仏前駅」ができ、
この年自由ヶ丘学園もできた。
昭和4年に九品仏浄真寺門前に駅ができることになり、
地名の「衾駅」となるところ、
「自由ヶ丘駅」に改名した。
目黒区自由ヶ丘から現在では住所も駅名も
自由が丘になっている。

トモエ学園
自由ヶ丘学園の創始者が亡くなり経営難になり、
幼稚園・小学校を小林宗作が引き継ぎ
トモエ学園となった。

リトミックを通し、自由な創造を大切にした教育だった。
卒業生に黒柳徹子(トットちゃん)津島恵子、池内淳子
物理学者の山内泰二(たいじ)らがいる。
山内泰二はトットちゃんの同級生で
エピソードが話に出てくる。
小林宗作校長は国立音大で美輪明宏にリトミックを
教えている。

戦災で焼失し学校はなくなった。

b0228416_17290415.jpg
自由ヶ丘の山田君

熊野神社
b0228416_17294055.jpg
熊野信仰は平安時代中期に盛んになったが、
ここは鎌倉時代より東国武士、庶民のあいだに
西方熊野を極楽浄土になぞらえて
参詣が盛んになった。当神社もそのころ
勧請されたものではないかと思われる(御由緒より)

みこしはかつて三島由紀夫がかついだことがある
三島は上流階級の育ちで厳しい祖母のもとで
みこしを担ぐことを禁じられていた

31歳になった三島はボデイビルに通い体もたくましくなっていた
神輿を担ぎ方に食い込むみこしの重みと熱狂に陶酔している

b0228416_17295397.jpg

b0228416_17354546.jpg

内村鑑三旧居跡 開館 月・水・金曜
明治40(1907)年に大阪の香料商から内村鑑三に寄贈された建物で
北新宿にあった。取り壊されるところ、弟子たちの奔走により
この地に移築された。

内村鑑三とは・・・幕末に高崎藩士の子として江戸で生まれた。
明治10年札幌農学校でクラークの影響で農学校の学生たちはキリスト教が多く、
先輩たちに無理矢理キリスト教に改宗させられたが、
内村は神社でいちいち敬礼しなくてよくなったことを喜んだという。
しかし同期だった新渡戸稲造や宮部金吾(植物学者)とともに
真摯にキリスト教を学んだ。
明治、大正時代の代表的キリスト教の指導者、伝道者である


小杉山常圓寺
天正18年(1590)創立で、開基は小杉甚七(常圓)という。
拠点の法華寺が不受不施派に対する幕府の弾圧で
天台宗に改宗されたため、ここは身延山久遠寺末の寺となった。
中興した日長は小杉甚七の実子で優秀な子供だった。
36歳のとき
将軍家光やお万の方の勧めで谷中感応寺9世となった。
そして疲弊していた実家の寺を再興した。


東光寺 曹洞宗

泰陽院霊徳院という。世田谷城主吉良治部大輔治家が
10歳で早生した嫡子の菩提を弔うため創建された
東岡寺といっったが後東光寺と改めた
青梅の海禅寺末(将門の梅がある寺)で
天文19年(1550)には寺領30石を拝領している

元の寺名は東岡と書いて「とうこう」と読ませた。
東の谷に円融寺という大きな寺がある。
東光寺の真東にあたる谷である
そこから太陽が昇るので東岡というのではないか。
そこで碑文谷の地名の由来は日の門の谷から
碑文谷になったと思われる。(碑文谷地名考)

円融寺もまたさきの常圓寺と同じ不受不施派の弾圧で
苦しんだ寺である。

その円融寺の梵鐘と感応寺の梵鐘は同じ日に作られた
同じ作者の梵鐘だと言う。
ここで常圓寺を再興した日長との関係がわかる。
梵鐘の注文者は日長で、寄贈者だった
(圓融寺こぼれ話より)

この梵鐘は除夜の鐘に使われ、最近の圓融寺は
光のマジックが大晦日に奉納され賑わっている

東光寺境内には
白山堂、心字池がある

b0228416_13283341.jpg
吉良家について
吉良と言えば一番の有名人が赤穂浪士に討たれた
吉良上野介である

吉良氏は愛知県三河吉良が出身地で
清和源氏足利氏一門である

三河、奥州、土佐と別れ
この地の世田谷城主治家は奥州吉良家の流れである

ちなみに吉良上野介は三河吉良氏の流れである



駒沢オリンピック公園

b0228416_14103855.jpg




第18回オリンピック競技大会の第2会場として整備された
駒沢競技場にある

サッカー(陸上競技場)入口正面にサッカー会場だったと銅板にある
ホッケー(第一、第二球技場、補助競技場)
レスリング(体育館)正面左にレスリング優勝者銘板がある
バレーボール(屋内球技場)二階正面に東洋の魔女と刻まれている

で熱戦が繰り広げられた。

中止となった第12回の幻の東京オリンピック(1940)の主会場になる地だった
オリンピック記念塔の池の中に聖火台があった
陸上競技場内にも聖火台があり全国4コースの
聖火リレーの点火式が行われた

東京オリンピックメモリアルギャラリー
東京オリンピックの関係展示物が見られる

元は東京ゴルフクラブというゴルフコースだった
昭和天皇がイギリスの王太子エドワードとプレーしたこともあった
1953年プロ野球東急フライヤーズの本拠地となったが
東京オリンピックのため東京都に用地返還した
高山英華を中心に設計は芦原義信ら5人だった























# by gannyan1953 | 2018-01-04 14:07 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

老馬谷ガーデン周辺の歴史

この辺りは、老馬谷と呼ばれていました
大昔から人が生活を営んだ歴史ある場所です
ご紹介いたします



古代の遺跡


b0228416_10565168.jpg

老馬谷ガーデンはE7遺跡の左下になります




このあたりの歴史は古く、旧石器時代から人が住んでいたといいます
ガーデンのすぐ近く老馬不動尊のあたりに老馬遺跡・鍛冶山遺跡がありました

老馬遺跡はE6 鍛冶山遺跡はE7です

いずれも縄文早期の遺跡で住居や動物の落とし穴など見つかっています


b0228416_14351075.jpg

b0228416_14354731.jpg



街道

東名高速道路があることでもわかりますが
古代からの交通の要衝でした


「古東海道」がとおり、「足柄往還」ともいわれました
租庸調などの年貢を都に納めたり
遠く対馬や九州に行く防人が通る古代からの道でした

そして鎌倉からの「中の道」と交差するところに荏田宿があります

江戸時代になると大山街道といわれ
大山阿夫利神社をめざす人々で賑わいました

白装束で「六根清浄」と唱えながら行く人や

納め太刀といってちょっと粋でしゃれた男たちが
木の刀を背負って歩いて行きました

大山詣りです

b0228416_20394499.jpg

町旅より



老馬谷ガーデン近くに、大橋がありました
生麦事件のあと幕府は外国人襲撃の取り締まりのため
この橋のそばに番小屋を設置しました

昭和の改修で橋はなくなり
先の鍛冶橋を渡って荏田宿にはいることになります

荏田宿

そこには宿の庚申塔があります

b0228416_14440267.jpg

246号線に近づきますと
大山参りの常夜塔が庭先に保存されています
火事で宿は焼けてしまいこの常夜塔だけが残りました
b0228416_14165273.jpg


画家としても有名な渡辺華山は荏田宿の「升や」に泊まりました

荏田宿の飼い犬が狼に食べられてしまったという話を
華山は游相日記に書いています

b0228416_11473834.jpg

渡辺華山が旅の最初に宿泊した「升や」華山画




鍛冶山老馬不動尊

b0228416_22115926.jpg


b0228416_22120895.jpg

今でも滝が流れています
岩の上にお不動様がいらっしゃいます
左側のお顔のないお不動様は
関東大震災でお顔を損傷されました



江戸末期、新潟からお不動様を背負って
この地にやってきた諦念法師が
大久保家に宿を借りました

ところが

気に入られその家の婿養子となって
背負ってきたお不動様をお祀りしたことが
はじまりです

今では中川の人々に守られています

鍛冶山の鍛冶は
大久保家の先祖が鍛冶をしたことに由来するそうです

大久保家のルーツ


「お不動さまといっしょ」大久保太一著によると・・・

先祖は武士で戦国時代からの言い伝えです

大久保重成という武士が一族郎党をひきつれ
大山街道から鎌倉街道を北に進み
稲城市矢野口の渡しから多摩川を渡り
狛江村に着きました

ところが俄に強盗(クモスケ)が現れ、馬上の重成が竹槍で殺されてしまいました

クモスケは家来に殺されましたが主人をなくし
路頭に迷いました

そこから10キロほど戻り
老馬の地の住み易さに
この地で一族は暮らすようになりました

馬の牧場をはじめ
じきに年老いた馬が死にました

死んだ馬は三幕堂入口に葬り供養したそうです

この話が「老馬」地名になったともいわれています

三幕堂は
土地の人から聞いた話では
三は産で、このお堂で昔お産をしたとも聞きました

家の中で女性はお産をしなかったのですね


200万年前の地層

早淵川の底は岩盤が多く、水が早く流れるので早淵川といわれた
という説があります

その石は200万年前の岩盤で大変硬い岩です
上総層群といわれ、関東平野の基盤となる岩盤です
老馬谷ガーデンから川を覗き込むと
岩盤をみることができます

中世の城
b0228416_22271025.jpg

荏田城址

鎌倉時代青葉区荏田町に荏田城がありました
城主は源義経の家来荏田源三といわれます

荏田城址は私有地なので見学はできませんが
江田の東名高速道路の陸橋近くで写真をとりました


詳しくは鶴見川の流域の考古学:坂本彰先生の本をご参考に


荏田宿を過ぎたあたりに義経から
譲り受けた馬の供養塔もあります
小黒谷戸庚申塔

馬の名は小黒(こぐろ)といいます

養老山真福寺

b0228416_22222454.jpg


荏田宿には創建は不明ですが
真言宗の寺があります
清涼式釈迦像という美しいお釈迦様が
おられます



刀と大蛇の伝説

劔神社は

b0228416_22262873.jpg



神社脇には鎌倉古道が通っていて
ヤマタノオロチ伝説を思わせる製鉄伝説が伝わります

陸奥から来た炭売りの商人が鎌倉の刀鍛冶に
炭を納めたところお礼に刀をもらいました
帰り道、商人はこのあたりの泉で喉を潤すと
酒を飲んだように眠りこけてしまいます
すると木の上の大蛇が下りてきて
商人を丸呑みしようとしたところ
刀がひとりでに抜かれ大蛇を斬ったそうです

助かった商人が村人に刀を預けたところ
宝刀として
劔神社のご神体となったということです

祭神は素戔嗚尊です


参考
鶴見川流域の考古学:坂本彰
中川の地名:吉野孝三郎
荏田村の地名:吉野孝三郎
お不動さまといっしょ:大久保太一
遺跡写真:埋蔵文化財
鶴見川・境川流域文化考:小寺篤
変わりゆく古里写真集・あざみ野・たまプラーザ・荏田の二十五年より
港北百話:港北区老人クラブ連合会
都筑の民俗
老馬遺跡:港北ニュータウン埋蔵文化財
HP城郭図鑑Wikipedia
歴史と素適なおつきあい














# by gannyan1953 | 2017-12-28 21:03 | 港北ニュータウンの歴史・老馬 | Comments(0)

ちょっとディープな新宿散歩

中川歴史ウォーキング

多様な人が行き交う新宿は文人や芸術家など好んで集まり
学生運動でも有名になるなど若者の叫びが聞こえた時代もありました
今でも眠らない街といわれるディープな新宿を歩きます



b0228416_13120549.jpg
これが見たかった
ゴジラ



集合:伊勢丹正面改札口 9:45



新宿の歴史

旧石器時代の遺跡があり、古くから人が住んでいた。
平安時代から平将門が関わる鎧神社や鬼王神社があり
文献に残るものに、1340年の足利義詮から預かった「牛込文書」がある
江戸時代になると、甲州街道が整備され、日本橋から次の宿の高井戸まで距離があるので
名主高松喜六らの願いにより「内藤新宿」ちうy宿場があいだにできた
甲州街道を護る武士集団も四谷、新宿と配置され、笹寺には抜け穴伝説もある
宿は岡場所も多く飯盛り女、遊女など多く置かれ
江戸時代からすでに歓楽街の気質があった

関東大震災のとき、銀座や浅草に比べ岩盤が強かったので
被害が軽微だったことから震災後に発展する

戦後いち早く闇市ができ、人が多く集まった

5年後には闇市は撤去され跡地に雑多な店ができ、ゴールデン街など
新宿独特の繁華街が形成された

百貨店も多くありさまざまな人々が集客し「眠らない街」といわれる

天龍寺は江戸の街の裏鬼門の護りで、二代将軍秀忠の母方の菩提寺であり、渋谷川の水源である
角筈(つのはず)は北条氏家臣の渡辺与兵の髪型が変だったので
角筈といわれた

大久保は大きな窪地で湿地帯だったことがわかる

天龍寺あたりは明治になって芸人など身分の低い人たちが住み
貧民窟といわれるようになった








太宗寺

b0228416_13162250.jpg

b0228416_13185035.jpg




b0228416_13163393.jpg
b0228416_13162746.jpg


大宗寺 浄土宗 本尊:阿弥陀如来

慶長元年(1596)
大宗がむすんだ草庵からはじまった
内藤氏の菩提寺として大宗寺となり
内藤氏が高遠藩に移されても関係は続いた

湧き水があり埋められてしまったが
まだ残る

閻魔様の話
赤ちゃんをおんぶしていた
乳母が泣き続ける子供を連れて
閻魔様のそばにいった

「そんな風に泣くと閻魔様に食べられてしまうよ」

というと
泣き声がとまった
乳母はホッとしたが赤ちゃんが背中にいないことに気づいた
あわてて境内を探すと

閻魔様の口におんぶ紐がぶら下がっていた・・・・

なんて恐ろしい・・・

閻魔像は
文化11年(1814)に安置され
内藤新宿のお閻魔様と親しまれた

b0228416_13164200.jpg
b0228416_13163891.jpg

b0228416_13165127.jpg
b0228416_13164716.jpg
b0228416_13175212.jpg
b0228416_13175569.jpg
キリシタン灯籠

成覚寺


b0228416_13205018.jpg


文禄3年(1594)創建で
内藤新宿の飯盛り女の死後埋葬したことから
投げ込み寺といわれる

飯盛り女の共同墓、その供養碑である子供合埋碑(ごうまいひ)
遊女白糸塚がある
橋本屋白糸は青山百人町の鈴木主水と情死し
主水は家名断絶となった
この話をごぜ歌のヤンレイクドキや盆踊唄に歌われ流行した

b0228416_13205911.jpg

b0228416_13205594.jpg

b0228416_13210367.jpg

b0228416_13210758.jpg



新宿ゴールデン街

b0228416_13245976.jpg
新宿ゴールデン街

闇市の跡地が青線地帯となり飲み屋街になった
多くの有名人が飲みにきていた

昭和初期に

永井荷風
直木三十五
泉鏡花
菊池寛
川端康成
大佛次郎
林芙美子

戦後は

佐木隆三
中上健次
タモリを九州から呼んだ会に赤塚不二夫
            山下洋輔
           坂田明
           三上寛
             長谷川法世
             南伸坊など
「森田を呼ぶ会」によってタモリは1975年に上京した
ブラタモリは大変参考になる番組で「森田を呼ぶ会」には感謝している

ゴールデン街に出入りした有名人はあまりに多いので
ウイキペディアを参考にしてください

私的には好きなドラマ「深夜食堂」は
ここにある設定で
実際のロケはスタジオだったらしい


歌舞伎町

歌舞伎町
東京産業文化博覧会のアトラクションのひとつとして
新宿コマの前身となった
阪急の小林一三が新しい国民歌劇をめざし梅田コマの姉妹劇場として建設された
新歌舞伎といわれたのが歌舞伎町の地名になった
昔は新宿コマの南東に鴨池があり弁天様があった
歌舞伎町弁天といわれ今もある

蟹川が大久保病院あたりからを水源として流れ戸山から神田上水に流れていた
鴨池は淀橋浄水場建設ででた土で明治末には埋め立てられた
その西には大久保町といわれ地名をみてもわかるとおり窪地があった

そこに十二社熊野神社があり森の奥の池には美しい娘が大蛇となって
住むという伝説があった

いかにも新宿の街を象徴するかのように水、森、蛇、弁天と
エロチシズムを感じる土地である

新宿コマはなくなり
現在ホテルグレイスリー新宿になり
東宝シネマが」ある

そこでゴジラが登場することとなった


b0228416_13120549.jpg

もっと離れればゴジラの顔まで写ったかも

都庁

b0228416_13330998.jpg




b0228416_13333767.jpg

職員食堂スペシャル定食

「名古屋めし」


冷きしめん
味噌かつ丼
食べたら下までおりて


北展望室へ

下までおりて
南展望室へ

b0228416_13371576.jpg


b0228416_13371835.jpg

真ん中の緑は
明治神宮



成子天神社


b0228416_13375578.jpg




成子天神社  祭神;菅原道真
昔柏木成子の地といわれたところに大神宮があり
天照大神を祀っていた

延喜3年(903)
太宰府で道真が亡くなり
その徳を慕い菅公神社から像を持ち帰り
勧請した

春日局よりこの地を賜り
平成26年に現在の社殿の造営が行われた

富士塚がある



春日局より




b0228416_13375882.jpg


b0228416_13380056.jpg

b0228416_13380855.jpg

b0228416_13380358.jpg

b0228416_13380509.jpg

b0228416_13380908.jpg





b0228416_13381307.jpg






鎧神社にいく途中の
山田君の自販機


鎧神社
醍醐天皇のころ(898〜929)行基作の薬師如来が祀られた円照寺が創建され
その鬼門鎮護のため社が創建された

ヤマトタケルが東国平定の折に立ち寄り甲冑を隠したと伝わる
それに加え天慶3年(940)に平将門が藤原秀郷に討たれ
この地の人々はその死を悼み天歴元年(947)に将門の鎧を埋めたと伝わる


b0228416_13434868.jpg

b0228416_13435112.jpg



b0228416_13442772.jpg


b0228416_13442954.jpg

天仰ぐ狛犬



b0228416_13443228.jpg

わきの出入り口


b0228416_13451904.jpg

境内の天神社

b0228416_13452225.jpg

b0228416_13452511.jpg

むかって右の狛犬正面
b0228416_13470837.jpg

右の狛犬 横から


b0228416_13453171.jpg


むかって左の狛犬




b0228416_13460699.jpg

左の狛犬 横から


皆中稲荷


b0228416_16022221.jpg


b0228416_16030880.jpg

b0228416_16035288.jpg



皆中稲荷は大久保と新大久保の間にあり

混雑している

 この大久保通りをまっすぐ進むと戸山公園がある


以前から気になっていた場所なので訪問

b0228416_16035939.jpg

途中の道に山田君自販機





































# by gannyan1953 | 2017-12-14 14:25 | 東京都 歴史散歩 | Comments(0)

ビール飲み放題に行ってきた

歴史と素適なおつきあい番外編   2017・12・10


友人のお誘いで一周年記念飲み放題2500円に行ってきた





友人と戸塚から歩いた

駅の食品売り場で
たこ焼きやら餃子やら購入


b0228416_10413257.jpg
文明堂の工場近くの山田君自販機


b0228416_10413984.jpg
工場には人がいっぱい


b0228416_10410195.jpg

荷物置いてちょっとお売りできないビールを
お持ち帰りできるということで
瓶ビールゲット!


b0228416_10412528.jpg
台車の上にお惣菜置かせてもらって

んんん・・・1人平均6杯は飲んだかな・・・



b0228416_11024094.jpg
このメモは何だ?

記憶するために写真を撮ったが
大桟橋で何があるんだろう

そっちの記憶がない・・・


b0228416_10543764.jpg
なぜか30分歩いて戸塚に戻り

また寿司屋にはいって一杯!

黄色いテープを腕に貼ったままでした

ビール飲み放題のパスポートのようなテープです















# by gannyan1953 | 2017-12-11 10:57 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)

ユーシンブルー

歴史と素適なおつきあい番外編    2017・11・25


風邪ひいた   声でない


b0228416_12002033.jpg

ユーシン渓谷行きたーい
ユーシンブルー見たい


旦那が遊んでくれなーい

電車とバスで行こうかな

うわー ・・・1人で真っ暗闇のトンネル歩けなーい

誰か誘っていこう!










# by gannyan1953 | 2017-11-25 12:07 | 神奈川県の歴史散歩 | Comments(0)



横浜周辺の歴史散歩
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 歴史好きさん ご訪..
by gannyan1953 at 23:57
始めまして。 阿豆佐..
by 歴史好き at 19:53
> rollingwes..
by gannyan1953 at 14:13
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 16:31
できればメールでお話しし..
by gannyan1953 at 09:08
新横浜スパインクリニック..
by gannyan1953 at 18:23
読めないんですね。申し訳..
by gannyan1953 at 18:09
> ださぶろうさん ご..
by gannyan1953 at 21:44
楽しんでいただけて大変嬉..
by gannyan1953 at 21:41
長津田の大火の事を調べて..
by shin344 at 21:41
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧